Lilypie 2nd Birthday Ticker
カテゴリ:つれづれ( 45 )

2005年 06月 30日
21週4日 ミ、ミルクが、、、!
あれは、6月28日、火曜日のことでした。
心臓の事件があって、会社をお休みしていたのですが、するとどうも着ていたパジャマからミルクが染み出ているのが分かりました、、、。なんだかすごくショックでした。

誰も興味がないと思うのですが、記録のために一応書いておくことにしました。
[PR]

by ukpregnancy | 2005-06-30 22:51 | つれづれ
2005年 06月 30日
妊娠中・発作性心房細動、、、らしいです
更新を怠っていましたが、それにはちょっとした理由があります。

会社の友人が9年勤めた会社を辞めることになり、同僚達とベトナム料理屋さんでお別れ会をすることになりました。生春巻き、牛肉や海老のPhoをたらふく食べた後、近くのカフェでチーズ・ケーキにアイスティで締めくくり、お腹はパンパン。帰途に着いたのは11時過ぎでした。

家に戻ってきてからも、こまごま色々なことをしていて、ベッドにもぐりこんだのは1時くらいだったでしょうか。しかし、いつものように、あっという間に眠りにつき、ぐっすり眠っていたと思いきや、、、夜中の3時ごろに息苦しさで目が覚めて、自分の心臓の異変に気づきました。

、、、。動いてない、、、。

あせったものの、目が覚めたばかりで何が起きているのか良く把握できず、5秒くらいぼ~っとしていると、ブン! 急に動き出して、その後はずっと心音が150を超えて、おまけにすごい不整脈。息も絶え絶えで、本当にこのまま心臓発作で死ぬかと思い、少し驚きました。

そこで、たまたまお手洗いに起き上がった夫に、『心臓がおかしいの。救急車呼んでぇ!!』と叫んでいました。

その後、救急車が来るのにどれくらいかかるか分からないから、僕が車で病院まで連れて行くと言い張る夫でしたが、そんな事言っている間に、さっさと電話してよっ、と再び叫んで、やっと救急車を呼んでもらうことに成功。彼の心配をよそに、10分以内に救急車が到着して、ひと段落となりました。

救急車が到着するその10分間に、私がせっせとパジャマからお洋服に着替えて、顔も洗って歯も磨いてと、身だしなみを整えているのを見て、夫はあきれていましたね、、、。私ってやっぱり日本人なんだな、とふと思った瞬間でした。

救急車到着後、体に心音を図る機械(?)をつけてくれたのですが、ず~~っと見ていると、私の心臓、130から190の間をいったりきたりしているんです。超不規則な心臓で、改めて数字で見ると少し不安になりましたが、救急隊員の人が、『大丈夫だよぉ~~』とそばにいて励ましてくれたので、とっても安心できました。やっぱり、夫より頼りになるわ。救急車呼んで良かった♪

家から車で15分程度のSt. Mary病院に担ぎこまれました。ちなみに、ここは私がお産をする予定の病院でもあるのでした。

救急のお部屋に運び込まれ、唯一空いていたベッドをあてがわれました。体中に心電図用の線(?)を貼り付けられて、左手には、お薬や点滴を入れるための金属のチューブみたいなものをさされて、これが怖かった。本当に病人っぽく見えるんです。

そこで安静にしていると、心臓外科の先生が20分後くらいにやってきました。私が妊娠している旨を伝えると、お薬を使うわけにはいかない、ということになり、このまま当分様子を見ようと言うことになりました。

1時間以上経過。状態が変わらない私に会いに、もう一度先生がやってきました。もしこのまま不整脈が24時間以上元の状態に戻らなかったら、最悪の場合全身麻酔して、心臓に電気ショックを与えて、脈を整えなければいけないかもしれない、と言われてびっくり!!

お腹の赤ちゃんは、、、って言ったら、まぁそのときに考えましょう、母体の方が大事だから、、みたいな感じでした。そのとき真剣に、そういう状況になったらどうしよう、、、と考え出して、少しブルーになってしまいました。

2時間くらい、ずっとそんな感じで、様子見の時間が続きました。その間夫がずっ~と心配そうに横にいて喋っていたから退屈はしなかったのですが、今思うとこれが良くなかったのか。というのも、夫がお手洗いにたって席をはずした瞬間(また、トイレ。彼はトイレが近いのです)、独りきりになって、急に喋るのをやめて、目を閉じて、本当の意味で『安静』な感じになったら、心臓のスイッチが急に、『カチッ』って変わった感じになって、心音が落ち着きだしました。夫が戻ってきた頃には、心音が80~90間に変わっていたんです。

先生にも『that's a miracle!!』と言われて、その後1時間後くらいに、救急病棟から通常の一般病棟に移されることになりました。そこでさらに2~3時間のんびりして、心臓外科の先生から、スキャンを受け、「大丈夫」のお墨付きをもらい、そのまま夫に連れられて家に帰ったのでした、、、。

ちょっと長くなりましたが、これが先週末の一連の出来事でした、、、。発作性心房細動は、妊娠中に起きることがままあるそうで、それほど珍しいことではないようです。妊娠中は、通常より多くの血液量を体中に送り込んでいるので、心臓にいつもより負担がかかっているとか。最近調子が良かったので、調子に乗って会社の後にお出かけする日々が続いたせいでしょうか。それとも花粉症のせいで、眠れない夜が続いているせいなのか。いずれにしても、体がSOSを発していたのに気が付きませんでした。

