Lilypie 2nd Birthday Ticker
カテゴリ:Baby用品( 10 )

2006年 11月 18日
ベビー・ゲート 【英: safety gate】
赤ちゃんがハイハイをしだすと、家の中の階段が気になり始めるのではないでしょうか。pochi家にも階段があるので、何ヶ月も前にこのKiddyguardを買ったのですが、取り付けるのが面倒で、今の今まで箱に入れたままでした・・・。

わが家には2段ほどの小さな階段(というか段差)がある場所があるのですが、私が目を放している隙に、そこから何度か落ちて痛い目を見たtama先生。階段は痛いものと刷り込まれたせいか、何段もある本物の階段から降りようとしたことはありませんでした。

ところがお誕生日数日前に、後ろ向きに段差を降りるのを教えて以来、嬉々として小さな階段を降りるtamaが、本物の階段に挑戦しようと、後ろ向きにずりずりしだしたのを目撃してから、私もpochi夫もやっと重い腰を上げて、このKiddyguardの取り付け作業にかかることになりました。

他のブロガーのご主人は、お家の改造までやってしまえるほどのDIYエキスパートのようですが、pochi夫は本当にそういうものが苦手。面倒で細かいことは大嫌いな彼は、ねじを取り付ける場所もしっかり計らず、てきと~~~に取り付けようとしたため、見事失敗・・・。ハンディマンに頼んでやってもらおうと言い出したので、結局私がやりました~~~(怒)!! あの人、何なんでしょう! わが家は夫と妻の役割が、完全に他の家と逆転していますね。カメラやビデオも私が担当だし、お掃除はpochi夫の方が得意だし(爆)。

普通のベビーゲートだと一番安いものなら20ポンドも出せば買えるのですが、このKiddygateは50ポンド近くします。しかし、これが結構な優れもので、本当に場所をとらないんです。あの大きな枠のゲートと違い、ブラインドのようにするりとたたむ事ができるので、使っていないときは、白い棒が壁に取り付いているだけと言う状態。ドイツ製だけあって性能も良く、狭いわが家にはぴったりで大満足です。
d0027343_19153.jpg
使い始めてまだ数日と言ったところなので、耐久性は分かりませんが、とりあえずはこれでtamaが階段から落ちることはない・・・とホッと一安心。こういうものをひとつ決めるのにも、ネットで時間をかけて探したりするので、赤ちゃんグッズは大変だわ~。ちなみにわが家は、いつも使っているKiddicareで49.99ポンドで購入しました(ちなみにJohn Lewisだと55ポンドです)。

ということで、なんだかいきなりでしたが(笑)、使えるベビーグッズの紹介でした。
[PR]

by ukpregnancy | 2006-11-18 08:15 | Baby用品
2006年 06月 17日
ベビーカー用パラソル(日傘)比較
最近日差しの強い日が続いていますね。夏よりも6月などの初夏の方がUVの量が実は多いと読んだことがあるので、今が一番お肌に良くない季節のようです。

赤ちゃんのふにゃふにゃのお肌を守るためにもサンクリームを塗るのはもちろんのようなのですが(と言っても、まだ私はぬったことありませんが)、やはりベビーカー用のパラソルを使う人を多く見かけて、「む、アレは買わねば」と思い立ち、この前お店のはしごをして色々と試してみました。ちなみに、今回私が試したバギーは、上司の方から頂いたcombiのB型バギーです。とにかく軽くて最近はもっぱらこれを使用中。ということで、どんなバギーにも使えるパラソルを探していました。(ところで日本でもこういったパラソルの使用は一般的なのでしょうか? バギーの日よけが大きいものが多そうなので、そちらで十分カバーできるのでしょうかねぇ)

