Lilypie 2nd Birthday Ticker
カテゴリ:つれづれ( 45 )

2005年 12月 09日
イギリス人ママの必読育児書 Gina Ford (ジーナ・フォード)
乳腺炎の話ばかりではなんなので、今回は最近聞いて驚きのイギリス人ママに人気の育児書の話を。

私の育児経験は、二人の姉の子育てのお手伝いと、妊娠中に買った「たまひよ育児大百科」のような日本の本がベースとなっています。ということで、おのずと日本式の子育て方法が身についているわけですが、今回イギリスで子供を産んで、明らかにこちらの育児法が日本のそれと違うのに戸惑うこともたびたびあります。

まず授乳方法。日本では《子供が泣いたらお腹がすいたと言うこと、おっぱいをあげましょう》というのが一般的なようです。要するに子供が欲しいときにママが授乳する"Feed on Demand"と言う方法を取っています。おまけに《子供が授乳中に寝てしまったら、そっとベッドにおろしてあげましょう》と書いてある本もたくさんあります。

しかしイギリスでは《授乳中に子供が寝てしまうなんて、もってのほか。のちのち夜泣きなどの問題につながる》としていて、してはならないことのひとつに数えられています。子どもが生まれたその日から別の部屋で眠らせるイギリスでは、子供が一人で眠りに付けるようにしつけるのが良しとされています。授乳も子供が泣いたから与えるのではなく、軍隊のようにきっちりきまった授乳スケジュールに従っておっぱいをあげることになります。だいたい3時間おきというのが一般的のようです。

あと、どんな親も突き当たる大きな問題が夜中の授乳。一時間おきに起きる赤ちゃんや、いつまでたっても夜通し寝てくれない赤ちゃんに振り回されることも多いと思いますが、イギリスでは上記のようなきっちりしたスケジュールに沿った授乳をすると、早くて生まれて2~4週間で赤ちゃんが夜通し眠るようになるようです。実際、私の友人の赤ちゃんも、4週目にして夜中の授乳はなくなった、と言っていました。夜10時の授乳後は、朝の7時までぐっすりねむってくれるとか。

d0027343_23473.jpgその友人がバイブルのように妊娠中に読んでいた本が、Gina Fordの"The New Contented Little Baby Book"です。そのときは、興味もなくてあまりちゃんと話を聞いていなかったのですが、よくよく他の人にも聞いてみると、私の知っているママたちの殆どがこの本のスケジュールを参考にして子育てをしていたんです!! (彼女達が、子供がお腹がすいたときに授乳する方法を、「ヒッピー式」とか、「アフリカ風」と呼んでいたのにもびっくり)

この本、とにかく分刻みで授乳時間や遊びの時間、お風呂の時間などが指定してあります。でもその通りに進めると、魔法のように子供が夜眠るようになる、と皆があまりに口をそろえて言うので、いまだに2~3時間おきに授乳に起きなければいけない私としては、誘惑に駆られて、とうとう買ってしまいました。

一昨日から読み出して、昨日は試しにスケジュールに沿った一日を過ごしてみました。Ginaのスケジュールでは、ベビーの日中の睡眠時間は大体4~5時間程度に抑えられています。今まで朝昼合わせて8時間近く寝ていた我が家の姫。そりゃあ夜はぱっちり目が覚めて、全然寝てくれないわけよね。さて、スケジュール通りの一日をこなしてその日の夜は、Gina効果があったかというと、、、姫は疲れきって8時にはぐっすり眠りについてくれましたが、やっぱり夜中の授乳は2時間おきのまま、、、。やっぱり1日じゃ無理ですよね。でも、一度起きるとなかなか寝付いてくれなくて、夜中に4時間起きっぱなし、、、と言うことも今までは何度かありましたが、昨夜は結構すんなり眠りに戻ってくれたんです! 1日目にして既に効果アリ!でした。

日本のママたちからすると「かわいそう」とか「残酷」とか、「親の都合で子供を育てるなんて、、、」など批判も多いと思いますが、興味があるのでしばらくこの方法を試してみようと思います。

いずれにしても乳腺炎の問題があるので、赤ちゃんが夜通し寝ていても、私は一人でこそこそ起きて、3~4時間おきくらいに搾乳しないといけないので、はたしてどれくらいメリットがあるのか、と思ったりもしますが、、、、。
[PR]

by ukpregnancy | 2005-12-09 23:01 | つれづれ
2005年 11月 28日
乳腺炎再発!
抗生物質で収まっていた乳腺炎が再発してしまいました。
おまけに今度は前とは反対側の胸に出てしまいました。
真っ赤にはれて、パンパンに張ってしまい、熱っぽくて再びダウンです。夫に迷惑をかけっぱなしで、なんだか申し訳ないです。

