Lilypie 2nd Birthday Ticker
カテゴリ:未分類( 13 )

2007年 03月 29日
東京⇒ロンドンの長時間フライトについて 【番外編】
番外編と銘打ちましたが、下に書ききれなかった情報を書いておこうと思います。

★ 眠る場所について

今回はバシネットの利用は最初から考えていませんでした。tamaは恐らく11キロは超えているはずですし、あの狭さではぐずるのは目に見えていましたので、床か、もしくは後ろの空いた席の肘掛を上にあげて寝かせるつもりでいました。

2歳の姪っ子を連れて姉家族がロンドンに遊びに来てくれた時は、「床にずっと寝かせていた」と言っていましたし(ビジネスクラスだったようですが)、イスでは何かあった時に落ちてしまうかもしれないと思い、最初は床に毛布を敷いて寝かせていました。ところが、ぐっすり寝入ったところでスチュワーデスさんがやってきて、「この位置だと酸素マスクが届きませんので、イスの上に移動させていただけますか」と言われてしまったので、あまりロジックを理解はできませんでしたが、事を荒立てず、抱きかかえてイスに移動しました。(私は隣に座ってBoratを見ていました)

★ 食事について

行きにお食事で失敗した私は、今回はできるだけたくさん食料を持ち込むことにしました。大好きなパンや果物をたっぷり持ち込んだ上、キッズミールもお願いしておきました。行きのフライトでは間違えてキッズミールではなくベビーミールをお願いしてあったために、瓶詰めの離乳食が出てきてしまったのです。tamaは瓶詰めのものは一切食べてくれないので、今回はフライトの日を変更するときとチェックインの時にキッズ・ミールを重ねてお願いしておきました。

で、結局お食事が運ばれてきたのですが、最初のお食事はハンバーグ。それも「これ、なんのお肉?」というくらい正体不明の食べ物で、味付けもとっても濃かったです。基本的にはまだ離乳食にお塩を使っていないので、tamaも数口食べたら「もういらない~」とプイッと顔を背けてしまったために、結局持ってきたパンやバナナ、いちご、おみかん、等でしのぎました。

期待していなかったお食事第2弾は、「なにか」を揚げたもの。イギリスの学校給食に出てきそうなお粗末なもので、絶対食べないのは目に見えていたので、あげようともせずそのまま遠くにおいておきました。この時は代わりにおにぎりを食べさせましたが、冷たいご飯が気に入らないのか、数口で「もういらない」となってしまったので、また持ってきた食料品からパンや果物を発動させて、なんとかしのぎました。

Virgin Atlanticのキッズミールは、わが家は全然食べられませんでした。

★ 空港内で

成田までは母がお見送りに来てくれていたので、空港内では特に問題はありませんでした。ベビーカーも搭乗するまで使って、乗り込む直前に係りの方に預けました。

実はチェックイン後、母と別れてひとりになった時に、大荷物を抱えて歩きたい盛りのtamaをコントロールできるかどうか不安だったので、【迷子にならない天使のリュック】なるものも購入しておいたのですが、チェックイン直前にどこを探しても見つからず、結局自宅について荷解きをしていたら、預けたスーツケースの中に入っていました(爆)。

せっかく買ったのに使う出番はありませんでしたが、今思うと移動の時はベビーカーに乗せておかなければとんでもないことになっていたと思うので、使わなくて正解だったと思います。

★ 入国審査

ヒースローの入国審査は、いままでに見たことが無いほどの長蛇の列でしたが、tama連れの時はかならず列を通り越して一番前にしてくれるので、とりあえずは最後尾に並びはしましたが、5分もしないうちに係の人に通されて予想通り最前列へ。今回もあっという間に入国できました。普通だったら軽く30分~1時間は並んでいたと思いますので、こればかりはtamaのおかげです。

流れてくる荷物をカートに乗せて、右手でベビーカー、左手でカートを押しながら出口に向かうと、ドアが開いてすぐのところにpochi夫の姿が見えて、ホッとして思わず顔がほころびました。というのも、飛行機が45分近く予定の時間よりも早く着いていたので、もしかしたらまだ着いていないかも、、、と心配していたのです。

