Lilypie 2nd Birthday Ticker
2006年 08月 22日
Daylesford Organic Farmshop
・・・またまたまたまた行っちゃいました。いや、近いんです。本当です~~。

今回の私のお誘いには夫は2つ返事でOK(笑)。こういう「おしゃれ」な所がやっぱり好きなのね。確かに本当に可愛いお店で、何度行っても飽きませんし、行く度に欲しくて欲しくてしょうがないキッチン用品が見つかります。今回は食料品の買出し、あと「お茶」するためにカフェにも立ち寄りました。

前回は正面玄関の写真を掲載したので、今回は中の写真を載せてみます。お店の人に怒られるのでは・・・とびびりながらの撮影なので、ちょっと手ブレしてます(笑)。ごめんなさい。

d0027343_764769.jpg

まずはカフェから見たお店の様子。右手がデリ・コーナーで、チーズ、キッシュ、ケーキ、パンととりあえず何でも揃った使えるお店です。それ以外にソーセージやお肉類、入り口近くには見た目も美しいお野菜が売られています。マスタードや蜂蜜、ジャムも揃っていて、とりあえずここに来ればスーパーに行く必要は無いほどの品揃えです。





左手にちらりと見えるのが、今回初めて目にしたスパ用のプロダクトでした。後で行ってみて分かったのですが、このファーム・ショップの裏手にスパの施設がオープンしたようです。Bamford家、どんどん拡張してますね。資本がある人はすごいなあ~。詳細が書いてある紙が置いてあったんですが、帰ってくるときにもらうのを忘れてしまいました。今度行ったらちゃんとチェックしなくては。

ちなみに今回はお店ではアール・グレイのティ・ケーキとお紅茶をいただきました。カフェにはちゃんとStokkeのベビー・チェアが常備されています。お家のものと一緒なのでtamaも安心して座っていました。マスター・クラスや"Supper Club"、ワイン・テースティングのコースもお店で開かれているようで、この辺りの住民にとってこのファームショップが1大カルチャー・コンプレックスになりつつあるようです。ちなみに9月のSupper ClubのゲストはMark Hix (Le CapriceやThe Ivyも含むCaprice Groupのシェフ)。10月は元ドーチェスター、Sugar ClubのシェフSkye Gyngellとなかなかすごい人がやってくるようです。さすがはDaylesford。

d0027343_7163066.jpg




お店&カフェを出ると、このようなお庭が広がっています。この手前にも、オープン・スペースがありお茶やお食事が出来るようになっています。お天気の良い日は外でノンビリ、って言うのも良いですね~。


d0027343_712392.jpgお庭を通り抜けるとあるのがこのガーデンショップ。お庭いじりの大好きな人にはタマラナイお店です。このお店の横にスローン・スクエアやノッティング・ヒルにも支店があるBamford&Sonsのお店が入っていました。イギリスではあまり見かけないシンプルなデザインのお洋服や小物が売られています。可愛いなぁと思って手に取ったリネンのテーブル・マット、いかにもモノが良さそうでしたが、お値段を見てびっくり。ヒャ! 40ポンドでした・・・。テーブル・クロスなのかなと思って広げてみたけど、どう見ても30cmx40cm(笑)。何度も何度も確認して、夫まで呼んでしまいました。Bamfordさん、あれを家族&ゲスト分買う方はなかなかいないと思います~。

そして帰りに「今日のおやつ」と称して、スコーンを買いました。もうケーキ食べたんですけどね(笑)。それがこちら↓。
d0027343_7235119.jpg
ちなみにお値段は・・・えっとえっと、覚えていると思ったのに、もう忘れてしまいました~~~(><)。でも確か3ポンド20ペンスだったと思います(ちょっと自信なし)。4つ買ったので、ひとつ80ペンスの計算ですね。フルーツ入りのもの1種類のみでした。

前日のSt. Edwards Cafeとは明らかに違うこのポッシュな風貌。少しいやみっぽさすら感じるほど綺麗にまとまったスコーンです。一口食べて、「あ、こっちの方が美味しい!」と思ってしまいました。見掛けにだまされているのかな・・・。

今回こちらに来て初めて気付きましたが、どこのお店に行ってもパンがあるところにはスコーン有り、という感じで驚きました。これはコッツウォルズだからなのでしょうか??? この辺りには良く来ていますが、こんなにスコーンを気にしてチェックしているのは今回が初めて。そのせいでやたら目に付くのかな。

いずれにしても、スコーンはDaylesfordのものに軍配が上がりました! 心情的にはSt. Edwards Cafeに傾いていたんですが・・・。素朴な田舎の女の子(あえて名づけるならばエマちゃん)よりも、都会育ちのスローニーな女の子(カミラ嬢)を選んでしまったような、そんな罪悪感すら感じてしまいますが、さて、次の対抗馬はカミラを超えることが出来るかな・・・。

追伸: 明日より夫の実家にお泊りです。更新&コメントへのお返事が遅くなるかもしれません。ごめんなさい。
[PR]

by ukpregnancy | 2006-08-22 07:54 | ショップ・レストラン情報


<< 離乳食 【後期・再び】      St. Edwards Caf... >>