Lilypie 2nd Birthday Ticker
<   2006年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2006年 06月 30日
MonkeyMusicで負け犬な午後・・・
本日、かねがね話していたMonkey Musicのトライアル・レッスンに行ってきました。

クラスが開かれる近所のチャーチ・ホールに開始3分前に到着すると、約8組くらいのママ&ベビー達が既にホールの真ん中の吹き抜け部分で輪になっていました。一番小さな子はおそらく5~6ヶ月くらいだったと思います。大きな子は歩いていたので1歳ちょっとくらいかな。

皆、床にぺたりと赤ちゃんと座ってクラスが始まるのを待っていました。すると、隣に座ったママが話しかけてくれました。当たり障り無く赤ちゃんの歳を聞いたりしていたら、ちょうど隣に座ったオスカー君、なんとtamaと同じお誕生日(時間まで一緒!)でした! すごい偶然。勢いあまって、「もしかして病院も一緒かも。どこで産んだの??」と聞くと「Portland Hospitalよ」とのお返事。あ・・・、あそこですか。失礼しました。

な~んて話をしているうちにクラスが始まりました。CDの音楽にあわせてジュリー・アンドリュースばりの美声で先生が歌いだすと、クラスのママたちも一緒に歌い始めました。歌いながら赤ちゃんの手を持っておひざをトントンと叩いたり、手をパチパチしたり。少し大きな赤ちゃん(10カ月くらいの子)はお部屋の中央にハイハイで向かっていって、先生の様子を眺めてニッコニコ。この様子にtamaは一体どんな反応を・・・・と私の前にちょこんと座るtamaの顔を覗いてみると・・・超無反応(爆)。またですか、あなた。

その後、ガラガラやタンバリン、カスタネットを渡されて、それを使って音楽にあわせて遊んだり、輪になってぐるぐる回ったり、正味30分のクラスはあっという間に終わってしまいました。その間のtama、時々ニコリとしたり、手足をばたつかせる瞬間もありましたが、特別嬉しそうな様子も無く、どちらかと言うと"lost"という感じでした。う~~ん、気に入っていただけませんでしたか。もっと良い反応、期待していたんだけどなぁ~。ここまでリアクションが薄いと入るの考えちゃいます。あと、使っている小物も家にあるようなものばかりだったので、お家で2人でやってもいいかも・・・なんて思ったりもしました。

あとクラスの最中、なんだか少し気になることもありました。ママの何人かが何となく・・・いやな感じ(笑)。気のせいかもしれないけれど、ミドル・クラスの白人ママ、私とtamaの分だけカスタネットを集めなかったり、目が合ってもにこりとするどころか、上から下までじろじろ見たり。う~ん、気のせいじゃない! 感じ悪~~~い。はいはい、どうせ私はノーメークですよ。靴も汚かったかも・・・(爆)。それで先週会った近所に住む韓国人ママの言葉を思い出しました。

彼女には3歳の女の子がいるのですが、お嬢ちゃんを近くのプライベートのナーサリーに入れています。近くに住んでいるので、学校情報やMonkeyMusicなどのローカルの情報は、教育熱心な彼女からほとんど仕入れているといっても過言じゃありません。その彼女が先日、「もう一つ本当はもっと入れたかったナーサリーがあったの。でもそこのママたち、超ミドルクラスのママたちで、上から下まで私の格好にチェック入れてる感じで、すごくいやだったのよね。ほら、分かるでしょ、じろ~っと人の容姿をなめるように見る人」。彼女、ファッション関係のお仕事に就いているし、結構おしゃれな人なのに、そんな風に思うなんて不思議だなぁ~、なんて思いながら話を聞いていたんですが、彼女の言っていた意味、今日よく分かりました。あの時、「うんうん、分かる、分かるよぉ」って言ってあげなくて、ごめん(笑)。

