Lilypie 2nd Birthday Ticker
2006年 02月 17日
姫の変化
日本についてから、そろそろ2週間が経とうとしています。ロンドンにいると一日一日が長く感じる日もありますが、こちらに来てからは時間が経つのがあっという間です。

飛行機に乗って長旅を経験した姫も、すっかり日本に馴染んだ様子です。名古屋到着初日は彼女も疲れていたのか、夜はぐっすり眠って、「時差ぼけも一日で取れたかな?」なんて喜んでいたんですが、その後の一週間はやはりどうしてもスケジュールが狂いがち。ここ3~4日でやっと夜も長く眠るようになりました。

しかし、日本に来てからの彼女は、本当に幸せそうです。母としては嬉しいけれども、同時に反省の日々でもあります。

ロンドンにいる時は、日中は私と二人きり。もしくは仕事がかなりフレキシブルな夫と3人で過ごすことが多くなります。彼女をお買い物やカフェへと連れまわしているので、お友達やお店の人と接する機会はあるものの、彼女の面倒を身近で見てくれる人が私と夫の他にいるわけではありません。と言うことで、忙しいときは、必然的に彼女は一人で過ごす時間が多くなったり、泣いても泣かせっぱなしにすることが多々あります。

ところが日本に来てからの彼女は、私の両親・祖母、そして近くに住む姉夫婦、そして姉の二人の子供、、、と、とにかくたくさんの家族に囲まれて生活しています。彼女が泣けば私の母が微笑みながら抱っこ。笑えば家族みんなで大喜びです。前のブログにも書いたとおり、私はイギリスで人気のジーナ・フォードのスケジュールに従って育児をしているので、多少泣いても10分ほどは放っておくこともありましたが、こちらに来てからは彼女が泣けばすぐに誰かが抱き上げるような状態が続いています。最初は「抱き癖がつくから、あまりすぐに抱かないでね」と言っていたんですが、みんな"赤ちゃんが可愛くて仕方がない"といった様子で、そんな私の忠告も馬の耳に念仏です。「泣かせっぱなしでは可愛そうよぉ~」という家族は、姫の泣き声と泣き顔が我慢できないようです。

そのせいなのか、最近の彼女は精神的にとっても安定しているように見えます。ヒステリックに泣くことも減りましたし、とにかく常にご機嫌が良い、、、、。大家族に囲まれて、にこにこ微笑んで、本当に幸せそうな娘の顔を見ていると、泣いても抱き上げない自分がひどい母のように思えてきました。ロンドンでは姫は寂しい思いをしているのだろうか?!!? 

抱っこをしたら喜んでくれるのなんて今のうちだけ。思う存分抱いてあげるのがやっぱり良いのかなぁ、、、なんて珍しく母親っぽいことを考えたりしています。
[PR]

by ukpregnancy | 2006-02-17 15:06 | 子育て


<< 乳腺炎の嘘とホント?      赤ちゃんと飛行機に乗る  >>