Lilypie 2nd Birthday Ticker
カテゴリ:離乳食( 5 )

2006年 08月 30日
離乳食 【後期・再び】
いちごさんからご質問があったので、今の離乳食の状況をアップします。他のブロガーの方の離乳食の情報を読むととても参考になるので、私も現状を記しておこう~と実は随分前に書いておいたものでした。

まず、今のルーティーン

Breakfast:

主食 ⇒ Ready-Brek + 粉ミルク + 果物 (ご飯の後にミルクor母乳を飲みたいだけ)

最初はReady-brekと粉ミルクだけでしたが、最近はこれではいけないと果物を足しています。たまに赤ちゃん用のヨーグルトがあるときはそちらも足したりして。果物が切れている時は、Ready-brekと粉ミルクだけだったりもします。

Lunch:

主食 ⇒ ごはん(オーガニックショップで買ってきたご飯を炊いて冷凍し、使用する時に粉ミルクで煮ています←電子レンジが無いので苦肉の解凍法です)

おかず ⇒ 野菜 2種類 x 3キューブ

たんぱく質 ⇒ 鶏肉か白身のお魚、もしくはちりめんジャコの塩抜きをしたもの

果物を煮たもの (だいたいりんごか洋ナシのパターンが多し)

朝と同じく食後にミルクを飲みたいだけ

おやつ

おやつという訳ではありませんが、ランチとディナーの間にミルクを飲みたいだけあげています。だいたいお昼寝の後にあげますが、最近は時間が遅くなってきて、昨日は5時半でした。遅すぎ・・・。

Dinner:

Lunchと同じパターンで、お野菜やたんぱく質の種類を変えているだけです。ちょっとマンネリ気味・・・。

新しく試した食材

お豆腐、ヨーグルト、いちご、ブルーベリー、ブラックベリー、ラズベリー、プラム、赤ちゃん用のパスタ(Plasmon)、市販の子供用パスタソース(トマト、玉ねぎ、セロリ、オイル入り)、Kumara(日本風サツマイモ?)

もしかしたら他にも何か試してみたかもしれませんが、ちょっと思い出せません。しかしかなりマンネリなメニューなので何か新しいものを試したいのですが、なかなか思い浮かばず困っています。

d0027343_19515696.jpg昨日初めてパスタをあげてみました。ご飯のストックがきれてしまったためです。上から市販のPeter Rabbitのオーガニック・ベジタブルソースをかけて、その上にパルメザンチーズをぱらぱらかけました。まるで大人が食べるようなお食事で、一瞬「大丈夫かな?」と思いましたが、とくに問題はなかったみたいです。

前の【離乳食 とうとう後期編】に書いたように、一晩に2回起きると言ういや~な時期が1週間ほど続いたのですが、3回食にしたら起きる回数が1回に減りました(夜通し朝の8時近くまで眠る日も何日かありました)。やっぱりお昼に食べる量が足りていないと夜起きてしまうんですね~。最近ランチとディナーの間に上げるはずのミルクを忘れてしまう時があるのですが、それをすると必ず夜起きてしまうという法則に気付き、忘れないようにばっちり上げてから夜通し眠る日が増えました。あと、粉のベビーライスから普通のごはんに変えたせいでお腹のもちが良くなっているのかもしれません。

あと、後期も半ばに差し掛かってきたら、赤ちゃんが手で持って食べられるメニュー(フィンガー・フード)を一品増やすと良いと書かれていたので、最近はご飯を解凍する間にニンジンのゆでたものを手に持たせて食べさせています。最初の一口は上手にパクッと食べるものの、にんじんが小さくなってくるとお口に入れるのも一苦労のようで、とってもぎこちない手つきでよっこらしょと口に運んでいる姿が微笑ましいです。細かく切った果物を最後に手で食べさせるのも良いかもしれないんですが、今シーズン中のラズベリーやブルーベリー、ブラックベリーを手に持たせたらお洋服が汚れてとんでもないことになりそうなので自粛中。

d0027343_19351879.jpgあと、お出かけの時に大人しくさせるための秘密兵器として購入したのがOrganixの"Organic Jumbo Breadsticks Original"です。保存料なし、No GM、卵もミルクも入っていません。私はNotting HillのFresh&Wildで買ったのですが、スーパーでは見かけたことがありません。写真を載せようとOrganixのウェブサイトにも行って見ましたが、そこのリストにもありませんでした。なぜでしょ。近くのスーパーではこれの姉妹品の←Moon biscuitsを見かけました。