そういえば、クラスが行われているホールに入るとき、ベビーカーが戸に引っかかってなかなか入れず苦労していたのに、目の前いたママたち、誰一人助けてくれなかったなぁ・・・(遠い目)。

私の住んでいるエリアは、高級住宅地でもな~んでもないんですが、ここ5~6年で確かに少しずつ人気がでている場所ではあります。特にメディア系やクリエイティブ産業、あと役名でしか名前が思い出せないようなちょっとマイナーな俳優(笑)や曲のフレーズしか思い出せない歌手(爆)がたくさん住んでいる地域ではあるので、ちょっとスタイル・コンシャスな人が多いかもしれません(そのせいなのか、Bugaboo率も異様に高い・・・)。

夫と結婚してからというもの、イギリス人で会う人は基本的に彼の知り合いがどうしても多くなります。いわゆる貴族と呼ばれるような人に会っても、偉ぶっている人なんていないし(いばる理由もないけれど)、親切だしすごくフレンドリー。イギリス人って色々言われるけど、良い人も多いよねぇ~なんていつものんきに思っていたんですが、私ってば、虎(夫)の衣を借る狐なのね、と今日改めて思わされました。と言っても、夫は虎と言うより・・・羊なんですけどね。全然偉くないし(爆)。

子供をプライベートに入れたら、やっぱりこういう微妙ないやがらせもあったりするのかしらん。ま、どんな学校に行っても、似たような人たちはいるのでしょうけどねぇ~。ミドルクラスのママに足蹴にされて、負け犬気分を味わった午後でした(笑)。
[PR]

by ukpregnancy | 2006-06-30 00:15 | 子育て
2006年 06月 20日
Cowshedでマッサージ!!
少し前のこと。夫が、「pochiもお疲れでしょう。マッサージにでも行ってきたら」とCowshedのマッサージをプレゼントしてくれました~! しかし毎週末なんだかとても忙しくしていて全然行く時間が無かったのですが、昨日の日曜日、やっと行ってきました、Cowshed Clarendon Cross!

d0027343_6523169.jpgCowshedは、サマーセットにある会員制のホテル、Babington Houseに併設するスパです。BHには私も一時期何度か行ってプールで泳いだり、お茶したりしていたのですが、最近はあちら方面に行く機会も無いので、とんとご無沙汰していました。会員でなくても宿泊すれば、滞在中はスパやプール等の施設は利用可能です。ちなみに、こちらはSoho Houseと提携しているので、こちらのメンバーであれば、Babington Houseの施設はもちろん利用できます。("Soho House"と聞いてピンッときた方は、かなりの"Sex and the City"通。そうです、サマンサがアナベル・ブロンスタインに成りすまして潜り込んだあのクラブです(笑))。というか、Babington Houseを利用している人のほとんどはSoho Houseのメンバーなのでは、、、と思いますが。

そのCowshedのロンドン・ブランチが、私が今回行った←Cowshed Clarendon Cross。ホーランド・パークのキャスがあるあのスクエアのほど近くです。BHの会員である必要もなく、もちろん誰でも利用可能!!



1階にマニキュア・ペディキュア等の軽いトリートメント用のスペースがあります。とても小さいスペースなのですが、窓が大きく光が燦々と入って、開放感があります。横にはカフェが併設されていて飲み物はもちろん、軽食も出来ます。あと、Cowshedのオリジナル・プロダクトもこちらで購入できます。

d0027343_6531162.jpg


そして地下にマッサージ用のトリートメント・ルームがあります。今回私は一番無難かな、と"Cowshed Massage"をお願いすることにしました。フェイシャルも良いかなぁと一瞬思いましたが、やってもあまり変わり映えのしない顔なので(笑)、今回は疲れを癒す全身マッサージに。

こちらにはmama mioという妊婦用のスキンケア製品を使った"Maternity Spa Treatments"もあるようです。私はまだ授乳中ということで、普通のエッセンシャル・オイルではなく、mama mio製品のオイルを使ってもらうことにしました。