色々とあったフライトでしたが、とにかく万全の準備で挑んだため、両親2人と一緒だった日本行きのフライトの時よりも、かなり楽に過ごせたと思います。もともと1日2~3回しかお手洗いに行かない私は、トイレに行きたいのに困っちゃう~~なんてこともありませんでした。

でも次回は、ライオンを眠らせるための麻酔銃を持って搭乗するしかない!と思っています(爆)。
[PR]

by ukpregnancy | 2007-03-29 07:26
2007年 03月 29日
成田→ロンドンの長時間フライトのために準備したことは、、、
日本に帰ってからというもの、イギリスに帰る日のことを考える度にブルーになっていました。もう一度飛行機であの地獄の時間を過ごさなければいけないかと思うと、「このまま一生日本にいようかなぁ〜、、、るるる〜」とイギリスでの生活を投げ出したい衝動に駆られました、、、(笑)。

でもそういう訳にも行かないので、日本に降り立ったその日から、帰りの日を想定して色々と準備を進めました。まずはネットで情報収集。一番役に立ったのはミクシィでした。たまたま立てられていたスレッドに「1歳の娘とアメリカに行かなければいけません。何か気をつけておいた方がよいこと、準備しておいた方が良いものはありますか」というような内容のものを見つけました。そこについていたレスのポイントは以下の通り。

1. ポータブルDVDプレーヤーを持っていって、子供のお気に入りの番組を見せる
2. 子供が飛行機で眠るように、とにかく乗る前に歩かせたり遊ばせたりして疲れさせる
3. 子供が見たことのない新しいおもちゃを数個用意しておく。新しいというところがポイント
4. 子供が安心するように、寝る時にいつも着ているパジャマや、使っている毛布などを飛行機内に持っていく
5. 最後の手段として睡眠薬を用意しておく


確かこれくらいだったと思います。ということで、私は1〜5のすべてを実践できるようにありとあらゆるものを用意して万全の体制で望みました。しかし、何より今回気を使ったのは、とにかく空いている便を選ぶことでした。帰る日はとくに何日でも良かったため、帰国予定日の1週間前に航空会社に電話して、21日前後で一番空いている日の便に変更しました。帰りの便を変更できる切符を買っておいたためお値段は多少張りましたが、それで大正解。

今回はエコノミーの前半分(150席〜200席分でしょうか)に乗っていたのは、私も含めて10人前後という状況。飛行機のバランスの関係で、後ろの部分にたくさん人を座らせるようにするのが一般的のようで、後ろ半分はぎゅうぎゅう詰めの状態でした。前にしてもらえてよかった〜〜(ホッ)。離陸後どんどん人が後ろの席から流れてきましたが、それでも私は一番前の4席プラスその後ろの1列・4席で、合計8席を自由に使っていました。周りにほとんど人がいないので、多少tamaがぐずったり歩き回ったりしても、前とはプレッシャーが全く違います。次のときも同じ手を使おうと心に誓いました。

以下、1〜5番の対策を実践してみた感想を詳しく書きますね~。

長いです~。すっごくすっごくご興味のある方だけどうぞ~
[PR]

by ukpregnancy | 2007-03-29 06:37
2006年 09月 01日
★ お知らせ ★
今朝急にお仕事が入って今後2~3ヶ月忙しい日々を送ることになりそうです。

出来る限り更新等も続ける予定ですが、コメントのお返事共に遅くなると思います。「スコーンを巡る旅」を完結させたいのに、変なところで止まってしまいました。そして書きたいこともたまっていますが、ちょっとの間お預けです。

懲りずにまた遊びに来てください♪
                                                 かしこ
                                                   pochi
[PR]

by ukpregnancy | 2006-09-01 20:12
2006年 05月 02日
たびたびantiqueネタで恐縮ですが・・・
昨日はWest Endに行って来たので、今日は趣向を変えて、↓に登場したお友達のストールがあるアンティークのコンプレックス、The Old Cinemaに行ってきました。
d0027343_571659.jpg

連休だとついついどこか田舎に行ったり海外に行ってしまう事が多かったのですが、会社に行っていない今、連休はロンドンにいる方が絶対楽しい! 道は空いているし、この閑散とした感じがたまりません。