しかし、お医者様(GP)は何だか全然親身になってくれないし、薬を処方されるだけなので、知り合いに聞いて、母乳のエキスパートと言う人に家に来てもらって、色々指導してもらうことになりました。正しい授乳の仕方から、乳腺炎の治し方・防ぎ方まで、2時間みっちり教えてもらいました。お値段110ポンド。でも、とってもためになる2時間で110ポンドの価値はあったかな。

もう少し体調が整ってから続きを書こうと思います。
[PR]

by ukpregnancy | 2005-11-28 04:57 | つれづれ
2005年 10月 29日
Eco Balls アップデート
本日、初めてEco Ballsを使ってみました。

赤ちゃんの新品の肌着等は、一度洗ってから使う方が良いと言われたので、早速Eco Ballsの出番となりました。

洗濯機に普通にお洋服を入れて、箱から取り出した3つのEco Ballsを一緒に入れます。その後は、いつもどおりにスイッチを入れれば良いようです。箱に「60℃以上では使用しないように」と書いてありました。

さて、結果はというと、洗濯機が回っている間、なんだか洗剤を入れたときのような泡が軽くたっていました。洗濯機の中に洗剤がまだ少し残っていて、それで泡が立っているのか、それともEco Ballsの効果なのか、、、よく分かりません。

新品のお洋服を洗ったので、汚れが落ちたかどうかは判断しかねますが、箱に染み取り用のクリームのようなものが入っていて、「頑固な染みには、このクリームを使ってください」と書いてありました。Eco Ballsには染みを効果的に落とす成分は含まれていないので、そのクリームを染みに直接塗ってお洗濯すると良いようです。

ということで、汚れ落ちの程度は今日の段階では分からなかったのですが、ひとつ感じたのは、いつもよりもお洗濯物が柔らかく仕上がっていたような気がします。柔軟材を使わないと、こちらの水では、お洋服がぱりぱりになってしまうことが多いですよね。そういう「パリパリ感」みたいなものは、まったくありませんでした。

あと当たり前ですが、匂いがまったくしません。イギリスの洗剤の匂いが気になる方には良いと思います。

ということで、あまり役に立たないレビューですが、ご参考までに。
[PR]

by ukpregnancy | 2005-10-29 04:07 | つれづれ
2005年 10月 26日
夫のカーディガン ~ 39年もの
イギリス人は物をとっても大切にします。もちろん、大切にしないイギリス人もたくさんいます。これには少し階級格差もあるのでしょうが、私の夫の両親は、ありとあらゆるすべてのものを取って置くタイプです。私の実家の両親も物を捨てないタイプですが、夫の両親の足元にも及びません。

ということで、今回子供ができて、改めて義理の両親の物持ちのよさを実感しました。というのも、夫が赤ちゃんのときに来ていたお洋服、おもちゃ、ベッド、イス、、何から何まですべて取ってあるんです。昔のハロッズやセルフリッジズ(←ロンドンのデパートです)のお買い物袋に入っていたりして、超レトロ。夫は現在39歳なので、全てほぼ40年もの、、、という年代モノです。

最初にこの話を聞いたときは、かなり驚きましたが、よくよく見てみてると、おもちゃはブリキ、ベッドやイスもベニヤなどの安っぽい木やプラスチックでできているわけではないので、なんだかどっしりしていて、かえって可愛いかも、、、なんて思い始めました。

d0027343_20491320.jpgこれが夫が赤ちゃんの頃に着ていたカーディガン。









d0027343_20575577.jpgおもしろいので、夫の子供時代の写真にあててみました。ふふふ。お帽子付です。

しかし一番驚いたのが、布オムツまで取ってあったこと! さすがにこれは使えません!! 「私は紙おむつを使う予定なので、、、、」とやんわり(?)スーツケースの奥に押し込みました。
[PR]

by ukpregnancy | 2005-10-26 20:57 | つれづれ
2005年 09月 07日
子宮筋腫について
このブログに遊びに来てくださるいちごさんからのコメントですが、コメント欄よりもこちらの方がより多くの方の目に留まり、どなたかから良いアドバイスをいただけるかもと思い、転載させていただきます。

***************************

先日急に筋肉痛のもっとひどい痛みが急に腹部に感じあわてて病院にいきました。その結果一つしかなかった子宮筋腫が3つ増えていて合計4つになっていてそのうちの1つが5CMの大きさになっていたため激痛につながったのだとか・・・・。しかもエコーで見たら赤ちゃんの頭の倍以上だったのでかなりパニックになりましたが幸い産道付近にはないためこのまま様子を見ようということになりました。もし10CMくらいになったらまたその時考えようっていわれました。私的にはそう遠くない未来のようなことのように思えます。どなたかこんな経験をお持ちの方いらっしゃったらアドバイスいただけますか?

