Lilypie 2nd Birthday Ticker
2011年 03月 21日
日本に寄付する必要はなし、、、、??
昨日のThe Timesに、「日本に寄付する必要はない」というような趣旨の記事が掲載されました。
日本政府も赤十字社も、我々のオファーにはNoと言っているというような内容で締めくくられています。


イギリスにいらっしゃる方の多くは、British Red Crossに寄付をしていると思います。
寄付するお金は、いずれにしても良いことに使われるはず。
ただ、日本人の感情として今回は日本のために使ってほしい。
そう思われる方は、日本ベースの団体に寄付をした方が確実なようです。


タイトルは、"Feel pity, but there is no need to give any money to Japan"。
(The Timesは課金制で、一日1ポンド払わないと記事は読めないので、リンクは省略します)

イギリス国民も日本のためになにかしたいと思っている(エリザベス女王も個人的に寄付をした)。
しかしアメリカベースのチャリティ・アナリスト、GiveWellは、その他の目的に寄付をするよう呼びかけ、

「日本は壊滅的な地震と津波の被害を受けた。心から遺憾の意を表したい。ただ今の段階では、救済と復興のための努力は十分に行われており、これ以上の資金調達をしても、状況の改善にはならない」と言っている。

イギリスのチャリティ団体の統括組織であるThe Disasters Emergency Committee(DEC)もそれに同意している。昨年172万ポンドを集めたハイチ地震やパキスタンの洪水のためのキャンペーンに準ずるものが行われる予定はない。支援組織が日本に流れ込んでも、「ロジ面やその他の問題を解決するどころか、悪化させる可能性もある」

日本政府は国際援助機関には現地入りしないよう要請している。113か国から援助申し入れがあったが、14か国の申し入れを受け入れ、そのほとんどは、イギリスのような行方不明者の捜索救助、または燃料の受け入れであった。

DEC広報のブレンダン・パディ氏は、日本政府の要請を尊重する、と答えている。
「たくさんの方々から、どこに寄付をすることができるのかたずねられたが、募金集めをしても利点がないというのが現状だ」

「日本政府は資金力も経験も持ち合わせており、このような危機にも対応することができる。もちろん、英国の援助団体の専門家たちは、水道等のごく基本的な設備や、シェルターの建設、救急医療等、インフラが整っていない地域での助けを提供してはいるが、今回の場合はその問題はない」

昨晩大々的に行われた募金イベント、コミックリリーフも、DECの考えが変われば、100万ポンドを提供する意思があると伝えている。

イギリス赤十字も200万ポンドの寄付を集めたが、日本赤十字社は、「外部のアシストは必要ない」と言っている。



こちらは、イギリス赤十字のJapan Tsunami Appealのページの一番下に書かれたSmall printです。

In the event that we receive more donations to the Japan Tsunami Appeal than the Japanese Red Cross and International Red Cross and Red Crescent Movement can reasonably and efficiently spend, any surplus funds will be used to help us prepare for and respond to humanitarian disasters both here in the UK and overseas.

なんだか、、、お金は別のことに使われちゃうのかしら、、、と思わされる内容です。
[PR]

by ukpregnancy | 2011-03-21 08:00 | つれづれ


     日本に貢ぐ? >>