The Old Cinemaは西ロンドンのChiswickにあります。中は3階建てで18のショールームが入っているそうです。小物も多少ありましたが、メインは家具でした。私たちもお目当ては家具なのでじっくり見てまわりました。

d0027343_585995.jpg
彼のショールームには北欧とイギリスのミッド・センチュリー、それにArts&CraftsやArt Decoの家具が置かれていました。いつもお世話になっているので、彼のショールームで何かお買い物をしてお礼をしよう!と思って意気込んでいったんですが、家に合うものが無かったので結局何も買わずに撤退。彼のショールームに辿り着くまでに2~3つステキな家具が目に留まって、「あ、これ可愛いねぇ~~」なんて言いながら夫とチェックしていたんですが、帰るときには目をつけていた家具に全部"SOLD"のタグが!! みんなすごい早業。やっぱり良さそうなものは即決しないとどんどん売れちゃうんですね。

d0027343_545082.jpg
収穫が無かったので、帰り道にNotting HillのBonpointに寄って、その後そのすぐ近くにあるチョコレートの専門店、meltでお買い物をしてお家でお茶をしようということになり、3人でLedbury Roadに向かいました。と、ところが、あ~~~~~、Bonpointもmeltも閉まってる~~~~~!!
d0027343_5453810.jpg
すごく楽しみにしていたので、もうがっかり・・・。窓から中だけじ~~っと除いてお終い・・・。くぅ~~~、しょうがないので、近くにあるデリであまり美味しそうじゃないレモンケーキを買って帰りました。でもやっぱり見かけどおりあまり美味しくありませんでしたね(笑)。

昨日に反して収穫の無かった本日。まあこういう日もありますよね・・・。こういう落とし穴があったとは。負け惜しみ言っていないで、やっぱり連休はロンドンじゃなくて、田舎に行ってたほうが良かったってことでしょうか(笑)。

そしてtamaは・・・私の消沈振りには目もくれず、車で爆睡中でした(笑)。
[PR]

by ukpregnancy | 2006-05-02 05:38
2006年 04月 26日
tamaのアンティーク・マーケット・デビュー 【ハプニング編】
本日、昨日に引き続き夜通しぐっすり眠るtamaを起こして、Sunbury Antiques Marketに行ってまいりました。こちらはロンドン南西のKempton Parkというレース場で行われるアンティーク・マーケットです。

イギリスのミッド・センチュリーの家具を探していて、eBay等でも見かけていたのですが、やっぱり家具は実物を見て買いたい!と言ったら、お友達のアンティーク・ディーラーの人が連れて行ってくれることになりました。エキスパートが一緒なのは良いのですが、そのせいで待ち合わせ時刻はディーラーが集まる朝の6時半・・・。え、その時間、tamaちゃんまだ寝てるんですけど・・・。えぇい、夜通し眠るようになってきたのに今日は仕方ない! 心を鬼にして朝の5時半にtamaを起こして、夫と3人でマーケットにいざ出陣! 待ち合わせ時間ぎりぎりに無事Kempton Parkに着きました。

d0027343_5451596.jpg
広大な無料駐車場に車を停めた後、ベビーカーを押してマーケットに繰り出しました。私たちがついた頃はまだ売り手も着いたばかりだったのか、多くの人がまだ荷をほどいている状態でした。それでも30分ほどふらふらしているとストールが増えてきて、あっという間に↑この状態。外には家具などの大きなものが多くあり、インドアのマーケットの方には食器やジュエリー等の小物が置いてあります。

私はマネキン・マニアなので、つい↓こんなものを見ると買いたくなっちゃうんですが、夫から相変わらずダメだしが出ました。確かに買っても置き場も無いしね(笑)。
d0027343_5515792.jpg


結局お目当ての家具は見つからなかったのですが、似たようなものがあったので買ってしまいました(笑)。おまけにスカンディナビアのミッド・センチュリー風(?)の椅子とベルギー製のヴィンテージ・ランプまで・・・。椅子はお気に入りの生地を買ってきて張替えようと思っています。可愛い生地を探さなきゃ! といいつつ、実はもう既に目をつけてある生地があったりしますが(笑)。

3点で〆て155ポンド! 今回は色々教えてもらえて勉強になりました。やっぱり専門家と行くと安心してお買い物ができるわ♪

と大喜びしていて気が緩んだに違いありません・・・。tamaがぐずりだしたので一足先に駐車場に戻っておっぱいをあげていました。15分ほどでお腹がいっぱいになったtamaをベビーシートにくくりつけて、私は前の席に移動しよう・・・と思って戸をバタンッと閉めて気付いたら・・・

か、鍵がかかってる・・・。

何気なくふと見た窓ガラスの向こうに、運転席の上できらりと光る車の鍵が見えました。ひぇ~~~~~。tamaちゃん入れたままロックしちゃった!! 中には入れない~~!!

tamaぷー、異常事態に気付いたのか(?)中で大泣きしています。と言っても泣き声は全然聞こえなかったんですけどね(笑)。いや、笑い事じゃない!