***************************

私個人はこういう経験は無いのですが、ネットで調べる限り、できる場所と種類によっては全く問題が無いと書いてありますね。あと、大きくなっても技術のある医師による手術が可能だそうです⇒http://www.combibaby.com/tool/faq/pre_01/10.html

ご心配だと思いますので、何かご存知の方がいらっしゃったら、アドバイスをよろしくお願いします。
[PR]

by ukpregnancy | 2005-09-07 08:50 | つれづれ
2005年 08月 20日
美しい話ではないのですが、、、便秘対策です。
いちごさんのコメントに書かれているのを見て、「そういえば、私も随分便秘に関しては情報を集めたなぁ、、」と思い出しました。妊娠中は便秘になりやすい人がやはり多く、ネット上にも色々な人の体験記や対策が載っていたので、そちらも参考にしました(プレママタウン大手小町など)。妊娠中に増加する黄体ホルモンが、腸の動きを鈍くする、というのがひとつの原因みたいですね。

妊娠前から便秘は大嫌いなので、私もかなり気をつけていますが、妊娠中の便秘は、いつもよりも不愉快で、なんだか気分もすっきりしません。試せることは全て試していると言う感じ(笑)。

お腹のマッサージも、赤ちゃんを押しつぶしてしまうのではないかと気になってなかなか出来ないので、それ以外の方法を試さなければいけません。ということで、美しい話ではありませんが、誰かの参考になればと思い、一応私の対策法を載せておきます。

妊娠初期に一番効いたのは、朝起きてすぐの冷え冷えミルク。く~~っと一気に飲むと、腸がごろごろ言い出すのが良く分かります。これは、起きてからちょっと時間が経ってからやってもあんまり効かないんですよね。ということで、私は毎朝夫にベッドまでミルクを持ってきてもらって、目が覚めてすぐ飲んでいました。その後一時間以内に朝食を食べると、さらに効果があるような気がします。

あと、ネット上で人気があるのがプルーンです。私もオーガニック・ショップでプルーン・ジュースを買って飲んだりもしていましたが、やっぱり本物のドライ・プルーンのほうが効きがいいような気がします。今は、朝シリアルに、これまた便秘に効くヨーグルトと一緒に5~6粒かけて、食べています。これをやりだしてからは、問題は全く起きていません。

あとは、白いパンは、便を硬くする『ガム』のようなものだとテレビで言っていたのを見て、白米や白パンをやめて、玄米やWholewheatなどのブラウン・ブレッドに変えました。ここ1週間ほどは、パスタもいつものDe Ceccoはやめて、オーガニックのWholewheatのものにしています。

あとは、体操! 私はたまひよ大辞典で読んだ「便秘体操(?)」を、寝る前、それから朝ミルクを飲んだ後にやっています。 果たして効いているのかどうか分かりませんが、藁をもすがる気持ちで、やれることはやっているという感じです。

こうやって書いてみると、既にさまざまなところで言われている事ばかりなんですが、やはりこれらを根気良く、日常生活で実行するのが大事みたいですねぇ。

** 明日から3週間ほど、田舎の家に引きこもり、ロンドンにはたまにしか戻ってこない予定です。ブログの更新も滞るかと思いますが、どうぞまた遊びに来てください。 **
[PR]

by ukpregnancy | 2005-08-20 06:02 | つれづれ
2005年 08月 14日
新生児を飛行機に乗せるには、、、。
またまた飛行機ネタです。

子供をイギリスで産んだとして、いつごろから飛行機に乗ってお里帰りが出来るか疑問に思ったので、調べてみました。11月に産んで、最初のクリスマスはイギリスで過ごし、その後1月に日本に戻ろうかなぁ、と今のところ思っているのですが、そうなると子供は生後2ヶ月程度。長時間のフライトは大丈夫なのか、なにより飛行機自体に乗せていいのかなぁ、、、と。

それで調べてみたのですが、JALANA共に、

* 生後8日以降の新生児なら搭乗できる

そして

* 座席を使用しない場合でも、大人運賃の10%を支払わなければいけない

というのも初めて知りました。これは正規運賃の10%なのか、それとも割引運賃の10%なのか、、、。空いているときならばいいのですが、そうでないと10何時間、子供を抱いたままのフライトって、不可能じゃないですか? いつも子供づれの女性は、エコノミーの一番前、スクリーンの真ん前の席に座って、子供をバスケットに入れて台の上に乗せているのを見ますが、あれも結構窮屈そうだし。