1. John Lewis パラソル £14

d0027343_5582615.jpgJohn Lewisで手に入るパラソル。黒と紺色があります。超普通のパラソルですが、バギーにはさむためのクリップ部分がとにかく頼りない。ギュ~ッと締めればいいのですが、形が合わないのか(クリップの開き具合が狭すぎ!)、グラグラ感がぬぐえません。しかしとりあえず及第点と言ったところ。ただ、広げようと思って、ねじをぐるぐる回していたら、ポロンと回し手が取れてしまいました。ちゃちだなぁ。でもお値段も安いし、バギーにしっかり付くのであればOKかも。






2. Bugaboo パラソル £24.95

d0027343_6101421.jpgJohn Lewisで手に入るもう一種類のパラソルがこちら。大人気のBUgabooのパラソル。色の種類がとにかく多いので、合う色があるならこれでも・・・と思って試しましたが、Bugaboo専用パラソルなので、調整不可能。問題外でした。ちなみに色は6種類ありました。








3. Mamas&Papas パラソル £15

d0027343_6103426.jpg最近Regent Streetにお店をオープンしたMamas&Papas。この日はたまたまM&Pのバギーを使っていたので、試しにこちらのパラソルも。ところが、専用のパラソルのはずなのに、1番のJohn Lewisのパラソルよりもお粗末なクリップで、全然装着できず。お店のお姉さんに頼んでつけてもらったんですが、「あら、どうしてかしら。むむ」と困惑気味。なんとか無理やり取り付けたものの、フィット感がイマイチなので、ぎゅぎゅ~~~っと全身全霊込めてねじを回していたお姉さん。なんだか怖かった(笑)。もちろんcombiのバギーにつけるのも心もとないので却下。こちらにはもう一種類パラソルがありましたが、どちらもクリップは同じものだった様子。両方ダメ~。良いトコなしです。

しかしフォローもしておくと、こちらでこの前Travel Cotを購入したのですが、こちらは大満足!今度時間があるときに、そちらの記事もupしますねぇ。


4. mothercareのパラソル £14.99 pochiお薦め☆☆☆

d0027343_6181896.jpgなんの変哲も無いこのパラソルの装着感が一番良かったです。色も何色か揃っていました。mothercareのバギーの色にあわせた商品展開のようです。クリップの部分の安定感も良いし、回しやすく、combiのバギーにもぴったりフィットしました。可愛いさには欠けるけれど、こういうものは実質重視でと言うことで、私はこちらのカモフラージュ柄を購入。

ところが、今日たまたまラジオで、このパラソルの話をしていました。やはり色が薄めのパラソルではUVカットの効果も乏しいそうで、無難な黒を買うのが一番良いと言っていました。もしかしたら交換しにまたmothercareに行ってしまうかも・・・。なんて心配していても、このままロンドンの夏がシリツボミ的に終わってしまいそうな気もしていますが(笑)。


ご参考までにどうぞ。なんだかwhich? onlineのようなスレッドになってしまいましたね。
[PR]

by ukpregnancy | 2006-06-17 06:22 | Baby用品
2006年 05月 08日
TOPSHOP発の子供服 TOPSHOP mini
先週末の話なのですが、4月26日発売になったTOPSHOPとCelia Birtwellのコラボものを見に、オックスフォード・サーカスまで行ってきました。

Westbourne GroveにあるCelia Birtwellのお店が好きで、子供ができる前は、気が向くと週末にThe Cowでランチをして、その後Celia Birtwellのお店に立ち寄るというのがお約束になっていました。70年代に人気を博した彼女がデザインするファブリック、いい感じなんです。このお店には主にインテリア用のファブリックが置いてあります。

夫が子供部屋のブラインドを買っている間に、私はひとりでTOPSHOPにダッシュ! 人ごみを掻き分けて地下に降りていったら・・・・ない! やっぱり売り切れでした~~! 別に買う気はなかったんだけど、彼女のファブリックでどんなお洋服を作っているか興味があったのに・・・。発売後3~4日しか経ってなかったのになぁ。でもものすごいパブリシティだったので、人気商品になっちゃったんでしょうねぇ。いくつも買ってオークションサイトで売っている人もいそうだわ。

意気消沈でエスカレーターを上がったところでふと横を見たら、なんとベビー服売り場がある! TOPSHOPらしくトレンドを意識したプリント柄のロンパースやサマードレスがあって、結構可愛いかも。お値段もだいたい5~20ポンドとTOPSHOPらしくリーズナブルでした。売り場も小さいし、あまり種類もなかったのですが、今後の展開に期待大です!

