Lilypie 2nd Birthday Ticker
2006年 08月 31日
The Marshmallow (Moreton-in-Marsh)
連続更新です! 予定は全くなかったはずなのに、何故だかお誘いや行くところが毎日あって、それなりに忙しい日々を送っています。書きたいことがたまってしまっているのですが、お友達からの頼まれごとも色々あってなかなか先に進みません。今晩はpochi夫がひとりロンドンに帰ったため、彼の冷ややかな目を気にせずにコンピューターに向かえます(爆)。

d0027343_252972.jpgと言うことで、Moreton-in-Marshに行ってきた時の話です。ここも今滞在している家から車で10~15分ほど。MoretonにはBRの駅もあり、電車でコッツウォルズに来る人たちにとっては拠点になる駅のようです。ロンドンの通勤圏としてもとても便利なところで、1時間半ほどでパディントンに着きます。そのせいかどうか分かりませんが、街も至ってローカル色が強く、観光客はあまり見かけませんでした。それでも←タウン・ホール(?)をはさんだハイストリート沿いにティ・ハウスやアンティークのストールが立ち並んでいます。pochi夫曰く、私は何度もこの街に来ているそうなんですが、全く記憶にありません。そんないわば記憶に残らないコッツウォルズの中では普通の街です。

今日のお目当ては食料品の買出しと、「スコーンを巡る旅」を実践中の私のお腹を満足させるべく、2004年に"The Tea Guild's Award of Excellence"という賞を受賞したティ・ハウス、The Marshmallowへ!


d0027343_2283263.jpgまずは買出しを済ませようと言うことで、High Streetにある従兄お薦めのThe Cotswold Cheese Companyに行ってきました。ここには名前の通りチーズはもちろん、地元で取れたお野菜がずらりと店先にならんでいました。ロンドンでも良く見かけるデリのような趣です。こちらに来てスーパーに何度か行きましたが、田舎のスーパーはロンドンのスーパーよりもオーガニックのお野菜やお肉の種類が少ないようです。お肉はローカルのブッチャーで買う人も多い上に、ファームショップもありますし、自分のお庭で家庭菜園をする人も多いお土地柄なのでそうなってしまうのでしょうね。ということで、こちらのお店にtama用のオーガニックのお野菜と果物を買いに来ました。


ハイ・ストリート沿いのアンティークストールの中はこんな感じ↓です。
d0027343_2333022.jpg家具からシルバーまで良く見ないと見落としてしまいそうにざざ~~~っと並べられています。お値段も少しチェックしましたが、ロンドンよりも割高だなぁ~という感じでした(特に家具)。でも、私の最近のお値段の指標はKempton Marketなので、ちょっと当てになりませんが。


d0027343_2395275.jpgその後何件かのお店をひやかした後、お目当てのThe Marshmallowに辿り着きました。ハイ・ストリート沿い、駅のすぐ裏手にあります(アサさん情報ありがとうございます♪)。今日はpochi夫がどんな反応を示すのか・・・心配だったのですが、思ったとおりのネガなリアクションでした(どか~~ん!)。

pochi夫 「・・・ここに入りたいのぉ~??(すっごく嫌そうな顔)」
pochi 「そ、賞も取ったとっても美味しいところらしいよ。入ろうよ!(袖を軽く引っ張ってみる)」
pochi夫 「僕はいいよ。君だけ行ってきたら? 僕、車で待ってるから」

なんという頑固者~!! ひとりでこんな田舎のティ・ハウスでお茶して何が楽しいのよ。だいたいtamaはどうするの~~!! その後話し合うこと20秒・・・結局再びスコーンを買って帰ることになりました(爆)。ま、こうなることは何となく読めていたのよね・・・。


d0027343_2513861.jpgちなみにお店の中はこんな感じです。奥にコートヤードがありお天気の良い日はお外でお茶を楽しむことも出来ます。お店の人が出てきたので、スコーンのテイク・アウェイができるかどうか聞いてみると、「できることはできるんですが・・・・」とモゴモゴ口ごもっています。ここは一応お食事も出すレストランだし嫌がっているのかなと思ったら、とうとうウェイターのお兄さん、重い口を開きました。

お兄さん 「実は3ポンドするんです・・・」
pochi 「え? スコーン1個が3ポンド? それともクリーム・ティのセットが3ポンド???」
お兄さん 「いや、スコーン1つが3ポンドです」
pochi 「じゃぁ、お店でスコーンを頂くとおいくらなんですか?」と聞くと、
お兄さん 「3ポンド50ペンスです・・・」

う~~ん、だったらお店で食べたいなぁ~と思ったんですが、pochi夫の意見を聞こうと後ろを振り向くと、テイクアウェイする気満々の彼は、既に車の方に歩き出していました!!!!

ハイハイ、分かりました。絶対イヤなのね。ということで、3ポンドのスコーンを一つだけお買い上げして持ち帰ることになりました。なんだか解せません。しかしここのスコーンはリサーチ上はずせないのです!!(意地になっている私)

実際にお金を払う時に請求されたお金は2ポンド70ペンスでした。たかがスコーン1個が£2.70・・・。ひとつだけ買ってしまう私も私ですが(笑)、コッツウォルズってすごい所だわ。

続く。
[PR]

by ukpregnancy | 2006-08-31 03:07 | ショップ・レストラン情報


<< ★ お知らせ ★      離乳食 【後期・再び】 >>