Lilypie 2nd Birthday Ticker
2006年 12月 07日
Lords of the Manor [Upper Slaughter]
なんだか非日常的なことが書きたくなりました。
ということで、随分昔の話ですが、たまっていたコッツウォルズ情報を書こうと思います。
d0027343_6465249.jpg

私が勝手に楽しんでいた『コッツウォルズ・スコーンを巡る旅』ですが、家から程近いところにあったLords of the Manorにもお茶をしに行きました。たった3ヶ月前の話なのに、もう随分昔のことのように思えます。この日はpochi夫が仕事でロンドンに戻らなければいけない日だったので、tamaと2人で行くことになりました。というか、夫が再び駄々をこねたので、彼がロンドンに帰る日を狙って行ったのでした、そういえば!!

pochi 「ねぇねぇ、今度はお茶しに"Lords of the Manor"に行こうよ~。家から10分くらいだよ~」
pochi夫 「はぁ?? Lords of the Manor??!?! そんな恥ずかしい名前のマナーハウスに行けるか~!!」

ステキなところだというのを証明するためにウェブサイトを見せる・・・

pochi 「ね!ね!! 良い感じじゃない。行こうよ、行こうよ♪」
pochi夫 「別に普通のマナーハウスじゃないか。それに見ろ。ウェブサイトに日本語ページがある。日米の観光客で溢れかえるtouristyなところに決まってる」

あ、そ。(イラッ)
もうあなたには期待しません。半ジモティのプライドってものでしょうか。いいもんね、tamaとふたりでノンビリお茶してくるもん。あなたは電車の中でイマイチなサンドイッチでも食べてればいいのよ~。tamaが女の子で良かったなぁ。大きくなったらこういうところも一緒に行ってくれるかも♡ (いや、そんな保証はどこにもないのだけれど・・・)

基本的にはeasy goingで、いつも「どこでもいいよ~」と最終決定権を私にゆだねるpochi夫にしては、かなり珍しいこの行動。夫はロンドン出身なので、ジモティ(死語?)としてロンドンで「いやいや攻撃」するなら分かりますが、なぜ住んでいる訳でもないコッツウォルズで「魔の2歳児」みたいな態度をとるんでしょ??? 理解不能でした。

書いているうちにどんどん思い出して、なんだか前置きが長くなってしまいましたが(爆)、私は結構好きでした、Lords of the Manor。でも夫の予想どおり、日本人の数がすごかったですね。恐らく宿泊していた人の半数は日本人だったのでは・・・と思わせるほどの集約率でした。

私が頼んだのはCream Tea。ホテル内のラウンジでもいただけましたが、せっかくなので絵本に出てきそうなほどピースフルな前庭で。
d0027343_6375777.jpg
ちょっと大き目のスコーンが2つ。それにいちごジャムとクロティッド・クリームが付いてきました。お紅茶はもちろん葉っぱ。
d0027343_6493631.jpg
アップはこちら! 15~20分ほど待たされて到着したこのスコーン。熱々で本当に美味しかったです。今まではお店で買ってお家で食べていたため、「出来立てほやほや感」がありませんでしたが、こちらのスコーンはできていたものを温めただけだとは思うのですが、それでも十分なホッカホカ具合で幸せになりました。やっぱりお店(レストラン)で食べるスコーンの方が断然美味しい!
d0027343_652319.jpg
ちなみにtamaはこの日は驚くほど良い子ちゃんで、スコーンを待っている間も、私が食べている間も、じっと良い子にしていてくれました。珍しい~~。お外だからいざとなればぐるりとお庭を周れば良いかなと思っていたのですが、それも杞憂に終わりました。

スコーンの細かい印象を書きたいんですが・・・お察しの通り全然覚えてません(爆)。でも今まで食べたスコーンの中でも、味+お庭の美しさを含めた雰囲気の総合点で、3本の指に入るような気がします。とは言っても、今までそれほど興味の無かったスコーンはあまり頼んだことがありませんでしたから、サンプル数がかなり限られているんですけどね(笑)。

↓写真左が前庭、そして写真右がバックガーデンです。
d0027343_711422.jpg

ちなみにお値段は5.95ポンド(オンラインで明細を調べちゃいました)。かなりリーズナブルですよね。スターバックスに行っても、コーヒーとケーキを頼んだらこれくらい行っちゃいますものね。

ちなみにこのLords of the Manorに辿り着くまでの景色もとっても美しかったです。こちらはお料理もかなり美味しいようなので、またあの辺りに寄ることがあったら、今度はお食事もしてみたいです。あ、でもpochi夫という難関があるのでした(爆)。tamaが大きくなるまでお預けですね、きっと・・・。

今度はこのpochi夫が2つ返事でついてくると言ったマナーハウスをご紹介します~。
[PR]

by ukpregnancy | 2006-12-07 06:28 | ショップ・レストラン情報


<< コッツウォルズのデザインホテル...      ベビー・ゲート 【英: saf... >>