で、今日ウェブサイトで調べてみたら、このTOPSHOP mini、4月に始まったばかりだそうです。TOPSHOPファンのyummy mummyの日本人ブロガーの皆様、お近くにいらっしゃる際は是非どうぞ。私も2~3着買ってしまいそうです(笑)。
[PR]

by ukpregnancy | 2006-05-08 23:46 | Baby用品
2006年 03月 09日
日本製のオムツと母乳パッド
日本に来て、赤ちゃん用品で一番最初に買ったものが、オムツおしりふき、それに母乳パッドでした。

日本製のおむつの素晴らしさは、他の方のブログで読んでいたので期待していたのですが、やっぱり人間慣れなのでしょうか。我が子はどうも日本製のオムツがお気に召さなかったようで、最初の1週間くらいはオムツを替えるとモゾモゾして、自分の好きなポジションにオムツを移動させているような感じでした(←そんな風に見えました)。

そのせいなのかどうかは分かりませんが、その間はいつもオムツがずれてしまっていて、縦モレがひどく、肌着を何度も交換しなければいけなかったりして。イギリスで使っていたオムツはNature Boys&Girlsという環境にやさしいという触れ込みのもので、日本のオムツの様に吸収性もよくありませんでしたし、ごわごわしていて、いかにも肌触りが悪そうだったのに、姫はそちらの方が肌に合っていたんでしょうね。日本のオムツを使うようになったら(その時はメリーズ)、あっという間にオムツかぶれが出来てしまいました。 何故?! イギリスでは出来たことなかったのになぁ。

日本に来て一ヶ月が過ぎた今、彼女もやっと日本製のオムツの優秀さを認めたのか、最近はモゾモゾもしなくなりました。ということで、縦モレ、横モレ、ともにゼロ。やっぱり日本のオムツはすごい! でもオムツかぶれは相変わらずです・・・。

d0027343_1453077.jpgしかし私が一番驚いたのは日本の母乳パッドです。イギリスの母乳パッドは↑のオムツ同様ごわごわで、ティッシュを何枚か重ねただけか!というような吸収力。おまけにおっぱいを吸うと、重みであっという間にブラジャーの下の方に、ボトリッと落ちたりしていましたが、日本の母乳パッドはすごい。オムツと同じように水分を吸うとゼリー状に固まりますし、両面テープがついているので、落ちることもありません。イギリスのものより直径も1周り大きい感じで、とにかくよく出来てます。

しかし私も最初の一週間は、そんな親切設計がわずらわしく、『イギリスのものの方が、濡れたら濡れた感じがして、分かりやすいなぁ』なんて思っていましたが、日本の物に慣れてしまった今、もうあのごわごわ母乳パッドに戻れるかどうか。

赤ちゃん用綿棒に続き、イギリスへのお持ち帰りリストに加えることになりました。10年ちょっと前、イギリスに超薄型のナプキンがまだなかった当時、母から送ってもらっていたことを思い出したりしました・・・。
[PR]

by ukpregnancy | 2006-03-09 15:00 | Baby用品
2005年 10月 17日
Eco Balls ~赤ちゃんのお肌に優しい、洗剤要らずの優れもの
昨日、第3回目の両親学級に行ってきました。

d0027343_211953.jpgそこで勧められたのが、こちらのEco Balls。赤ちゃんのお洋服を洗うのに、イギリスでは一般的に、"NON-BIO"の洗剤を使うように勧められます。酵素が入っていないもののようで、赤ちゃんのお肌に優しいとか。しかし、このEco Ballsは、普通のNON-BIO洗剤よりも、さらにお肌にお優しい究極のエコ商品だそうで、このUFOのような3つの円盤状の物体を、お洋服と一緒に洗濯機に入れるだけで、洗剤なしでも、頑固な泥汚れがポロリと落ちるとか。実際に使っている助産婦のKateが絶賛していて、クラスの中にいるママも早速購入したようです。アトピーや湿疹のある子供がいる家庭に、是非お薦めの商品だそうです。