先日一つ書き忘れたことがあるのですが、ヘルス・ビジターの人に言われてもうひとつ驚いたことがあったので書いておこうと思います。ナッツ・アレルギーになる恐れがあるため、赤ちゃんにナッツを上げないというのは常識ですが、日本では母乳を上げているママも食べてはいけないとされています。しかし、その話をヘルス・ビジターにすると、きょとんとした顔をして、「えっ? 母乳を上げている母親が食べても良いかって言うこと? もちろん良いわよ」と、まるで珍獣を見るような目で私を見て言いました(笑)。えぇ~~~、アーモンドが大好きなのに、ケーキの上に乗っているものもわざわざ除いていたんですけど~。それからと言うもの、最近暑いと食べていたコルネットのアイスクリームの上に降りかかっているナッツは、バニラアイスと一緒に食べるようになってしまいました。でもやっぱり食べない方が良いのかな・・・。
[PR]

by ukpregnancy | 2006-08-30 19:47 | 離乳食
2006年 08月 02日
離乳食 【とうとう後期編】
とっても暑くてどろどろに溶けていた1週間前が嘘のような涼しさです。あの死にそうに暑い日々は、tamaにとっても地獄だったようで、暑くなり始めた7月20日前後は、夜中ぐずって大変でした。その前の日はぐ~~っすり朝まで眠ってくれていただけに、あの日はお天気の神様が憎くて憎くて。

暑さのせいなのかどうか分かりませんが、同じ時期にtamaの食欲が急激にダウン。離乳食を食べさせるのも一苦労でした。だんだん食べなくなって(そして私も無理に食べさせるのが面倒になって)、食べ残しを私がパクパク食べて離乳食終了~~という日々が続きました。

そのせいなのでしょうか、先日初めてヘルス・ビジターに会いにベビー・クリニックなるものに行ってきたのですが、体重が生後お初で平均を下回ったそうで、8.130gになっていました。しかし「お初」と言っても、tamaが生まれて以来、まともに体重を量ったのは2回だけだったので(な、なんていう母親・・・)、ちゃんとしたことは実は分からなかったりします。

しかし、生まれたときもイギリスの女の子のほぼ平均体重。その後予防接種の時に2回計ってもらった時も、レッド・ブックの平均曲線の上をなぞるような体重の増加で、「スーパー平均ベビー」だと思っていたので、体重を量ろうと思いもしませんでした。おまけに、私も夫も食欲は馬並みで超ビッグサイズ(笑)。190cm(パパ)と170cm(ママ)のカップルから小さい子供が産まれる訳が無いと思い込んでいるので、大きいことで多少なりとも苦労のあった私としては、今は少し小さいくらいの方がちょうどいいかも、と思っていたりもします。

と、子供の体重に無関心な言い訳はこれくらいにして・・・。

上のような理由で、睡眠パターンが崩れてしまったtamaですが、最近ハイハイで家中を探検し、以前と比べると運動量がかなり増えたせいでしょうか。ここ1週間、親にも負けない馬並みの食欲に戻りつつあります。お昼と夜のご飯は完食、その後のミルク(またはおっぱい)も必ず100ml以上飲むようになりました。