予約は1時半だったのですが、時間になってもお迎えが来ない・・・。5分ほどすると地下から担当のマッサージの方が「お待たせしました」と上がってきました。えぇ~、60分しか時間が無いのに、今からやったら50分位になっちゃう~、とちょっとがっかりしながら下に下りていくと・・・あら、なんと地下に待合のスペースがありました。私は上のカフェのところで待っていたので、マッサージの方はまだ来ていないと思って探しに上に来てくれたのね、きっと。ご、ごめんなさい。

お部屋に入り、パンツ姿(キャッ)で横になると、彼女のマッサージが始まりました。とっても丁寧に全身マッサージをしてくれて、なんだか今までの疲れがほわ~~~っとほぐれてくるよう。やっぱり気持ちいい~~~♡ いつもは指圧でゴリゴリ、と言う感じなので(これも気持ちいいんですが)、Mandarin Oriental以来のマッサージで上機嫌♪

あっという間に時間が経って、「お水をお持ちしますね」と彼女がお部屋を離れた時にふっと時計を見たら、2時40分でした。ちゃんと始めた時間から60分やってくれたんですねぇ。感激。

d0027343_761480.jpgその後夫へのお土産にハンド・ソープの"Dirty Cow"を買って帰りました。こちらのプロダクトは"Grumpy Cow"とか"Frisky Cow"等の面白い名前が付いているので、ついつい全部名前をチェックしちゃいました(笑)。

夫よ、これからもこの調子でよろしくお願いします~~。ま、もう当分ないでしょうけどねぇ・・・(涙)。
[PR]

by ukpregnancy | 2006-06-20 07:11 | ショップ・レストラン情報
2006年 06月 19日
出産病院の選び方  イギリス vs 日本 
先日、Hiroさんから出産場所としてイギリスと日本の両方の選択肢がある場合、どのような要因を考慮して出産場所を決めたのか・・・とご質問・ご相談を頂きました。こちらのブログにきていらっしゃる方でお心当たりの方に是非ご意見・体験談を書き込んでいただければと思います。皆様ワールドカップの応援でお忙しいところ恐縮ですが(笑)、よろしくお願い致します!!


***お返事をくださった皆様へ***  Aiさんのコメントが追加されています

Hiroさんのご質問に対し、お返事くださったのりさん、emiyamamaさん、ロミーさん、bankholidayさん、PiggyBabesさん、mu711さん、kkakoさん、miomさん、あろりーなさん、kazamiさん、Aiさん、お忙しい中、本当にありがとうございました!!!! こんなにたくさんの方からお返事がいただけて、スレッドを立ち上げて良かったなぁと本当に感謝しています。みなさんの経験談を基に、またいつかメリット・デメリットについてまとめることが出来ればと思っています。

以下にHiroさんからのお礼のコメントを転載しておきますね。こんな風に情報交換が出来るのがインターネットの醍醐味ですね。ブログ万歳!!! 重ねて御礼申し上げます。(PS. 読み逃げ大歓迎ですよ~(笑)。情報が少しでもお役に立てばそれでhappyです。でも今回のような機会に書き込みいただけて嬉しいです。私も後ほどそちらのブログに遊びに行かせて頂きますね~)

Hiroさんからのお礼のメッセージ
コメントをして下さったたくさんの方たちも本当に勇気づけられるアドバイス、経験談などありがとうございました。すごくすごく参考になる内容ばかりで目から鱗です。。。。なんだかもう少ししっかりしなくちゃいけないなー、とちょっと自覚とそして勇気も産まれて来ました。
がんばろうと思います!まだ考えている途中ですが自分のなかでもイギリスでも大丈夫、きっとなんとかなるさー!と気持ちに少しの余裕も出て来ました。母親の助けに100%頼ろうとしている自分も甘いのかもしれません。家族皆、そして私自身が一番納得出来る方法を取ろうと思います。結論はpochiさんにご迷惑でなければ報告させていただきたいと思います。 ロミーさん、kkakkoさん, nironさん、あろりーなさんお互いにがんばって丈夫な赤ちゃん産みましょうね!!! みなさん本当にありがとうございました