向こうから紅茶を持ってのんびり戻ってくる夫に向かって、手旗信号風のメッセージを送りました。

"E・M・E・R・G・E・N・C・Y !!!!!"

夫、ポカンとしていましたね(笑)。結局Direct Lineに電話をしてお助けマンを呼びました。こういう時に子供がいるとものすごく迅速に対応してくれるんですよね。『赤ちゃんが車の中に閉じ込められて泣いているんです!!』と言ったら、通常60分かかるところ、15分で到着しました。しかし、レスキューのお兄さんが着いた頃には、すでにtamaちゃんはすやすやぐっすり眠っていましたけど(笑)。

それにしても、車ってアンナに簡単に鍵が開いちゃうんですね。ここで詳細を書くと車泥棒を助長するようなので止めておきますが(笑)、かなり簡単な道具であっという間に車の鍵が開きました。おそろしいわ~~~。

色々あった今日一日。tamaちゃん、大人の都合で連れ回してごめんね。でも、ママまた行っちゃうかも♪ 今日もtamaチャンが朝まで眠ってくれることを祈ってます・・・。
[PR]

by ukpregnancy | 2006-04-26 06:11
2006年 02月 23日
姫の変化 パート2 【10時間睡眠の巻】
姫の状態でもうひとつイギリスにいる頃から大きく変わったことは、彼女の睡眠時間です。

イギリスにいる時のスケジュールはだいたい、、、

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
午前8時: 起床 → おっぱい
    (その後次のおっぱいまでに1時間程度ねんね)

午前11時半: 起床 → おっぱい

午後12時半~3時までお昼寝

午後3時半: おっぱい
    (その後次のおっぱいまでに30分程ねんね)

午後6時: おっぱい

午後7時: お風呂

午後7時半~8時の間にベッドへ

午後11時に起こして授乳、その後は姫が起きるたびに授乳(だいたい朝の4時に一回のみ)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

とこんな感じで、夜眠らせた後、だいたい朝の4時に一度目を覚ます(もしくは起きなければ、乳腺炎対策のため私が起こしていました)ので授乳をしなければいけなかったんですが、昨日はなんと、夜の9時から朝の7時まで、ず~~~~~~~~~っと寝てました。おまけに朝の7時に目を覚ましたのも、私が驚きのあまり雑誌を落として音を立ててしまったためで、そのままにしていたら、もっと寝ていたかもしれません。おかげで私も彼女を生んで以来、初めて8時間近くまとめて眠ることが出来ました!!!!! 気持ちよかった、、、。

実は4日前の夜も、夜の9時から朝の6時半まで寝ていたことがありました。そのときは、私は信じられなくって、時計が壊れたのかと思ったほどです。

基本的にはイギリスにいるときと似たようなスケジュールで動いているのですが、違う点は2つ。

① 11時に授乳のために起こすのをやめた (←なんとなく面倒くさくなったため)
② お風呂はいままで彼女をお風呂用のサポート椅子に座らせて入れていたが、今は私の母が一緒にお風呂に入って、全身湯船につかりながら入っている

おまけに下のブログにも書いたとおり、おっぱいの調子もイギリスにいるときと比べるととっても安定していて、乳腺炎の再発も起きていません。10時間も授乳していないのに!!!! 昔だったら一発で出ていました。おっぱいが収まってきて、頻繁な授乳が必要なくなった途端に良く眠るようになった姫。本当に親孝行な娘です~~~(しみじみ)。
[PR]

by ukpregnancy | 2006-02-23 09:14
2006年 01月 29日
赤ちゃんとのおでかけ
姫が生まれてそろそろ3ヶ月近く経ちます。前のブログにも書いたように、昨日は初めてヒースロー空港に行ってきました。日本と違って、1ヶ月にも満たない子でも、どんどんお外に連れ出すイギリスにいるせいか、私たちも彼女をありとあらゆるところに連れまわしています。日記を付けない私の記録のためにも、今回はどんなところに連れて行ったのか少し書いておこうと思います。