そこまでたくさん食べている上に暑さも和らぎ、夜中に目を覚ます理由は無さそうなのに、ここ3日ほど夜中に必ず2回起きるようになっています。まず夜11時に目を覚まし、授乳。その後再び朝4~5時に目を覚まして、昼間以上の量のおっぱいとミルクを飲み干しています。一体どうなっちゃったの??と思っていたのですが、やはり日中の運動量が以前とは桁外れに違うので、お腹も空くのかな・・・と少し早いのですが昨日から3回食に移りました。

d0027343_02369.jpg何をあげればいいのかな~、と迷ったのですが、ちょうどbaby riceが切れてしまっていたので、以前買ったものの使わずじまいだったReady-Brekをあげることにしました(PiggyBabesさん御用達です)。オート・ミールのあの独特なにおいがするので、どうかな~と思いましたが、一口目に「ほにゅあ??」という顔をしただけで、後はばくばく食べています。その後ミルクも飲みたいだけ飲ませて、朝食終了~、という感じです。果物やお野菜を足すのはもう少し経ってからにしようかな・・・(理由は無いのです。面倒なだけです)。しかしこの先何年間もこの小さな生き物のために3食必ずお食事を用意しなければならないのね・・・と思うと気が遠くなりそうですが、まぁがんばりま~す。

その他、お野菜や果物は新しいものを試していません・・・。2ヶ月前と同じ種類の食品をず~~っと食べさせていると思うとなんだか申し訳ないのですが、一体何を試さば良いのか良く分からず、マンネリな日々です。

一念発起して10日ほど前に大根入り(←初めての食品)のおそうめん(←これまた初めて)を食べさせてみたのですが、次の日に体中に湿疹のようなものが出たので、それ以降新しいものはまだ試せずにいます。大根が悪かったのか、おそうめんが悪かったのか・・・。『新しい食品は必ず一日一種類』、という離乳食のゴールデン・ルールを破ったツケがでてしまいました。とても暑い日が続いていたので、あせものようなものかも、とも思いましたが、次の日にはすっかり引いていたので、あまり気にしていませんでしたが、一応・・ということでヘルス・ビジターに会いに行きました。彼女曰く「何もしないで湿疹が治まったのであれば、アレルギーである可能性は低いと思う。おそらくheat rashじゃないかな」と言っていました。

ちなみに、このヘルス・ビジターの人に離乳食のことを尋ねられたので、

pochi 「夫が喘息もちなので、日本式でノンビリ慎重に進めています。今はお野菜と果物、それに鶏肉と白身のお魚をあげています」と伝えたところ、HV 「うん、そんな感じでいいんじゃないかしら。牛肉は赤ちゃんのお腹にはちょっと強すぎるから、白身の鶏肉でいいと思います。あと、お塩とお砂糖は上げないようにしてね」と他で見聞きしたイギリスの離乳食事情とはかけ離れたことを言われました。 pochi 「あ、少量のお塩とおしょうゆ、それにたまに(赤ちゃん用の)コンソメやお出しも使っているんですが・・」と言うと、、HV 「え?? おしょうゆはお塩がたっぷりなんじゃないの? ダメよ、使っちゃ。自然の塩気(お魚など)ならいいけれど、あえて足す必要はありません。そうねぇ~、2歳になるまでお塩とお砂糖は入れなくて良いです」とびっくり回答が返ってきました。

日本では、離乳食中期から少量のお塩を使ってもいいことになっているんですよね。「日本風に慎重に」なんて言ったものの、実は全然慎重じゃなかったってことでしょうか(笑)。イギリス人のヘルス・ビジターにこう言われるとは思っても見ませんでした。ということで、今までおしょうゆをほんの一滴程度使っていましたが、それもやめることにしました。

そして、今日届いた母からの荷物に入っていたものです。

d0027343_20403249.jpg8歳の女の子を持つイギリス人のお友達から、「お箸を使わせてあげたいんだけど良い方法は無いかな~」と聞かれて、←これをプレゼントしてあげることにしました。combiの『はじめてサポートおはし』です。3つ送ってもらって、2つはプレゼント用、残りの一つはtama用に取っておこうと思います。しかし、これが活躍するのは随分後(2歳以降)なのですが、果たしてイギリス暮らしでお箸を上手に使えるようになるのかな~。




あともう一つお願いしていたのは、赤ちゃん用に手で持って食べられるお菓子。今回は"にぎれるスティックボーロ かぼちゃ"なるものが入っていました。卵は卵黄のみ。保存料、着色料、香料、膨張剤は一切使用していない、というものです。カフェやレストランで私がお食事をしているときに、おもちゃではもうじっとしていてくれず困っていました。食べ物を与えると大人しくしていてくれることが多いので、離乳食に差しさわりが無い程度におやつのような物を与えつつあります。と言っても1週間に一度くらいですが。