Hiroさんのご質問の詳細はこちらです。
[PR]

by ukpregnancy | 2006-06-19 00:51 | 病院情報
2006年 06月 18日
St. Mary'sでの出産 体験談
「妊娠・出産」ブログと銘打っていたのにも関わらず、そういえば出産の話を全く書いていませんでした。kkakoさんにご質問を頂いたので、おぼろげな記憶を元に出産の話を書こうと思います。長くなりますので、ご興味のある方だけどうぞ。しかし後半部分には、tamaの命名のエピソードが書かれています(読みたくなりました??)。

簡単に言うと、St. Mary'sでの出産自体は100点満点中75点くらい。病院の助産婦さんやドクターの質は高いと思いますが、施設がやっぱりNHSなのでイマイチ。出産後は個室はもらえず(当たり前ですが)私は8人部屋でした。それなりに清潔で電話やテレビもありましたが、なんだか殺風景。子供を産んだ後の喜びに浸れるような場所ではなかったかな。でもどうせ特に問題が無ければ、長くても2日しか滞在しませんので、許容範囲、といったところでした。出産直前に、同じくSt. Mary'sで女の子を産んだという日本人女性の方と会う機会があったのですが、その方が全く同じことを言っていました、そういえば・・・。

以下、出産記録です。

長いですよ~~~(笑)
[PR]

by ukpregnancy | 2006-06-18 00:54 | 分娩・出産
2006年 06月 17日
ベビーカー用パラソル(日傘)比較
最近日差しの強い日が続いていますね。夏よりも6月などの初夏の方がUVの量が実は多いと読んだことがあるので、今が一番お肌に良くない季節のようです。

赤ちゃんのふにゃふにゃのお肌を守るためにもサンクリームを塗るのはもちろんのようなのですが(と言っても、まだ私はぬったことありませんが)、やはりベビーカー用のパラソルを使う人を多く見かけて、「む、アレは買わねば」と思い立ち、この前お店のはしごをして色々と試してみました。ちなみに、今回私が試したバギーは、上司の方から頂いたcombiのB型バギーです。とにかく軽くて最近はもっぱらこれを使用中。ということで、どんなバギーにも使えるパラソルを探していました。(ところで日本でもこういったパラソルの使用は一般的なのでしょうか? バギーの日よけが大きいものが多そうなので、そちらで十分カバーできるのでしょうかねぇ)

1. John Lewis パラソル £14

d0027343_5582615.jpgJohn Lewisで手に入るパラソル。黒と紺色があります。超普通のパラソルですが、バギーにはさむためのクリップ部分がとにかく頼りない。ギュ~ッと締めればいいのですが、形が合わないのか(クリップの開き具合が狭すぎ!)、グラグラ感がぬぐえません。しかしとりあえず及第点と言ったところ。ただ、広げようと思って、ねじをぐるぐる回していたら、ポロンと回し手が取れてしまいました。ちゃちだなぁ。でもお値段も安いし、バギーにしっかり付くのであればOKかも。






2. Bugaboo パラソル £24.95

d0027343_6101421.jpgJohn Lewisで手に入るもう一種類のパラソルがこちら。大人気のBUgabooのパラソル。色の種類がとにかく多いので、合う色があるならこれでも・・・と思って試しましたが、Bugaboo専用パラソルなので、調整不可能。問題外でした。ちなみに色は6種類ありました。