ということで、わが家も本日インターネットで買ってしまいました。送料無料でしたが、Eco-Balls自体は36ポンドと結構良いお値段です。日本円にすると7000円程度! しかし、これで1000回以上お洗濯に使えるそうです。わが家は今のところ週に2~4回しかお洗濯をしないので、多めに使っても4年近く使えることになります!果たして本当にそんなに長持ちするのかは謎ですが、赤ちゃんのデリケートな肌には一番の洗濯用品のようです。
[PR]

by ukpregnancy | 2005-10-17 21:40 | Baby用品
2005年 09月 23日
イギリスのおむつ事情 《紙おむつ vs 布オムツ》
下のブログに書いたように、急ピッチで赤ちゃん用品をそろえているところです。

とりあえず買ったものが、、、①抱っこ紐、②哺乳瓶の4本セット、それに③おむつです。

d0027343_8391530.jpgおむつは、子供に合う合わないがあるため、まとめ買いをしないように、と雑誌に書いてあったので、とりあえず近くのスーパー、Sainsbury'sで売っている"Nature Boy&Girl"の28枚入りを購入しました。3.78ポンド(700円程度)! 高いのか安いのか、よく分かりません。

下のブログにも書いたように、たまたま買った雑誌"Mother&Baby"で「新生児用のオムツガイド」という特集をしていたので、それを参考にしました。比較対照に上っていたオムツ・ブランドは以下の通り。10ポイント満点です。

Pampers New Baby (8ポイント) 
   日本でもおなじみパンパース。吸収力抜群らしい。ソフトでフィット感も◎。エコ系にうるさく、布オムツや紙おむつでも特別なものを使っているママも、夜だけパンパースを使っているようです。

Huggies Newborn (7.5ポイント)
   ハギースも日本で売っているかな? ここのは意見が分かれていました。好きな人は大好きで、だめな人は全然だめ。フィット感は良いようです。

Tesco Ultra Soft (7ポイント)
   大手スーパー・Tescoの自社ブランド。腰周りのゴムの伸びが悪く、上手くフィットしないらしい。吸収性はまあまあ。

Asda George Baby (6ポイント)
   こちらも大手スーパー・Asdaの自社ブランドもの。ここのは皆さん、気に入らなかったようで評判が悪いです。買わないようにしようっと。

Nature Boy & Girl (8.5ポイント)
   今回一番高得点を獲得した"Best Buy"賞のおすすめオムツ。

Boots Newborn (7.5ポイント)
   ギンザに出店するも撤退したイギリス大手ドラッグ・ストアのチェーン、Bootsの自社もの。体にもよくフィットし、吸収性もとてもよいらしい。"Best Value"賞に輝いています。でも、なぜか7.5ポイント。

イギリスではどうも、大手スーパーや薬局が出している自社ブランドのオムツが一般的なようです。日本もそうなんでしょうか? パンパースとムーニーくらいしか見たことが無いんですが。

今回の調査で《Nature Boy/Girl》が高得点だったのは、どうも『環境に優しい』というのが理由のようです。使用したママの意見が紹介されているのですが、「吸収力・フィット感はイマイチだけど、環境に優しいからこれを使う」という意見がありました。知り合いのママ仲間にも、「環境に優しい"Moltex"というブランドのオムツを使ってね!」ときつく言われました(←このアドバイス、無視している私です、、、)。でも、Nature Boy/Girlもエコロジカルなので、彼女も許してくれると思うんですが、イギリス人はやっぱりこういうところでも環境問題には敏感なようで。ゴミは分別しないのに。

