Lilypie 2nd Birthday Ticker
<   2005年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2005年 11月 28日
乳腺炎再発!
抗生物質で収まっていた乳腺炎が再発してしまいました。
おまけに今度は前とは反対側の胸に出てしまいました。
真っ赤にはれて、パンパンに張ってしまい、熱っぽくて再びダウンです。夫に迷惑をかけっぱなしで、なんだか申し訳ないです。

しかし、お医者様(GP)は何だか全然親身になってくれないし、薬を処方されるだけなので、知り合いに聞いて、母乳のエキスパートと言う人に家に来てもらって、色々指導してもらうことになりました。正しい授乳の仕方から、乳腺炎の治し方・防ぎ方まで、2時間みっちり教えてもらいました。お値段110ポンド。でも、とってもためになる2時間で110ポンドの価値はあったかな。

もう少し体調が整ってから続きを書こうと思います。
[PR]

by ukpregnancy | 2005-11-28 04:57 | つれづれ
2005年 11月 24日
赤ちゃん用のパスポートを取得しなきゃ!
来年の1月に日本の一時帰国しようと思っています。
子どもを家族にお披露目するのが目的です。生後2ヵ月半~3ヶ月の赤ちゃんを飛行機に乗せるのはちょっと自信がないのですが、この機会を逃すと当分行けそうにないので、がんばるつもりです。

ということで、日本とイギリスのパスポートの取得方法を調べてみました。

● 日本 ●

5年有効パスポート(12歳未満) 
申請料: 25.51ポンド

必要書類:

(1) 一般旅券発給申請書  1通 
   ⇒ 総領事館待合室備え付け、または郵送(返信用切手を貼ったA4サイズの封筒を同封し、領事館の旅券担当あて請求すると送付してもらえるようです)

(2)  写真  2葉
   ⇒ 縦 4.5cm X横 3.5cm 、顔の縦の長さ 2.7cm 程度。、同一ネガから撮ったもの、正面、無帽、無背景、過去6ヶ月以内に撮影された名義人のみが写っているものとする。カラー、白黒どちらでも可

(3)  戸籍謄(抄)本  1通
   ⇒ 日本から取り寄せる。イギリスで出生届を出した場合、通常2~3ヶ月で日本の戸籍に出生の事実が記載されるようですので、領事館を通して行う場合は、パスポート取得に3ヶ月程度かかることになります。もっと早く取得したい場合は、出生届を日本で提出すれば良いようです。

● UK ●

5年有効パスポート
申請料: 25ポンド
(郵便局で行う場合は2週間、郵送だと3週間、もしくは窓口で申し込みだと1週間で発行されますが、申請料が60ポンドになります)

必要書類:

(1) 申込書  1通
    ⇒ 郵便局に置いてあります。

(2) 子どもの出生証明書(オリジナルのみ)  1通

(3) 子供の写真 (45mm x 35mm)  2枚

 白・クリーム・明るい灰色のバックグラウンドで写真を撮らなければいけません。これが結構トリッキー。昨日のBBCでも、皆から不満が噴出しているとリポートされていました。とにかく決まりが厳しくて、ちょっとした写真の不備でもはねられてしまうケースが続出しているためのようです。「子供の口がほんの少しだけ開いていて、歯が見えているからだめ」、とか、「赤ちゃんのお肌がテカリ過ぎでスキャンできない」などの理由で却下されたことに憤る両親がテレビに出ていました。

必要書類はたったの3つ、なんてタカをくくっていたんですが、いざ申込書を読み出したら、とにかく複雑で大変。申請の際に、弁護士さんや会計士・医者等、資格が必要な職業を持つ人に証人になってもらわなければいけなかったり、なんだか複雑で一筋縄ではいきません。夫も面倒なのか、途中まで記入して30分後に投げ出してしまいました。うぅ~ん、こうなったら日本のパスポートを先に取得しようかな、、、。
[PR]

by ukpregnancy | 2005-11-24 03:23 | 手続き・法律
2005年 11月 18日
生まれました! やっぱり女の子!
更新、コメントへのお返事が滞ってしまってすみません!

11月4日、午後12時39分、無事に女児を出産しました。

出産体験は、それは壮絶で、私は結局途中で無痛分娩に切り替え、やっと乗り切ることができました。イギリスで生めて本当に良かった、、、。

11月5日に退院して、それから家で夫と2人で育児をしています。姉に子どもが4人いて、それなりに育児のお手伝いをしてきたので、結構軽く考えていたんですが、お手伝いしているだけでは絶対にできない育児体験《母乳育児》というのを甘く見ていたようです。母乳を上手に赤ちゃんに与えるのがどんなに大変か、身をもって経験しています。今は、これを軌道に乗せるのが一番の目標です。左の胸が乳腺炎にかかってしまい、熱も出て、この2週間、マタニティー・ブルーのようなものも重なって、精神的にものすごい負担を感じていましたが、昨日・一昨日くらいから、やっと気分にも余裕ができてきました。

ということで、また折を見て更新したいと思います。
皆さん、本当にコメントありがとうございました!!
イギリスでの育児、がんばりましょうね!!!!!!!!
[PR]

by ukpregnancy | 2005-11-18 18:53 | 分娩・出産
2005年 11月 02日
予定日まであと3日です!
今年の4月から始めたこのブログ。
そろそろゴールを迎えます。予定日まであと3日! 

この9ヶ月、色々な問題も起きましたが、振り返ってみると、なかなか波乱万丈でイベント(?)の多い一年でした。でもまだ一番大きなイベントが控えているわけですが(笑)。

産休に入った直後は、生活のリズムの変化になかなか慣れなかったこと、あと仕事をしなくなったことで、かえって色々考える時間ができてしまい、イライラする日も多かったのですが、この1ヶ月ほどは、体に大きな問題も起きず、巨大なお腹を抱えながらも心身ともに健康に暮らせていたような気がします。自分なりの一日のリズムや、問題への対処法が分かって、早めに手を打つようになったからだと思います。少し腰が痛いなと思ったら、軽く体操をするとか、便秘になりそうなら、自分には絶大な効果があるプルーンとヨーグルトを食べるとか。少し体重の増加が激しいなと思ったら、長めのお散歩(センターでのウィンドーショッピングとも言う)に行く、、とか。一番良くないのは、『安静に』して、家でじっとしていることだということも良く分かりました。

こうして書いていると、全て本に書いてあるようなちょっとしたことの積み重ねで、身体の調子が随分違ってくるということに気づきます。今まで大病もせず健康体で暮らしていたので、自分の体を気遣ったり、ということを怠っていましたが、この妊娠をきっかけに色々と勉強になりました。英語の医学用語も随分覚えましたし(笑)。

日本でもやっているアメリカのドラマ「フレンズ」の再放送が、こちらのデジタル放送(チャンネルE4)で毎日放映されていますが、この1週間は、主人公のレイチェルがちょうど子供を産む直前のエピソードが続いているので、自分の事情と照らし合わせて、毎日大笑いしながら見ています。予定日を8日過ぎても赤ちゃんが生まれず、苦しくて苦しくてみんなに八つ当たり、、、というのが昨日の放送。私はというと、お友達や義理の母から、かわるがわる毎日のように電話が来て、「子供はまだか」とせかされているような感じ、、、。さっさと予定日に産まれてくることを願っています~。
[PR]

by ukpregnancy | 2005-11-02 17:33 | 分娩・出産