Lilypie 2nd Birthday Ticker
2005年 08月 14日
新生児を飛行機に乗せるには、、、。
またまた飛行機ネタです。

子供をイギリスで産んだとして、いつごろから飛行機に乗ってお里帰りが出来るか疑問に思ったので、調べてみました。11月に産んで、最初のクリスマスはイギリスで過ごし、その後1月に日本に戻ろうかなぁ、と今のところ思っているのですが、そうなると子供は生後2ヶ月程度。長時間のフライトは大丈夫なのか、なにより飛行機自体に乗せていいのかなぁ、、、と。

それで調べてみたのですが、JALANA共に、

* 生後8日以降の新生児なら搭乗できる

そして

* 座席を使用しない場合でも、大人運賃の10%を支払わなければいけない

というのも初めて知りました。これは正規運賃の10%なのか、それとも割引運賃の10%なのか、、、。空いているときならばいいのですが、そうでないと10何時間、子供を抱いたままのフライトって、不可能じゃないですか? いつも子供づれの女性は、エコノミーの一番前、スクリーンの真ん前の席に座って、子供をバスケットに入れて台の上に乗せているのを見ますが、あれも結構窮屈そうだし。

あと、ネットで見る限り、気をつけなければいけないのは、

①離着陸の際に子供の心臓に負担がかかる
②赤ちゃんは自分で耳抜きができないため、離着陸の際に耳が痛くて泣いてしまうことがある

という2つらしいです。

①番はもちろん対処法などないので、どうしようもないのですが、②番に関しては、耳が痛くならないように離着陸時に飲み物を飲ませる(もしくはおしゃぶりをしゃぶらせる)のが解決策だそうです。

飛行機に乗るときの注意を経験談を交えて詳しく説明してくれている便利なサイトがありました。リンクはこちら。飛行機に乗るときに準備した方が良いものや、ミルクを飲ませるときの注意点、機内での過ごし方など、至れり尽くせりの情報です。

こういうことって、子供がいないと本当に知らないことばかりですよね。疑問にぶつかりながら、その度に解決していかなければいけない手探りの日々が、ひたひたと近づいてきているのを感じます。楽しみなような、、、面倒なような、、、。
[PR]

by ukpregnancy | 2005-08-14 07:09 | つれづれ


<< 美しい話ではないのですが、、、...      28週目の検診 >>