あと、LondonNKさんの布オムツに関するコメントを読んで、少し付け足し。イギリスには、布オムツを毎週回収して洗浄し、再びお家に届けてくれるという、とっても便利なサービスが普及しています。おまけに自治体が布オムツを推奨しているので、カウンシル(区)によっては、補助金(35ポンド~50ポンド)がもらえる場合もあります(ロンドンだと、Westminster, Camden, Hackney, Islington, Richmondなどが補助金を出しています)。

サービスを提供している会社で、私が知っているのは以下の3社。

● Cotton Bottoms (www.cottonbottoms.co.uk)

● Number One for Nappies (www.numberonefornappies.co.uk)

● Nappy Ever After (www.nappyeverafter.co.uk)

最初に約80ポンドくらい初期費用がかかり(その内補助金で50ポンド戻ってくる)、その後は週約8ポンド(1600円くらい)です。費用としては結局紙おむつと変わらないくらいになりますね~、きっと。
[PR]

by ukpregnancy | 2005-09-23 08:41 | Baby用品
2005年 09月 23日
イギリスのママ雑誌
明日から34週目に突入です!
あと数週間もすれば、いつ生まれてもおかしくない、、、とのことで、急ピッチで子供用品を揃えなければ、、、と少し急ぎだしているところです。

カタログ等を見ていると、色々な商品があって、どれが良いのか全然分からないのですが、そういうときに参考にしているのが、"Practical Parentingで金賞受賞"とか、"Mother&Babyにベスト商品と選べれました"と書かれたマークです。

どうも妊娠・出産・赤ちゃん関連の雑誌が特集を組んで、毎月のように消費者センターがするような調査をして、どれが一番良いかを決めて賞を与えているようなんですよね。そこで、近くのWH Smithに行って、目に付いた雑誌を買ってみました。

d0027343_802772.jpg
↑この辺りがメジャーな雑誌のようですが、これ以外にも2冊ほどありました。3冊買った内の2冊には、ガラガラ等のおもちゃがおまけで付いていました(プラスチックで安っぽい上に可愛くなかったので、捨ててしまいましたが)。

特集の内容は、「この夏美しく見える32の方法」とか、「帝王切開は楽な方法?」とか、「あなたの赤ちゃんのカーシートは安全か?!」といった感じ。ぱらぱら読みましたけど、それなりにためにはなりました。全誌2ポンド台で、500~600円といったところです。暇つぶしにどうぞ。
[PR]

by ukpregnancy | 2005-09-23 08:11 | Baby用品
2005年 09月 12日
赤ちゃん用のお買い物 《新生児も使えるベビー・カー編》
予定日まであと1ヵ月半ほど、、ということで、そろそろ赤ちゃん用品を買い揃えなければいけない時期が来ました。

先週・今週末と、Harrods、John Lewis、mothercareといった、子供用品の品揃えが良いお店やデパートをまわっています。実際に買うのはオンラインでしょうが、やっぱり本物を見ておこうと思って。いやなお客ですよね。

子供が生まれてくるに当たって、一番迷うのがバギーだと思います。値段としても一番高いお買い物になりますし、種類も色々で本当に選ぶのが大変。

d0027343_7242718.jpg最近良く見かける人気のバギーは、オランダ生まれのbugabooのFrog。私の友人でも使っている人がいますが、赤ちゃんが小さいときは、大きなかごの中で安定して、すやすや眠れそうで、確かに良さそう。大きくなったら付属のイス型のものに取り替えて、4歳くらいまで使えるようです。ちなみにお値段は約500~600ポンド。日本円で10~12万円と、結構しますよね。

d0027343_775595.jpgbugabooほどよく見かけないのですが、街で見かけると、ついつい目が行ってしまうのが、stokkeのxplory。こちらはノルウェー産。赤ちゃんが外向きではなく、自分の方を向いていて、おまけに胸元近くの高い場所にいるので、安心だと思います。外向きにすると、そのままテーブルの高さにもぴったりで、イス代わりにも使えると言う便利物。こちらもお値段はbugabooと同じくらいです。