3. Mamas&Papas パラソル £15

d0027343_6103426.jpg最近Regent Streetにお店をオープンしたMamas&Papas。この日はたまたまM&Pのバギーを使っていたので、試しにこちらのパラソルも。ところが、専用のパラソルのはずなのに、1番のJohn Lewisのパラソルよりもお粗末なクリップで、全然装着できず。お店のお姉さんに頼んでつけてもらったんですが、「あら、どうしてかしら。むむ」と困惑気味。なんとか無理やり取り付けたものの、フィット感がイマイチなので、ぎゅぎゅ~~~っと全身全霊込めてねじを回していたお姉さん。なんだか怖かった(笑)。もちろんcombiのバギーにつけるのも心もとないので却下。こちらにはもう一種類パラソルがありましたが、どちらもクリップは同じものだった様子。両方ダメ~。良いトコなしです。

しかしフォローもしておくと、こちらでこの前Travel Cotを購入したのですが、こちらは大満足!今度時間があるときに、そちらの記事もupしますねぇ。


4. mothercareのパラソル £14.99 pochiお薦め☆☆☆

d0027343_6181896.jpgなんの変哲も無いこのパラソルの装着感が一番良かったです。色も何色か揃っていました。mothercareのバギーの色にあわせた商品展開のようです。クリップの部分の安定感も良いし、回しやすく、combiのバギーにもぴったりフィットしました。可愛いさには欠けるけれど、こういうものは実質重視でと言うことで、私はこちらのカモフラージュ柄を購入。

ところが、今日たまたまラジオで、このパラソルの話をしていました。やはり色が薄めのパラソルではUVカットの効果も乏しいそうで、無難な黒を買うのが一番良いと言っていました。もしかしたら交換しにまたmothercareに行ってしまうかも・・・。なんて心配していても、このままロンドンの夏がシリツボミ的に終わってしまいそうな気もしていますが(笑)。


ご参考までにどうぞ。なんだかwhich? onlineのようなスレッドになってしまいましたね。
[PR]

by ukpregnancy | 2006-06-17 06:22 | Baby用品
2006年 06月 13日
離乳食のその後 【中期編】
d0027343_544583.jpg
トマト嫌い・・・

d0027343_551825.jpg
でも洋ナシなら食べる~~~♡


d0027343_7332736.jpg離乳食を始めて早2ヶ月。私が参考にしている「たまひよ離乳食大百科」によると、7ヶ月目から【中期】に移行する時期だそうです。

ごっくんするのは上手になってくる頃なので、今度は舌と上あごを使ってごっくんできるようにするのが中期の目標。ということで、今まで食べ物は全てピューレしていましたが、これからは、包丁で細かく刻んだり、フォークでつぶしたり・・・といつも使っているキッチン用品で事足りるようになりました(今までは←Braunのハンドブレンダーを多用していました)。

これまで試した食品は、

【野菜】 にんじん、ほうれん草、courgette、butternut squash、ブロッコリー、スィートポテト、トマト

【果物】 りんご、桃、洋ナシ、バナナ

【たんぱく質系】 卵の黄身、cod、鶏肉

炭水化物は未だにbaby riceのみです。そろそろおうどんやシリアルなども試して見ようかなと思っています。

ベビーライス + お野菜のキューブ2つ x 2種類 + 果物のキューブ2つ

というのがいつもの献立。これに先週からたんぱく質系のものを足し始めました。ちょっと遅いくらいなのですが、なんだか先延ばしにしている内に、あっという間に2ヶ月経っていました。

白身のお魚(cod)は今日初めてあげました。鶏肉はすりこぎですりすりしたり、包丁で細かく刻んだりと色々試みたのですが、なかなか「ごろっと感」が取れず、食べるたびにtamaはむせています。顔が真っ赤になって息苦しそうにしているのを見て、「ま、まずい!」と何度か背中をバンバンッ!!と叩いたので、よけいに驚かせて大泣きさせてしまいました(笑)。

