Lilypie 2nd Birthday Ticker
2006年 02月 13日
JAL便で日本へ!
先週の日曜日、無事に日本に到着しました。ロンドンを2時ごろ発ち、パリで乗り換えて、そこから名古屋に直行便。ロンドン⇔名古屋間は現在直行便がないので仕方がないのですが、赤ちゃん付で乗り換え便に乗らなければいけなかったのは痛かった。想像通り、やはりアクシデントが起きました、、、。

パリでの乗り換え時間は、たったの1時間強。ところがロンドン発のパリ便が1時間以上遅れてしまったのです。パリ発名古屋行きの便が出てしまったら、私たちはパリに一泊することになってしまう!! 子供がいなければ、母と街に繰り出してお買い物でも楽しむところですが、赤ちゃん付では何も出来ません! おまけにベビーカーを持ってきているわけではないので、連れ歩くのに、縦抱きだっこのBaby Bjornを使わなければいけません。我が姫は既に5800gを超えています。Baby Bjornで抱いていくには1時間が限界。飛行機の中で母と「大丈夫だよね、待ってくれるよね」と何度も確認しあいながらも、手持ちのオムツの枚数を数えて、戦々恐々としていました。

1時間遅れでパリに到着すると、飛行機を降りたところで、既にJALの地上係員の方が私たちを待っていてくれました。「あぁ、良かった! 待っていてくださるんですね!」と笑顔でたずねると、「それがわからないんです。もしかしたら出てしまうかもしれませんので、お急ぎください!!」と怖い返事が返ってきました。それからは無我夢中で、JAL便の搭乗口まで赤ちゃんを抱きながら必死の形相でシャルル・ド・ゴール空港を駆け抜けました。あんなに夢中で走ったのは、小学校の短距離走以来、、、。私は赤ちゃんを抱えながら、彼女がBaby Bjornから飛び出てしまうんじゃないか、と心配していましたが、もう一人心配しなければいけない人がいたのをすっかり忘れていました。60歳を超えている母です。

ヒースロー空港で大量なお土産品を購入した私たちの手荷物の重さは、母の許容量を超えていたようで、JAL搭乗口まで走る途中、20メートル後方から、「待って~~~~~!!」の雄たけびがシャルル・ド・ゴール空港にコダマしました。そこに、ふらふらになりながら大荷物を抱える母の姿、、、。一瞬、「えぇい、振り切って自分と赤ちゃんだけでもJAL便に、、、」と思ったりしたから怖いです。それでもやはり年老いた母はおいておけず、立ち止まってお土産入りの巨大なバッグを彼女からむしりとり、再びJAL係員の後を追いかけ搭乗口に急ぎました。

滑り込みセーフとはあのこと。私たちの到着後すぐに飛行機は名古屋に向けて旅立ちました。

あぁ、本当に冷や汗モノの乗り換え便。帰りは何事も起きないことを祈ります。セントレア空港ではお土産何も買いませんからね!!!
[PR]

by ukpregnancy | 2006-02-13 15:03 | つれづれ


<< 赤ちゃんと飛行機に乗る       Lilypie >>