Lilypie 2nd Birthday Ticker
2006年 08月 15日
ナーサリーについて 【公立vs 私立】
遅くなってしまいましたが、先日ひろさんからご質問があったナーサリーについて書こうと思います。色々な人から聞いた話や読んだことを総合して書いていますが、間違い等ありましたら、どうぞご指摘くださいね。

"Nursery"は日本で言う保育園・幼稚園に当たります。未だにイギリスの学校のシステムには慣れませんが、ロンドンの場合、ナーサリーは一般的に2歳半を過ぎると入れるようです。その後4歳になるとReceptionと呼ばれる小学校への準備クラスに入り、イギリスの義務教育は5歳から始まります。

★ 公立の場合 ★

公立のナーサリーは、この5歳から始まる小学校に隣接している場合が多く、住居を構える地区内のナーサリーのどこかには必ず入れてもらえるはずです。ただし、同じ区域内でも、やはり評判の良いところと悪いところがあり、少しでも良いところに入れたいのが親心。ということで、人気の高い小学校に隣接するナーサリーに入るのは至難の業だそうです(しかし、必ずしもエスカレーター式に上に上がれるわけでも無いようです)。ちなみに政府系の教育水準審査機関であるOfstedが発表する幼稚園のリポートは、こちらのサイトで見ることが出来ますので、大まかな傾向はつかめそうです。ご参考にどうぞ。自宅の郵便番号を入れると、一番近い所から順番にナーサリーのリストが出てきます。ただし、やっぱり一番確実なのは、実際に通わせている親からの生の情報ですので、知り合いの知り合いの知り合いでも良いので紹介してもらって実際に話を聞くのが良いようです。(ちなみに上のサイトではチャイルドマインダーのレポートも読むことが出来るみたいです)

どの幼児を選ぶのかは学校にもよるのですが、以下の3つの条件を考慮に入れる場合が一般的です。

① Special needsをもつ子供の場合
② 兄もしくは姉が、同じ学校に既に通っている場合
③ 学校からの直線距離

①のspecial needsには色々と説があって、私も良く分からないのですが、身体的にスペシャル・ケアが必要な子供、または公的な庇護下にある子供、はたまた私が聞いた例では、言葉に問題がある外国人の子供も①の例に入るそうで、日本人の親御さんで英語の喋れない子供がいる場合に①が当てはまるケースもあるとか・・・。

③の学校からの距離と言うのも大事なようで、学校から直線距離で●△マイル以内という『キャッチメント・エリア』に入るために、お引越しをする親御さんもいるようです。そのような理由から、イギリスでは良い学校の周りの住宅価格はぐぐんっと跳ね上がることもあります。

昔テレビで見たのですが、団地の10階に住む子供は入学を許されたけれども、同じ団地の14階に住む子供は直線距離で計ると10階の子供よりも遠いために、入学を拒否されたという話を聞いたことがあります。

ちなみに、faith-based(宗教系の学校)の場合、その宗教の信者であることが上の3条件よりも一番上位に来るそうです。「無心論者」の私のお友達も、評判の良いChurch of England(イギリス国教会)の幼稚園に子供を入れるために、毎週日曜日に教会に通いだしたことがありました。

しかし色々な人の話を聞いていると必ずしもこの3条件が絶対的という訳ではなさそうです。白人のミドル・クラスの子供を優先する校長もいるとか・・・。噂に過ぎませんが、真相は藪の中です。

★ 私立の場合 ★

打って変わって、私立の幼稚園に入れる場合は、こんなのんきにはしていられません。ひろさんのお友達がおっしゃったように、「生まれてからでは遅いのよ!」という所も多々あるようです。

私立幼稚園の入園選考基準は、一般的にはfirst-come-first-served(早い者勝ち)で、とにかく登録を済ませてしまえば入学できる場合が多いようです。登録には少しばかりの「手付金」が必要ですが、だいたい20ポンド~80ポンドくらいで、高くても100ポンド前後なのではないでしょうか。ということで、かなり気軽に登録できますし、安心代と思えばそれほど高い投資でもなさそうです。そのような事情から、子供が生まれたらすぐに登録できるように、妊娠中から近くのナーサリーに見学に行く親も多いみたいです。2~3校登録して(手付金を払って)、直前になって一番良いところを選ぶ、というパターンもあるみたいですね。

で、ひろさんの「pochiさんはもう登録はすませちゃっていますよね??」とのご質問にお答えすると・・・、「2年後にロンドンに住んでいるかどうかも分からないじゃないの~(願望)」と私はかなりのんきに構えていましたが、夫はtamaが生まれた週には、自分の通ったロンドン内のとある幼稚園に登録を済ませたようです(ちなみに、私には内緒でした)。

夫のデスクの上においてある幼稚園の願書を発見した私が、「これ何?」と聞くと、「あ、僕が通った幼稚園。すっごく楽しかったんだよね。ココが良いかなと思って、登録しといた」と言うではありませんか。「えぇ、いくら払ったの?」と聞くと、「20ポンド」との事なので、あ、意外に安いのねとほっと胸をなでおろしたのもつかの間。インターネットで調べたら、そこの幼稚園の授業料、1タームで何千ポンドもするじゃないの~~~!!!!!!!!!!(怒怒怒)

わが家のお財布事情で、そんなところに入れるの??? というか、お金があっても幼稚園程度にそんなにお金を払うのって、おかしくない???

結局今のところ唯一登録してある幼稚園には絶対いれない(&はいれない)つもりの私・・・。数ヶ月前に会った事情通のお友達にも、「tamaちゃん今何歳? え、6ヶ月??(当時) まだちゃんと登録してないの??? 今からじゃもう遅いんじゃない???? 大丈夫???????」と言われてしまいました。

だって、2年後にロンドンにいるかどうかも分からないし・・・(しつこく願望を語る私)。もちろん公立と言う選択肢だってあるし・・・。そんなこんなでロンドンにある日系の幼稚園を候補に入れだしたpochi家なのでした(爆)。
[PR]

by ukpregnancy | 2006-08-15 06:18 | 子育て


<< The Lanesboroug...      離乳食 【とうとう後期編】 >>