卵の黄身はお野菜&ミルクと混ぜて食べさせました。アレルギーの原因になるのは卵白の場合がほとんどと読んだので、当分卵は黄身だけ食べさせようと思います。

ところで、日本から買ってきて離乳食用の調理グッズ。結局一度しか使っていません・・・・。鶏肉をすりこ木ですりすりした時にご登場いただきましたが(上手に使いこなせませんでした)、それ以外は上記のハンドブレンダーしか使っていません。しかしこのブレンダーが優れもの。初期の段階であれば、これ一つで十分だな、と思いました。

あと私が重宝して使っているのがラムカン(ココット?)。わが家には電子レンジがありません。夫がレンジ嫌いで、買おうと提案するたびに反対するので、もう面倒くさいから無しで暮らしています(夫の実家にはAGAしかないし、便利さを追求するという観念がちょっと欠落しているのでは、とニッポンジンの私は思ったりするのでした)。離乳食の初期段階に皆さんがするように、野菜をピューレにしてアイスキューブにしてあるのですが、それの解凍がレンジがないと出来ない(時間がかかる)んですよね。ということで、いちいちココットにキューブを入れてオーブンで解凍しています。時間、かかる、かかる(笑)。デモもう慣れてしまいました。小さなココットは赤ちゃん用のお料理を入れるのに最適な大きさですし、オーブンでも大丈夫なので、とても重宝しています。

あと、日本から買ってきた離乳食はまだほとんど試していません。この前初めて5種類の野菜が入っていると言う粉状の離乳食をあげてみました。お湯で溶いて、パサパサ気味の鶏肉に混ぜてあげたのですが、tamaがほとんど残してしまったため、余ったものを食べてみたんですが、味が結構濃い! 大人でもいけちゃうかも、っていうような濃い目の味付けでした。

私は未だにお塩やお出しは全く使わず、お野菜の味だけで勝負しているのですが(笑)、それだけで本当は十分なフレーバーがあるのだな、と今回改めて思いました。当たり前のように自分達のお料理に塩・こしょうを使っているけれど、tama用に作った野菜キューブを食べてみると、十分甘かったり、味がしたり・・・と離乳食のおかげで、野菜本来の味を思い出したりしています。

しかし出来合いの離乳食も携帯する時やネタ切れの時(←これが結構この先ありそう)には便利に使えそうなので、旅行中や緊急時に使おうと大事に取ってあります。

あとここ2日ほど急に暑くなったせいか、tamaの食欲ががくんと落ちて、今までの半分くらいしか食べなくなりました。それとも鶏肉で何度もむせて、離乳食恐怖症??? 暑くてきっと喉が渇いているだろうと、日本から買ってきたりんご果汁やミックス果汁、はたまたベビー用のほうじ茶まで作って飲ませましたが、全然いらない様子。ミルク以外は全く興味が無い様です。あなたは一体何なら飲むの??? まぁ飲まないと言うことは、喉が渇いていないというこなのでしょうが。

私のいつもの傾向が離乳食でも出ているような気がします。色々便利グッズを買ってみても、結局使わずに終わってしまう、という・・・。基本的に面倒くさがりなので、いつも使っているもの以外は買っても棚の中にしまいっぱなし。日本に住んでいてもコンビニには1年に数回しか行かない私。「便利」なものもなかなか使いこなせないタイプで、夫の家族のことも笑っていられませんね、これじゃ。
[PR]

by ukpregnancy | 2006-06-13 06:59 | 離乳食
2006年 06月 12日
ケーキ作りは謎だらけ・・・
毎日更新月間です(爆)。子育てと関係なくてごめんなさい。

ロンドンブロガーの皆さんのお料理の腕前を見るに付け、最近やっと家事をやりだしたような新米主婦の私はおろおろしています(といっても結婚歴は長いけど・・・)。

子供が出来るまで家事は夫7割、私3割だったのですが、働いていない今、やっとそれが逆転しました。が、やっぱり向いてないわ・・・。

しかし、美味しそうなものを写真で見るとついつくりたくなるもの。ということで、本当に久しぶりに最近ケーキ作りにはまりつつあります。といっても腕も道具もたいしたことがないので、本当に簡単なものばかり。パウンド型と丸い普通のケーキ型しかないので、それで作れるものだけです。