こちらでは、お砂糖やアレルゲンになりそうなものがたっぷり入ったものしか見つけられなかったので、わざわざ送ってもらうことにしました。イギリスでもオーガニック系のお店に行けば何か良いものがあるのかな~。ご存知の方、是非教えてください。
[PR]

by ukpregnancy | 2006-08-02 20:36 | 離乳食
2006年 06月 13日
離乳食のその後 【中期編】
d0027343_544583.jpg
トマト嫌い・・・

d0027343_551825.jpg
でも洋ナシなら食べる~~~♡


d0027343_7332736.jpg離乳食を始めて早2ヶ月。私が参考にしている「たまひよ離乳食大百科」によると、7ヶ月目から【中期】に移行する時期だそうです。

ごっくんするのは上手になってくる頃なので、今度は舌と上あごを使ってごっくんできるようにするのが中期の目標。ということで、今まで食べ物は全てピューレしていましたが、これからは、包丁で細かく刻んだり、フォークでつぶしたり・・・といつも使っているキッチン用品で事足りるようになりました(今までは←Braunのハンドブレンダーを多用していました)。

これまで試した食品は、

【野菜】 にんじん、ほうれん草、courgette、butternut squash、ブロッコリー、スィートポテト、トマト

【果物】 りんご、桃、洋ナシ、バナナ

【たんぱく質系】 卵の黄身、cod、鶏肉

炭水化物は未だにbaby riceのみです。そろそろおうどんやシリアルなども試して見ようかなと思っています。

ベビーライス + お野菜のキューブ2つ x 2種類 + 果物のキューブ2つ

というのがいつもの献立。これに先週からたんぱく質系のものを足し始めました。ちょっと遅いくらいなのですが、なんだか先延ばしにしている内に、あっという間に2ヶ月経っていました。

白身のお魚(cod)は今日初めてあげました。鶏肉はすりこぎですりすりしたり、包丁で細かく刻んだりと色々試みたのですが、なかなか「ごろっと感」が取れず、食べるたびにtamaはむせています。顔が真っ赤になって息苦しそうにしているのを見て、「ま、まずい!」と何度か背中をバンバンッ!!と叩いたので、よけいに驚かせて大泣きさせてしまいました(笑)。

卵の黄身はお野菜&ミルクと混ぜて食べさせました。アレルギーの原因になるのは卵白の場合がほとんどと読んだので、当分卵は黄身だけ食べさせようと思います。

ところで、日本から買ってきて離乳食用の調理グッズ。結局一度しか使っていません・・・・。鶏肉をすりこ木ですりすりした時にご登場いただきましたが(上手に使いこなせませんでした)、それ以外は上記のハンドブレンダーしか使っていません。しかしこのブレンダーが優れもの。初期の段階であれば、これ一つで十分だな、と思いました。

あと私が重宝して使っているのがラムカン(ココット?)。わが家には電子レンジがありません。夫がレンジ嫌いで、買おうと提案するたびに反対するので、もう面倒くさいから無しで暮らしています(夫の実家にはAGAしかないし、便利さを追求するという観念がちょっと欠落しているのでは、とニッポンジンの私は思ったりするのでした)。離乳食の初期段階に皆さんがするように、野菜をピューレにしてアイスキューブにしてあるのですが、それの解凍がレンジがないと出来ない(時間がかかる)んですよね。ということで、いちいちココットにキューブを入れてオーブンで解凍しています。時間、かかる、かかる(笑)。デモもう慣れてしまいました。小さなココットは赤ちゃん用のお料理を入れるのに最適な大きさですし、オーブンでも大丈夫なので、とても重宝しています。

あと、日本から買ってきた離乳食はまだほとんど試していません。この前初めて5種類の野菜が入っていると言う粉状の離乳食をあげてみました。お湯で溶いて、パサパサ気味の鶏肉に混ぜてあげたのですが、tamaがほとんど残してしまったため、余ったものを食べてみたんですが、味が結構濃い! 大人でもいけちゃうかも、っていうような濃い目の味付けでした。

