Lilypie 2nd Birthday Ticker
2006年 08月 18日
The Lanesboroughホテルでアフタヌーン・ティ
「ロンドン滞在中に是非アフタヌーン・ティをしたい」とのリクエストで、日本から泊まりに来ていたお友達と共通の友人の3人で、先週末The Lanesboroughホテルに行ってきました。
d0027343_557511.jpg

本当はDorchesterに行こうと思って前日に予約を入れようと電話をしたら、「この時期でしたら最低1ヶ月前には予約を入れていただかないと無理です」と断られました・・・(涙)。改装後評判が良さそうなので、行ってみたかったんだけどなぁ。

その後、私のお気に入りのホテルClaridgesにも電話をしてみました。こちらのアフタヌーンティは、今年ティ・カウンシルが選ぶ"Top London Afternoon Tea"に選ばれたそうで、話題的にもばっちり、と鼻息荒く予約を入れようとしたら、「マダム、今週末は一杯です」とまたしても断られ・・・。

アフタヌーン・ティってそんなに人気なんですか??? そこまで早く予約をしなければいけないとは思いもしませんでした。いつも前日に予約を入れてハイお終い、って感じだったんですが・・・。夏のハイシーズンは観光客も多いし早めの予約が必要なんですね。皆さんもどうぞお気をつけください。

ということで、仕方なくThe Lanesboroughでのアフタヌーン・ティと相成りました。でも、日本からのお客様が来ないとなかなかこんな機会も無いので、私としてはどこでも良かったんですけどね(笑)。しかしこちらのホテルも午後5時からのテーブルしか予約できませんでした。夏はどこも一杯なんですねぇ。ちなみに、こちらのアフタヌーン・ティも2005年に上記のアワードを受賞しています。

上の写真のようにガラス張りの天井なので、お天気の悪い一日でしたが中はとても明るく、ピアノの生演奏もあって開放的な空間でした。ただ、テーブル&椅子でお茶を頂くことになるので、ソファでゆ~~ったり、ま~~ったり、という感じではありませんでした。シノワズリーのインテリアも、日本人の私からすると、「ん、ちょっと中華料理屋さんに来たような・・・」なんて思っちゃったりして(笑)。でもどちらかと言うと、他のホテルのアフタヌーンティに比べてカジュアルな雰囲気が漂っていたので、肩肘張らずにお茶を・・・という場合にはちょうど良いところかもしれません。

d0027343_63151.jpgお紅茶は10種類くらいあったと思いますが、その中から私はAssam系を、友人2人はThe Lanesborough Afternoon Tea Blend(と言うような名前だったと思います・・・)を選びました。このお紅茶、両方とも最高に美味しかったです。

私は大学時代、「紅茶クラブ」なるサークルに所属し、日本の紅茶協会が認める紅茶屋さんを巡るというなんとも怪しいクラブ活動をしておりました。みんなで利き酒ならぬ「利き紅茶」をしたりして、ちょっと気持ち悪く紅茶にはまっていた時期もあったんですが(笑)、こちらのお紅茶、本当に絶品でした。帰りに買って帰りたいくらいでしたが、頼んだら売っていただけたのかな?

【補足: すっかり忘れていましたが、お紅茶が登場する前に、パッションフルーツとココナッツのムースがサーブされたのを今思い出しました。ココナッツ・ペーストの上に、薄くパッション・フルーツのムースが添えられ、見た目もさわやかでとっても美味しい一品でした】

そして紅茶の後に、↑この3段のケーキ・スタンドが運ばれてきました。下から順番にサンドイッチ類、パウンド・ケーキ、そして一番上にパティスリーが乗せられています。

サンドイッチは定番の、サーモン(これが美味しかった!)、卵、キュウリ、チーズ、それに変わったところでは、チキン・コロネーションが挟まっているものもありました。あと、最高に美味しかったのが玉ねぎのキッシュ(タルト?)。お口の中で全てがとろけて、私の体も一緒にとろけそうでした~。

パウンド・ケーキは、バナナ、レモン、そしてジンジャーの3種類。ケーキ類は全てチョコレート系だったと思います。

d0027343_6122722.jpgその後、別のお皿に乗ってスコーンが運ばれてきました。お馴染みのクロティッド・クリーム、ストロベリーのジャムと一緒に、レモン・カードが付いてきました。

3人とも特にお腹が空いていたわけでもないのですが、優雅にお茶というよりも、「美味しいね、美味しいね」と言いながらパクパク食べて、あっという間にお皿が空になっていきましたね(笑)。お隣で着飾った女性グループ(8人くらいかな)もアフタヌーンティをしていたのですが、帰るときにはほとんどのケーキやサンドイッチがお皿に残ったままでした。そこに私達のお皿には乗っていない果物系のケーキを発見! 良いなぁ~~、と指をくわえて見ていました。

インターネットで調べていた時に、「スコーンやケーキはお代わり自由」と書かれていたような気がしたので、全て食べ終わった頃に10歳?と思われるような若作りの東欧系のウェイターさんに、「すみません、もう一皿頂くことは出来ますか」と聞いたら、「はぁ~??」と驚きの表情の後に、「ノゥオォ~~~~~(NO)」と半ば呆れ顔で首を振られてしまいました。

え、お代わりできないの?? だったらもうちょっとゆっくり食べればよかった(爆)。

全てを食べつくしてもまだちょっと足りなかったかなぁ・・・・。そんな私達、異常??? 「お代わりください」なんてお願いしたお客、私達が最初だったらちょっと恥ずかしいです。

いつものようにpochi夫にベビーシッターを頼んで、女性3人でお喋りしながらお菓子やお茶を楽しんだ2時間。また近いうちに実現させたいです。今度こそはお代わりのできるアフタヌーン・ティに行かなきゃ!!! (爆)
[PR]

by ukpregnancy | 2006-08-18 06:45 | ショップ・レストラン情報


<< ★ お知らせ ★      ナーサリーについて 【公立vs... >>