d0027343_73461.jpgイギリスで一番メジャーなのは、MacLarenだと思いますが、とにかく皆が使っているので、個性はゼロ。でも、実用性と値段で選ぶとどうしてもこれになってしまいます。新生児から使えるのは、Techno XTとClassic。赤ちゃんの乗り心地が果たしてよいか、、、というと疑問ですが、とにかく軽いし、使いやすい。おまけに値段は200ポンドで十分おつりが来る、となると、これを買ってしまうパパ・ママが多いのは納得できます。

他にお店で良く見かけるのが、Silver Cross社のものやMamas&Papasのもの。この前ベッカムがM&Pのバギーを押しているのが雑誌に載っていました。M&Pはニュートラルな色使いで、小物は結構可愛いものが多いのですが、私はここのバギーは、重すぎるし、見掛けもあまり好きではありません。

わが家は実用性第一なので、MacLarenに決めちゃいそう。でもやっぱり悩んじゃうんです。毎日使うものだろうし、「これだ!」って言うものを買いたいんですが、なかなか見つからない。おすすめのバギーがあったら教えていただきたいです。
[PR]

by ukpregnancy | 2005-09-12 07:25 | Baby用品
2005年 05月 18日
英で大人気! ベビー・カーのロールス・ロイス Silver Cross社
新生児を寝かせながら運べるベビー・カーを、日本ではA型などと呼ぶそうですが、イギリスではPram(プラム)と呼んでいます。

d0027343_182395.jpg街中で最近良く見かける代表的なベビー・カーは、BugabooやMacLarenですが、それより何より、みんなの憧れの的のプラムが、100年以上の歴史を誇るシルバー・クロス社のプラムです。

日本語の説明がこちらのサイトにありました。イギリスでは、Silver Crossのプラムは、ベビー・カーのロールス・ロイスと呼ばれています。

シルバー・クロス社が販売する最高級レンジのプラムは"Balmoral"と"Kensington"と呼ばれ、日本では30万円以上する高級品です。

私はラッキーなことに、夫の従妹からお古を貸してもらう予定♪ 彼女は去年の11月に男の子の赤ちゃんを産んでから、シルバー・クロスのプラムでハイド・パークをお散歩して、ママ仲間から羨望のまなざしを集めているそうです。この前試しに使わせてもらいましたが、一見やわそうな外見のこのプラム。サスペンションがすごい! これは赤ちゃんは、の~んびりすやすや眠れると思います。

私も、赤ちゃんをこのプラムに乗せて、夫と一緒に近くの公園をお散歩する日を楽しみにしている今日この頃です。
[PR]

by ukpregnancy | 2005-05-18 06:59 | Baby用品
2005年 05月 07日
ベビー用品が買えるロンドンのお店とサイト
このページは、すこしずつ足していこうと思います。マタニティー服のところと重複するところもありますが、まぁ、それはしょうがないですよね。

● John Lewis
ロンドンで何か欲しいものがあれば、ここに行けばとりあえず何でも揃う、というのがこのお店。東急ハンズやロフトとは比べ物にならないほど、お粗末な品揃えですが、根強い人気のこのデパートが、プレママ達にも人気のようです。「mothercareには安物しかないわよぉ~!」ですって。

● mothercare
イギリスではここが一番大手だと思います。ロンドン中心地では、Oxford Street(セルフリッジの斜向かい辺り)にあります。とりあえず何でも揃う便利なお店。ネット通販ももちろんあります。


● Two Left Feet
ここに売っていないものは無いのでは、というほどの恐ろしい品揃え。おまけに値引率も高くて、配送量もただ、という良い事尽くめのお店。お薦めです。
[PR]

by ukpregnancy | 2005-05-07 07:19 | Baby用品