● 生後2週間 ⇒ スーパーデビュー
   近くのSainsbury'sに。パパと3人で、Baby Bjornを使用

● 生後3週間 ⇒ カフェ・デビュー
   家の近くのオーガニック・カフェへ。途中で泣き出して、あえなく退散。ゆっくりお茶が飲みたかったのに!

● 生後1ヶ月と20日  ⇒ 高速道路&田舎デビュー
   夫の実家に行くために、高速道路で2時間かけてcountry sideへ。2時間ぐっすり眠って一度も起きず。お尻に青あざ発見。

● 生後1ヶ月と25日 ⇒ デパート・デビュー
   セルフリッジズのセールへ。いい子にしてはいたけれど、なんだか落ち着かなくて、何も買わずに退散。

● 生後1ヶ月と27日 ⇒ バー・デビュー
   大晦日の日に、お友達とのパーティーに参加するため、Notting HillのElectricに。入り口にガードマンがいたので止められるかと思ったのに、すんなり侵入。結構大丈夫なのね、、、。大晦日だから特別かな?

● 生後2ヶ月と3日  ⇒ ディナー・パーティー・デビュー
   お友達の家のディナー・パーティーにご招待される。もう一組のカップルも11月生まれの赤ちゃんを連れてきていました。家の子の方が太ってる、、、。

● 生後2ヶ月と10日 ⇒ パブ・デビュー
   お誕生日のお祝いで家の近くのパブに。パブは子供は禁止のはずなので、今回もびくびくしながら入ったものの、お店の人には何も言われず、1時間ほどソファーでのんびり。すいていたため煙草の煙も気にならず、結構快適。

● 生後2ヶ月と17日 ⇒ ジェントルマンズ・クラブ・デビュー
   フランスから来ている親戚に会いに、チェルシーにある会員制のクラブ、Chelsea Arts Clubへ。子供連れは入れません!ときつく怒られ、バーの部分には入れず。結局入り口のすぐ横にあるLady's Roomと称するお部屋でご飯を食べることに。やっぱりクラブの敷居は高かった。

● 生後2ヶ月と23日 ⇒ 空港デビュー
   ばーばを迎えに空港へ。7日後には飛行機デビュー&日本でビューだね!

● 生後2ヶ月と25日 ⇒ レストラン・デビュー
   ソーホーにあるレストラン、Andrew Edmundsへ。ロマンティックな雰囲気とビストロ風のフランス料理で有名なこのレストラン。お腹がすいていたときにたまたま通りかかったのでだめもとで聞いてみると、赤ちゃん連れでもOKとのこと。大丈夫なものなんですね。でも、食べている途中にまたまた泣き出して、全然落ち着いて食べられなかった、、、。きぃ~~~!
[PR]

by ukpregnancy | 2006-01-29 07:43
2006年 01月 29日
私のアイドル、Maxim Vengerovに会っちゃった♪

乳腺炎の治療と、家族やお友達への赤ちゃんのお披露目を兼ねて、2月5日に日本に帰ることになりました。

体調も100%ではないので、赤ちゃんと2人きりでは大変であろうということで、なんと母が日本から迎えに来てくれることになり、昨日ヒースロー空港に迎えに行ってきました。

母が出てくるのを待っているところで、異臭発生! どうも姫がpoo pooをしたようで、少しもぞもぞしています。いつ出てくるかも分からないので、おむつを替えにお手洗いに走りました。

その日は飛行場がとっても込んでいて、Departureラウンジの前には500メートルはあろうかという人の列ができていました。その時です! なんだか見慣れた顔の人が並んでいます。

か、彼は私のアイドル、Maxim Vengerovさんでは?!? 下手の横好きですが、私、ほんの少しだけバイオリンをたしなみます。そんな私のアイドルは、ロシア出身のヴァイオリニスト、Maxim Vengerovさん。顔を見ただけでは確かではなかったのですが、そのお方、しっかり肩にバイオリンケースをしょっていました(←2億円はするであろうストラディバリウス入りのはず)。間違いない! 

