Lilypie 2nd Birthday Ticker
2005年 06月 04日
5月26日(木) 戌の日に腹帯をつけてみました。
そういえば、少し前の話になりますが、日本の母が、日本食と一緒に腹帯を送ってくれました。

妊娠をするまで、聞いたことも無かったこの「腹帯(はらおび)」なるもの、昔はさらしのようなものを巻いていたようですが、今はガードルみたいな「パンツ型」なっていました。

私は縁起かつぎ、占い、神頼み等、通常一切しませんが、今回はちょっと面白いのでやってみることにしました。『戌の日』、と言うのがまず可愛いらしく、私の興味をそそります。5月の戌の日は26日だそうです。

母曰く、妊娠5ヶ月目に入ったら、戌の日に腹帯をして、出産の無事を祈る、、のが昔からの慣わしということです。母は、信心深く、占いも大好き、縁起が良いとなれば、ありとあらゆることをするタイプです。おまけに、お庭にある小さな祠(?)のようなところで、毎日お祈りもしているんです。唯一持っている妊娠関連の本、「たまひよ妊娠大百科」で、この腹帯の存在を知ったときから、「絶対送ってくる、あの人は、、、」と確信していました。

送られてきた腹帯には、母がお祓いに行った神社のスタンプが押されていました。、、、。これ洗ったら落ちちゃうんじゃないかしら。

小包が届いたので、御礼を言おうと母に電話をした時に、なぜ『戌の日』なのか聞いてみたところ、「犬のように、赤ちゃんがコロッとうまれてくるように」という安産の願いが込められているとか。これ本当? なんだか安易で信じがたいし、犬の赤ちゃんってコロッと生まれてくるんですか? 結構苦しそうだけど。

いずれにしても、腹帯をつけて、一緒についていたお札を南の方角の風通しのいい高いところにセロテープではりつけました(←これって既に間違ってますよね?)。もうひとつ腹帯と一緒に入っていたお守りは、毎日使っているかばんのポケットに忍ばせて、と。

すべての「儀式」を済ませた後、速攻『腹帯』を脱ぎ捨て、たんすの奥にしまいこみました。
[PR]

by ukpregnancy | 2005-06-04 01:49 | つれづれ


<< トリプルマーカー検査 (ダウン...      イギリスの産休制度 >>