Lilypie 2nd Birthday Ticker
2007年 08月 13日
リバティプリントの不思議、、、
家事は大の苦手で、困っています。
「苦手」というレベルを超えて、いまやほとんど家事は「放棄」している状態。
手際が良く、私よりもきれい好きでお料理もお手の物のpochi夫(+α)のサポートのおかげで、なんとなく我が家も体裁が整っていますが、仕事をしていない今、そんな状態ではさすがに罪悪感も募ります、、、。

そんな「家庭的」いう言葉が全く似合わない私ですが、唯一好きなのが「洋裁」。まぁ下手の横好きでたいした作品も一人では作れないのですが、妊娠するまでは週1で洋裁教室にも通っていたほどでした。

2次元の布が、糸でつなぎ合わせることで3次元の作品に仕上がるというのが面白くてしょうがなかった上に、可愛らしいプリントを買い始めると、それを眺めているだけでニヤニヤしてしまいます。
d0027343_7244134.jpg
イギリスと言うお土地柄もあって、生地を買いに行くと、どうしてもリバティプリントが目に付きます。通常なら可愛らしい小花柄にはあまり食指が動かず、北欧風のポップな柄の方を選んでしまうところなんですが、、、、、、リバティ・プリント・マジックでしょうか。(笑)

オックスフォードストリートの元祖Libertyに買いに行くこともありましたが、それ以外にもGoldhawk Roadに立ち並ぶ布屋さんに激安リバティを買いに行くパターンが多かったような気がします。昔のプリントの残り物が3m単位で安売りされているのです。

ところがです。最近子供服を自分で作ってみようかなぁ~と色々と検索していて、やっと気づいて驚いた事実があります。イギリスが本家のはずのリバティプリント、こちらで買うよりも日本で買う方がずいぶんお値打ちなのです!!

例えば、元祖Libertyに布を買いに行くと、今シーズンのプリント物であれば、通常1メートル19.99ポンドで売られています。今のレートで円に換算すると、約4700円!!! 

しかし日本ではライセンス契約でつくられる国内生産のリバティプリントがあるようで、1メートル=2835円のお値段がつけられています。イギリスで売られているものと同じプリントが、ですよ~~。

確かに布幅が日本は110cm、イギリスのものは135cmという違いがあるものの、このお値段の違いはいったい何? おまけに、日本ではシーズンごとにセールも行われていて、半額で手に入ることも多いのです。(通常、ロンドンのリバティーで生地を買うと、セール時でも30%オフが一般的)

これだけならまだしも、日本では輸入品としてイギリス発のリバティプリントも売られているのですが、そちらはメートル3990円、、、。ロンドンで買うよりお安いんですけど~。なんかおかしくありません??? 

ただ、日本では人気が集中することが多いようで、Bonpoint等の人気ブランドで使われた生地は、あっという間にソールドアウトになってしまいます。イギリスではそういう現象はないので、先シーズンに日本では品切れ続出だったStella(写真一番右)のようなプリントも、たんまり残っていました。まぁ、それだけが救いかしら、、、。

私も自分のお洋服を作っていた時期に買いためていた分と、最近になってtamaになにかつくってあげたいなぁと思って買った生地が溢れんばかり、、、。このままじゃ、買っただけで満足して作らずに終わってしまいそうで怖いです。

今年の夏は涼しい気候が続いて、実は洋裁ではなくて編み物熱が再燃してたのですが、最近のお天気のせいで、なんとなく毛糸を触る気にはならない今日この頃(笑)。再び洋裁ブームが復活です!

今年の夏は基本的にはロンドンにいる予定なので、8月中には最低1つは仕上げるぞ~~!!とここで宣言しておきます(笑)。  って、まずミシンを屋根裏から下ろしてこなきゃ、、、だわ、、、。^^;
[PR]

by ukpregnancy | 2007-08-13 07:25 | つれづれ


<< tamaはジャイアン      "Marie Cha... >>