私は未だにお塩やお出しは全く使わず、お野菜の味だけで勝負しているのですが(笑)、それだけで本当は十分なフレーバーがあるのだな、と今回改めて思いました。当たり前のように自分達のお料理に塩・こしょうを使っているけれど、tama用に作った野菜キューブを食べてみると、十分甘かったり、味がしたり・・・と離乳食のおかげで、野菜本来の味を思い出したりしています。

しかし出来合いの離乳食も携帯する時やネタ切れの時(←これが結構この先ありそう)には便利に使えそうなので、旅行中や緊急時に使おうと大事に取ってあります。

あとここ2日ほど急に暑くなったせいか、tamaの食欲ががくんと落ちて、今までの半分くらいしか食べなくなりました。それとも鶏肉で何度もむせて、離乳食恐怖症??? 暑くてきっと喉が渇いているだろうと、日本から買ってきたりんご果汁やミックス果汁、はたまたベビー用のほうじ茶まで作って飲ませましたが、全然いらない様子。ミルク以外は全く興味が無い様です。あなたは一体何なら飲むの??? まぁ飲まないと言うことは、喉が渇いていないというこなのでしょうが。

私のいつもの傾向が離乳食でも出ているような気がします。色々便利グッズを買ってみても、結局使わずに終わってしまう、という・・・。基本的に面倒くさがりなので、いつも使っているもの以外は買っても棚の中にしまいっぱなし。日本に住んでいてもコンビニには1年に数回しか行かない私。「便利」なものもなかなか使いこなせないタイプで、夫の家族のことも笑っていられませんね、これじゃ。
[PR]

by ukpregnancy | 2006-06-13 06:59 | 離乳食
2006年 04月 23日
離乳食のその後
ほぼ2週間前に始めた離乳食ですが、結構軌道に乗っています。

d0027343_6301538.jpgいつものように私の子育て情報ソースは「たまひよ離乳食大百科」といとこがくれた"Gina Ford"の離乳食用の本のみなのでたいした下調べはしていないのですが、両方を読んで日本式とイギリス式を掛け合わせたような方法で離乳食を進めています。

イギリスでは一般的に4ヶ月から離乳食を始めるようですが、私は日本式に5ヶ月を過ぎてから。ただ、たまひよの離乳食のレシピでは、日系食料品店に行かなくてはいけない食材も多いので、Gina Fordの本を基本的に参考にしています。一番便利だったのは、以前にも書いたベビー用のオーガニック・ライス。tamaも大好きでばくばく食べますし、用意するのも簡単なのでとっても助かっています。

アイス・キューブを作る入れ物を使って離乳食を冷凍保存するのは日英共通のようで、私もその方法でやっています。日本の本だと、ピューレにだし汁を混ぜて味付けするようですが、Gina本では野菜・果物だけで、味付けはありません。私もだしをとるのが面倒なので(笑)、食べ物の自然の味で勝負してます(笑)。

Feedingのスケジュールは前にも書きましたが、多少前後はするものの、日中はだいたい《8am, 11.30am, 3.30am, 6pm》の4回。最初の3日間は11.30amの時にオーガニック・ライスを30g作ってあげたところ、完食してしまいました。本当は小さじ1くらいで止めておかなければいけなかったんですけど、tamaの食欲に負けました(笑)。

その次はにんじんのピューレ。次はりんご。そして次はcourgettesのピューレ。それぞれ3日間ずつあげました。にんじんのピューレは最初とってもいやな顔をして吐き出してしまい、大泣きしたので、「むむ、一筋縄ではいかないのかも・・・」と一瞬いやな予感がしましたが、今日ふたたびあげてみたら、美味しそうにばくばく食べていました。いったい何なんでしょうか(笑)。

今は11.30amの時に、野菜か果物のピューレをアイス・キューブ一つ分。それと6pmの時にオーガニック・ライスを30g分あげています。このやり方はGina本を参考にしています。

離乳食を始めてから、日中のご機嫌が良くなったような気がします。やっぱりお腹が満たされていると、かんしゃくも出ないようです。

この後2週間は、更に色々なお野菜・果物を試してみようと思います。
[PR]

by ukpregnancy | 2006-04-23 06:44 | 離乳食
2006年 04月 07日
離乳食始めました
「冷麺始めました」的なタイトルですが、本日離乳食を始めました。

