Lilypie 2nd Birthday Ticker
2006年 07月 05日
結婚記念日 【ベビーシッター・ポッピーちゃん編】
今回ランチに行くに当たって利用したベビーシッターの会社について書こうと思います。

tamaを家族以外に預けて2人でお出かけするのは初めてだったので、今回は英系の大手のエージェンシーを使いました。参考にしたのは、ante-natal(母親・両親学級)の時に配られた"Parents' Directory"。まずこちらに載っていたSittersという会社のウェブサイトをチェックしました。自分の住んでいるエリアがカバーされているかこちらのページでチェックできます。ロンドン市内は問題なくOKのようですし、イギリスのSouth Eastやコッツウォルズ周辺であれば、カバー率は90%以上のようなので、田舎にいるときにも使えそうです。

いつも赤ちゃん情報を教えてくれる従妹が使っているエージェンシーを聞いてみたら同じところだったので、迷わずこちらに決定しました。ここに登録されている人は全員プロのナニーやナーサリーで働くナース、またはカウンシルに登録しているチャイルド・マインダーとのことなので、一応安心できます。

こちらのサービスを利用するには、まずメンバーにならなければいけません。3ヶ月で12.75ポンドです。最初は「えぇ、メンバーになるのにお金がいるの~」と思いましたが、ウェブサイトに書かれていた「1週間に1ポンドでプロのベビーシッターを雇えます」という文句にコロッと引っかかってしまいました。その他、シッターの人を派遣してもらうたびに、手数料として会社に4ポンド支払います。個人の人にお願いすると交通費を請求される場合が多いと思うので、この手数料の4ポンドはそれの代わりと思えば納得できます。

あとはベビーシッターに直接現金で払うシッター代金のみです。ロンドン市内の料金設定は以下の通りです。

平日の夜: 5.50ポンド (1時間)
土曜の夜: 6.50ポンド (1時間)
土曜の昼: 7.00ポンド (1時間)

ちなみに最低でも4時間お願いしなければいけないことになっています。ということで、今回の合計は・・・

  ● メンバーシップ費用  
  ● 手数料
  ● ベビーシッター代 (週末のお昼なので高かった・・・)

で〆て・・・(カチャカチャカチャ)44.75ポンドかかることになります。ただ、次回お願いする場合は(そんな機会あるの??)、平日の夜なら5.50x4時間=22ポンド+手数料4ポンドですむので、26ポンドです。あぁ、割安感があるわ、これなら。

会社に払う分はVisaかMastercardで。お願いしたのは結婚記念日の2日前でしたが、問題なくシッターを派遣できるようでした。希望の日時と時間を伝えると、1時間後くらいにエージェントから確認の電話がかかってきました。この時点でベビーシッターの名前を教えてもらえます。今回はポッピーちゃんという20代の女性。夫は「いかにもナニーって名前でいいよ。メアリー・ポピンズみたいだ」って喜んでました。ちょっと、【ポピ】しかかぶってないじゃん。

当日の午前中、エージェンシーからテキストが届きました。「本日の1時にポッピーが伺いますので宜しくお願いします」と書かれていました。イギリスにしては珍しく確認テキストが届くなんて・・・とちょっと感心。すると約束の時間の1時間前のお昼12時に、ポッピーちゃんから電話がかかってきました。「今日お世話になりますポッピーです。宜しくお願いします~」ですって。あら、またまた確認とご挨拶の電話。このエージェンシー、信頼できます。ポッピーちゃんは約束の時間の10分前にちゃ~~んと現れました。

彼女、とっても可愛くて感じのいい女性でした。平日はナニーとして働いているとのことです。ここで言われたのが、「ナニーとしてのサービスだと、お家を出て公園等に連れて行くことも出来ますが、ベビーシッターのサービスの場合は、家を離れることは許されていないのでご了解ください」とのことです。な~~んだ、お昼に泣き叫んだら公園に連れて行ってもらえばいいかな、と思ってランチにしたんですが、ベビーシッターのサービスの場合、そういう訳にはいかないんですね。お勉強になりました。

その後tamaのルーティーンを軽く説明しました。「だいたい2時から4時くらいまでいつもお昼寝します。コットに連れて行けば自然と一人で寝るので、寝かしつけなくても大丈夫です。あと放っておいても一人で20~30分は遊んでいるので、そういう時はポッピーちゃんもテレビでも見ていてくれればいいですよ~。CDはここにあるので、聞きたいものがあったらどうぞ~」と言って私達はレストランに向かいました。

出て行くときには既にポッピーちゃんはtamaとプレイジムの周りで遊んでいたのですが、横にピッタリ座って、背中を少し支えながら、優しい声で話しかけていました・・・。ど、どうしよう、そんな状態にtamaが慣れちゃったら(笑)。tamaは私達が出て行っても気にする様子もなく、ポッピーちゃんと楽しそうに遊んでいましたね。偉い、それでこそ我が子!!

レストランでお食事中、1回ポッピーちゃんからエマージェンシー・コールが。「2時からお昼寝と聞いていたのでコットに連れて行ったんだけど、ものすごい泣き声で全然落ち着かないんです。ミルクをあげてもいいかしら」とメッセージが入っていました。あ、そういえばミルクの説明していなかったかも。ということで、折り返し電話をかけましたが、その頃にはミルクを飲ませて落ち着かせてくれていました。最近のtamaは体力がついているのか、7時間~8時間寝なくても大丈夫な日もあるので、2時に寝かせようとしても寝ない時もあるんです。それをちゃんと言っておけばよかった。

お食事が済んだあと、前に書いたような事情でタクシーも拾えず、地下鉄も混んで遅れ気味だったため、結局家に着いたのは4時半近くでした。途中でポッピーちゃんに、「ごめんなさい、どうしても遅れてしまいそう!」と電話を入れると、「いいですよぉ、気にしないで。ノンビリお食事を楽しんできてくださいね~。Take your time」と言ってくれました。あぁ、なんかいい感じだわ~。

結局延長した分のお金を夫が支払いましたが、ポッピーちゃんはチャージする気はなかったみたいです。この会社、大当たりだったかも。最初から最後までサービスの質は◎でした。ちなみに次回同じ人をお願いすることも可能だそうです。

最後にポッピーちゃんに、「tama何時間くらい寝ました? ポッピーちゃんも少しは休めた?」と聞いたら、「全部で寝たのは37分でした」と言われてびっくりしました。こ、、、、細かい、、、ちゃんと計ってたのね。こんなところにもサービスの質がにじみ出ていました。
[PR]

by ukpregnancy | 2006-07-05 18:57 | 子育て


<< ハイハイ(ズリバイ)できるよう...      7ヶ月目にできるようになったこと >>