これからは、安定期だからと安心せず、のんびり過ごそうと肝に銘じた週末でした、、、。

ちなみに、ここの病院の看護婦さんは、全員フィリピン人でした。イギリスでは医療関係者の数が絶対的に足りていないので、海外からお医者様や看護士さんたちをリクルートしていると言う話は前にも書きましたが、今回身をもってそれを体験することとなりましたぁ。
[PR]

by ukpregnancy | 2005-06-30 05:22 | つれづれ
2005年 06月 15日
胎動キック
昨日の夜、ソファーにごろ~んとなって、テレビを見ていたら、確かな胎動を感じました。

前にも同じような『コロン、コロン』という変な動きは感じていたんですが、『胃がごろごろいっているだけかなぁ、、、』程度に受けとめていました。しかし、昨日はお腹に手を当てていたら、キックを入れられた感じ。触られたくないってこと?

一応生きてるんですね。安心しました。
[PR]

by ukpregnancy | 2005-06-15 17:47 | つれづれ
2005年 06月 13日
お産・子育て関係のイギリスのTV番組
"Desperate Housewives"(死に物狂いの主婦たち)というアメリカで人気のドラマ、聞いた事ありますか? 日本ではまだ放送されていないようですが、イギリスでは先日シリーズ1が終了し、爆発的、とまでは行きませんが、 "Friends" と "Sex and the City" 無き今、根強い人気を誇っています。

現在、その人気ドラマのタイトルに引っ掛けて、"Desperate Midwives"(死に物狂いの助産婦たち)と題されたドキュメンタリーが放送されています。

これが、グロイ。

イギリスで活躍する助産婦さんたちの日々を追いかける、という体裁でしたが、出産シーンがばっちり映っていて、30分の間に、生まれたての血だらけの赤ちゃん(へその緒付き)を3回くらい見せ付けられて、なんど吐きそうになったか。

私は大きな病気や怪我をしたことが無く、病院も大嫌いなので、血やお産の時の痛み、病院内でうんう~んと唸っている自分を想像するだけで、結構引いてしまいます。しかし、この番組で、無事に子供が生まれてくるのを当たり前のように何度も見ると、まぁ、私も大丈夫かな、、となんとなく安心できて、少しは役に立ちました。

その他、現在イギリスでは、やんちゃでどうしようもない子供たちを、プロの精神科医やナニー(乳母?)の手助けで、良い子に変身させる、、というプログラムがとっても流行っています。代表的な番組が、Channel4の"Supernanny"、あとBBCの"Little Angel"と"The House of Tiny Tearaways"。恐ろしいほど親の言うことを聞かなかった子供たちが、4週間ほどの期間に、驚くべき変貌を遂げます。子供ってやっぱり育て方ひとつで、ここまで変わるんだなぁ、と感心しながら見ています。

ところで、こちらが本日(6月13日)のBBC3の夜の番組表です。上に登場したお産と子供に関する『主婦番組』のオンパレード。

19:00 : The 7 O'Clock News
19:30 : The House of Tiny Tearaways
20:30 : Little Angels
21:00 : Desperate Midwives

BBC3は、デジタル放送専用チャンネルなので、かなり偏った番組編成なのはまぁ分かりますが、それにしても、、、。
[PR]

by ukpregnancy | 2005-06-13 22:55 | つれづれ
2005年 06月 04日
5月26日(木) 戌の日に腹帯をつけてみました。
そういえば、少し前の話になりますが、日本の母が、日本食と一緒に腹帯を送ってくれました。

妊娠をするまで、聞いたことも無かったこの「腹帯(はらおび)」なるもの、昔はさらしのようなものを巻いていたようですが、今はガードルみたいな「パンツ型」なっていました。

私は縁起かつぎ、占い、神頼み等、通常一切しませんが、今回はちょっと面白いのでやってみることにしました。『戌の日』、と言うのがまず可愛いらしく、私の興味をそそります。5月の戌の日は26日だそうです。

母曰く、妊娠5ヶ月目に入ったら、戌の日に腹帯をして、出産の無事を祈る、、のが昔からの慣わしということです。母は、信心深く、占いも大好き、縁起が良いとなれば、ありとあらゆることをするタイプです。おまけに、お庭にある小さな祠(?)のようなところで、毎日お祈りもしているんです。唯一持っている妊娠関連の本、「たまひよ妊娠大百科」で、この腹帯の存在を知ったときから、「絶対送ってくる、あの人は、、、」と確信していました。

送られてきた腹帯には、母がお祓いに行った神社のスタンプが押されていました。、、、。これ洗ったら落ちちゃうんじゃないかしら。

小包が届いたので、御礼を言おうと母に電話をした時に、なぜ『戌の日』なのか聞いてみたところ、「犬のように、赤ちゃんがコロッとうまれてくるように」という安産の願いが込められているとか。これ本当? なんだか安易で信じがたいし、犬の赤ちゃんってコロッと生まれてくるんですか? 結構苦しそうだけど。

いずれにしても、腹帯をつけて、一緒についていたお札を南の方角の風通しのいい高いところにセロテープではりつけました(←これって既に間違ってますよね?)。もうひとつ腹帯と一緒に入っていたお守りは、毎日使っているかばんのポケットに忍ばせて、と。

すべての「儀式」を済ませた後、速攻『腹帯』を脱ぎ捨て、たんすの奥にしまいこみました。
[PR]

by ukpregnancy | 2005-06-04 01:49 | つれづれ