Lilypie 2nd Birthday Ticker
2005年 07月 24日
妊娠中のフライト
8月のホリデイを計画中、果たして妊婦は何週目まで飛行機に乗れるのか不思議に思って調べていたときに、便利なウェブサイトを見つけました。

日本にもあるAll About Japanの英語版なんですが、主要航空会社の妊婦さんへの制限が書かれています。私が良く使うBritish Airways、KLM、Lufthansa、Ryanairの全てが載っていてとっても便利。一応それぞれのエアラインのサイトにも行って情報が正しいか確認してみました(航空会社の名前のところにリンクが貼ってあります)。あと、一応JALも調べてみました。

基本的には、

☆ 28週まではだいたい制限なし
☆ 28週以降は同意書が必要な場合もあり
☆ 36週以降(出産予定日4週間以内)になると、医師の同意書はもちろん、搭乗を断られこともある

という感じのようです。

ホリデイを予定している8月下旬ごろ、私は妊娠30週目くらい。心臓の問題が一度起きているので、医師の同意書がもらえないかも! 子供が生まれる最後のホリデイは、国内旅行になりそうです、、、(涙)。

British Airways

● 36週までは制限なし。ただし、双子以上の妊娠をしている人は、32週まで。
● 妊娠28週を過ぎている妊婦さんは、予定日と、妊娠に問題がなく、搭乗しても大丈夫な旨が書かれた医師もしくは助産婦からの手紙の提出を求められる

Lufthansa

● 妊娠に特に問題の無い妊婦は、36週目までは制限なし。
● 双子以上の妊婦、以前流産を経験している等の妊婦には、旅行をお薦めしない。

KLM

● 妊娠36週以降の妊婦、または34週以降で双子以上を妊娠中の妊婦には、旅行をお薦めしない。

Ryanair

● 28週までは制限なし。その際、28週を越えていない旨を宣言する手紙にサインをするよう要求することもある。
● 28週から36週の間は、予定日と、妊婦が健康な旨を記した医師の承諾書を提出する。
● 種さん予定日が4週以内に入っている妊婦は、どんな状況でも搭乗を受け付けない。

JAL: 

● 出産予定日が4週以内に入っている場合(妊娠36週以降)は、国際線で同意書もしくは診断書の提出が必要。
● 予定日がはっきりしない場合、双子以上の妊娠をしている場合、早産の経験がある人も同様に診断書の提出を求められます。
[PR]

by ukpregnancy | 2005-07-24 20:09 | 手続き・法律


<< お腹の張りと胎動停止!      NHS産婦人科の恐るべき実態、、、。 >>