離乳食を始めるポイントは:
① 生後4ヶ月以降 (日本では5ヶ月前後が推奨されているようです)
② 首がしっかり据わり、体を縦にしてお食事を与えられる (内臓機能が発達しているという目安にもなるらしい)
③ 大人が食べているのを見るとよだれをたらし口をもぐもぐ動かす
④ いままでのスケジュールどおりにミルクを上げていると、お腹を空かせて泣き出す
だそうです。

日本で夕食を食べている時、かならず私の口元をじ~~~~っと見て、いかにも欲しそうに口をもぐもぐ動かす上に、歯も生えてきたため、離乳食の始めどきだなぁ、と思っていました。tama姫は今日で5ヶ月と3日。日本で離乳食開始の目安とされている5ヶ月も過ぎたので、思い切って今日始めることにしました。

日本から買ってきた離乳食グッズはこちら↓。
d0027343_20594156.jpg

ピジョンのフィーディング・スプーンのセット調理セットです。スプーンはもちろんイギリスでも売られているとは思ったのですが、調理グッズは見たことが無かったので一応買ってきました。

tama姫は、今日は朝からご機嫌ナナメだったのですが、いつもの11時半のミルクの時間に、代わりにBaby Riceをあげることにしました。

d0027343_20544731.jpg日本では10倍粥を作って食べさせるのが一般的なようですが、イギリスではbaby riceというものが売られています。粉上のbaby riceに、ミルクを混ぜてハイ出来上がり、という簡単なものです。10倍粥を作るのは、簡単といっても手間がかかりますが、これだと随分時間が短縮できます。と言っても私が10倍粥ではなくbaby riceを選んだのは、こちらの方が安全なんじゃないかな・・・とふと思ったからです。

私がいつも購入しているお米は、スペイン産の「みのり」です。ロンドンの日本食屋さんでは良く見かけるおなじみのお米なのですが、毎回これを選んでいるものの、パッケージに大きく「低農薬米」と書かれているのを読んで、ちょっと不安に思っていたりもしました。「無農薬」ならまだしも、「低農薬」ってことは、やっぱり使っているのね・・・って思っちゃいますよね?

10倍粥を作る場合は、このお米を使うことになる訳で、すると少しでもあの小さな体に農薬が入っていくんだなぁ、と単純に思ってしまって。ならば、気休めでも"organic"と謳われているbaby riceにしようかなぁ、と思った次第です。Organicだからと言って、農薬を使っていないわけではないので、あくまで自己満足の世界ですが・・・。

日本で散々食べてきたお魚にもダイオキシンが含まれているでしょうし、それは私の母乳を通してtamaにも入っていっているわけで・・・。子供の身体のことを考えると、こういう事をひとつ取っても、色々と考えてしまいますね。

前置きはこれくらいにして・・・。

11時半、MTVをかけておいたらご機嫌で食い入るようにビデオを見つめていたtama姫に、baby riceを一匙すくってあげてみました。最初はあまり口も開かず、ぺろぺろなめていた感じでしたが、それでも嫌がらず喉に流し込んでいました。その後、4~5口上げていると、口をあ~~~んと開いてどんどん食べ始めました~!! フィーディング・スプーンでbaby riceをすくっている間に、「もっともっとぉ~~!!」と泣いてせがむほど。結局20口くらいは食べたのではないでしょうか・・・。本当はもっと欲しそうだったのですが、最初のお食事なのでこれくらいにしなきゃ、とスプーンを置いて、その後はおっぱいを飲ませました。

こんなに食べた後だから飲むかなぁ、と思っていたんですが、両胸ごくごく飲んでましたねぇ~。結構食が細い子だと思い込んでいたんですが、そうでもなかったみたいです。さすが私の子(笑)。

離乳食一日目は大成功で幕を閉じました。baby riceも気に入っているようなので、明日も同じものをあげてみようと思います♪
[PR]

by ukpregnancy | 2006-04-07 20:59 | 離乳食