おむつ替えのことも忘れて、つい話しかけてしまいました。「5月のバービカンでのコンサート、楽しみにしています!」と言うと、優しく微笑んで「ありがとう、ありがとう」と言って下さいました。あぁ、母を迎えにヒースローに行ってよかった♪ ロンドンにいると有名人を見かける機会は本当に多いんですが、話しかけたのは今回初めて。う●ちまみれで、とってもくさかった赤ちゃんをかついでのほんの1~2分の会話でしたが、とってもハッピーな瞬間でした。

子育てと関係なくて、ごめんなさい。
[PR]

by ukpregnancy | 2006-01-29 03:27
2005年 12月 07日
乳腺炎 続報
いちごさん、感激! 調べてくださったんですね!
うれしいなぁ。ブログをやっていてよかったなぁ、と思う瞬間です。
uk-lifeさんのブログも拝見しました。授乳中は甘いものは控えた方が良いそうなので、今のうちにたくさん食べだめしておいてくださいね。私も大好きなチョコレート、全然食べてません、、、(涙)。お食事もおかゆやおうどんのようなものばかり食べています、、、(涙涙涙!!)。

乳腺炎は未だに右胸に残っています。赤みがひいたり、また悪化したりの繰り返しで、自分でも不思議なくらい乳腺炎の状態が精神状態に影響を与えています。

この2~3週間、いちごさんが教えてくださった方法(日本流の対処法)に、イギリスの対処法も加えて、ありとあらゆることは全て試している、と言う感じですが、一向に良くなる気配はないので(悪くもなっていないような気がしますが)、昨日とうとうGPに行って、抗生物質をもらってきました。以前出たときに飲んた抗生物質が体に合わなかったのか、血の混じった下痢(汚いですね、ごめんなさい)が出てしまったので、途中で止めてしまったのですが、今回のはもうすこし体に優しい抗生物質らしいので、そこまでひどい状態にならないと言いのですが、、、、。

昨日は、わが家の姫が一晩中起きていて、睡眠時間ゼロ!! 疲れとストレスも乳腺炎には悪いらしいです。子育てって本当に大変。書きたいことが本当にいっぱいあるのですが、今日は姫と一緒にお昼寝しなきゃ。

みなさん、本当に心温まるコメントありがとうございました。
[PR]

by ukpregnancy | 2005-12-07 19:07
2005年 04月 22日
3月12日(土曜日) 言葉の弾み
土曜日の夜。

何の話の途中だったかもう覚えていないけれど、夏休みのホリデイの話だったかな、、。それとも仕事の話だったか。

とにかく、将来の相談をしていたときに、私が何気なく言った「そう計画通りにはいかないかもね」と言う言葉に反応して、"Why? Why?"攻撃の夫。それでなんとなく言ってしまいました。「いやぁ、私妊娠してるかもしれないんだよね、、、」

ふたりとも目を合わせて、思わず笑っちゃいました。だって、ありえない!
最初に夫が言った一言が、"Is it mine?"
そりゃ、疑うよね。詳しいことは控えますが、本当にありえない妊娠。
ふたりともいまだに信じられないのです。

早速次の日に、地元のGP (General Practitioner)*1に電話をして予約を入れました。

*1: イギリスの病院の制度は、日本と全く違います。国が経営するNHS (National Health Service) は、基本的に医療費は無料。手術も無料、お産も無料、入院しても無料。

しかし、なかなかお医者さん(専門医)に診てもらう事はできません。どういう仕組みかというと、まず、調子が悪いなと思ったら、自分の住む区にあるGPという一般医があつまるメディカル・センターに予約を入れます。そこで、『あなたは本当に重大な病気持ち。病院で診てもらいなさい』というお墨付きをもらい、総合病院(Hospital)への紹介状を書いてもらうまでは、病院には行かせてもらえません。ほとんどの病状はGPで対処されます。

やっとHospitalへの紹介状を書いてもらっても、そこから予約を取って、実際に病院にいくのに、だいたい1ヶ月、地域によっては、5~6ヶ月待つこともあります。ただほど高いものはなし。
[PR]

by ukpregnancy | 2005-04-22 22:52