あと、ネットで見る限り、気をつけなければいけないのは、

①離着陸の際に子供の心臓に負担がかかる
②赤ちゃんは自分で耳抜きができないため、離着陸の際に耳が痛くて泣いてしまうことがある

という2つらしいです。

①番はもちろん対処法などないので、どうしようもないのですが、②番に関しては、耳が痛くならないように離着陸時に飲み物を飲ませる(もしくはおしゃぶりをしゃぶらせる)のが解決策だそうです。

飛行機に乗るときの注意を経験談を交えて詳しく説明してくれている便利なサイトがありました。リンクはこちら。飛行機に乗るときに準備した方が良いものや、ミルクを飲ませるときの注意点、機内での過ごし方など、至れり尽くせりの情報です。

こういうことって、子供がいないと本当に知らないことばかりですよね。疑問にぶつかりながら、その度に解決していかなければいけない手探りの日々が、ひたひたと近づいてきているのを感じます。楽しみなような、、、面倒なような、、、。
[PR]

by ukpregnancy | 2005-08-14 07:09 | つれづれ
2005年 08月 12日
産休
今日から産休に入りました! 
法律で定められている日にちより2日ほど早いのですが、ボスのご好意で、少し早めの産休開始です。

朝いったん通勤時間に目が覚めて、朝ごはんを食べたらまた眠くなってしまって、ベッドに戻ったらお昼の3時半まで熟睡してしまいました、、、。こういう生活が出来るのが新鮮でしょうがないです。

産休中を有意義に過ごすためのプランを立てないと、こうやってだらだら過ごしてしまいそうで怖い。

明日は久しぶりに助産婦さんとアポイントメントが入っています。体重が随分増えたうえ、お腹が臨月みたいに大きいので、子供のサイズが大きすぎないか確認しなくては。
[PR]

by ukpregnancy | 2005-08-12 08:36 | つれづれ
2005年 07月 17日
坐骨神経痛(sciatic nerve)??
ここ2週間ほど、左腰の痛みに悩まされていましたが、2~3日前から、その痛みが我慢できないほどのものになってきました。とにかく、神経をえぐられるように痛い。座っていると大丈夫なんですが、立ったり歩いたり、体の向きを変えようと思って少しでも動くと、ずっき~~~~~~~んっと、とにかく痛いんです。

3月上旬に妊娠が判明してからほぼ4ヵ月半が経ちますが、この間、体に不調もなく、普通に過ごせた日々は、数えるほどしかないような気がしてきました。

3月~4月は、つわりでなんだか気分がすぐれず。
5月にやっと良くなってきたと思ったら、下旬からは激しい花粉症に悩まされる。
6月中は花粉症の鼻づまりで息も出来ず、下旬になってやっと落ち着きだしたら、心臓の問題が起きる。
7月に入り心臓事件のショックも抜けて、再び平穏が戻りつつあると思ったら、この激痛、、、、。

妊娠中は腰痛が起きやすいとは聞いたり読んだりしていたんですが、こんなに痛いとは聞いてないぞぉ~~!!

あまりの痛みに、昨日指圧に行ってきましたが、今のところ変化は何も起きていません。
皆からは坐骨神経痛ではないかといわれています。英語ではsciatic nerveというそうです。
なんだか、妊娠してから、医学関係の英単語も随分覚えましたが、まさか坐骨神経痛を英語で言うようになるとは、、、。今度は鍼灸に挑戦してみようかな。

妊娠って、本当に大変です。正直、誰にもお薦めしません(笑)。
[PR]

by ukpregnancy | 2005-07-17 07:10 | つれづれ
2005年 07月 04日
22週2日 胎動キック2 
最近のお腹の中のスポックの元気ぶりはすごいです。
母親の私は、なんだか弱っているというのに。
仕事中も胎動があって、結構びっくっとなってしまいます。

これだけ胎動が激しいと、夫が「触りたい、触りたい!」と興奮して手を置くのですが、そのたびに「ぴたっ」と動きが止まるから面白い。私とは違う大きな手の感覚に警戒しているのでしょうか。LondonNKさんのブログにも書いてありましたよね。

ところが、昨晩、夫が初めて胎動キックを感じるのに成功して、かなり喜んでいました。

「おぉ~、キックしている♪ いや、これはキックじゃなくて、パンチかなぁ~っ。ここに足があるということは、頭はこっちでぇ~」なんてニヤニヤして興奮していました。男の人にとっては、やっぱりこういう赤ちゃんの動きを感じるというのは、新鮮なものなんでしょうね。

まぁ、とにかく良かった。子供が生まれたときに育児を手伝ってもらうためにも、今から子供には夫に慣れておいてもらわないと♪
[PR]

by ukpregnancy | 2005-07-04 22:15 | つれづれ