しかし、最近になって初めて知ったのですが、日本のケーキのレシピに【薄力粉】と書いてあったら、それはイギリスで言うところの"plain flour"だと思っていたのですが、そうではないと言うことをつい最近知りました!! plain flourって薄力粉じゃなくって、中力粉なんですね???!! 知らなかった・・・。どうりで今まで作ったケーキ、何となくぼと~~んと重い感じだったわ。そのせいだけではないと思うけど(笑)。日本で言われるところの【薄力粉】に一番近くて簡単に手に入るのは"self-raising flour"なんですよね? こんな基本も知らないんだから、困っちゃいます。しかし、self-raisingには既にベーキングパウダーが入っているはずなので、レシピに更にベーキングパウダーを入れるように書いてあったらどうするべきなのでしょうか。私はそのまま入れてしまっているんですが、これもきっと間違いかも。ケーキ作りは謎だらけです。

ちなみに、今日また改めて知った事実。シフォンケーキが食べたくなって作ろうと思ったら、こちらでは全然型が見つからない! もともとこちらって全然道具が充実していないのですぐに見つかるとは思わなかったけど、もう何軒も回っているのに、ババロアの型のようなものしか見つからないんですよね。ロンドン中のデパート、それにDivertimentiにも行ったんですけど・・・。

それでネットで検索したら、シフォンケーキって英語で【angel food cake】って言うんですね。知らなかったわぁ。もともと19世紀にアメリカで流行ったものらしいのですが、シフォン・ケーキと言う名前はじゃあ一体どこから来たのでしょう。よくある和製英語?

いずれにしても型が手に入るまでシフォンケーキはお預けです。海外在住者がいつも言うことですけど、こっちに東急ハンズ作って欲しいな。どなたか企業家の方お願いします。絶対流行ると思うんだけどなぁ。

【追伸: ケーキ作りを初めて、tamaを出産後初めて体重が増加中! 母乳のせいか、今までどんなに食べても太らなかったのに、あっという間にこの2週間で2kg太ってしまいました。ケーキ作りを始めると、どれほどお砂糖が使われているか改めて分かってびっくりするやら、恐ろしいやら・・です。皆さんどうやって細い体を維持しているのか興味津々です。】
[PR]

by ukpregnancy | 2006-06-12 06:43 | つれづれ
2006年 06月 08日
6ヶ月目にできるようになったこと
将来のため(?)に成長記録を。もっと色々とあるのでしょうが、何せ毎日一緒なのでいつの間にか忘れてしまいます。こういうものはやはり毎日記録しないといけませんね。

詳細
[PR]

by ukpregnancy | 2006-06-08 23:04 | 成長記録
2006年 06月 07日
しゃぶ漬けの日々・・・
最近、tamaの口の中からこおろぎの声が聞こえてきます。気持ち悪い~~。歯ぎしりに似たその音、下の歯と上の歯茎だけで、一体どうやってつくっているのか、と夫と話していたんですが、答えは簡単でした。上の歯が生えてきている!

私とおもちゃに飽きたと勝手に思い込んでいましたが、最近なんだかご機嫌ナナメな時間が多かったのはteethingのせいだったのでしょうか。しかし現在強烈なる肩こりに悩まされて痛みで夜も眠れない私は、8kg近いtamaを抱っこしてなだめるのも一苦労なので、以前試したもののポイッと吐き出されることが多かったおしゃぶり(dummy)を口に入れてみました。

すると、吸い付く、吸い付く~~。今日なんておしゃぶりを手に持っていたら、パタリロのお口になって大興奮。そんな顔されたら、渡さない訳にはいかないぢぁあないの(笑)。前まであんなに興味がなく、わが家では使えないベビーグッズのひとつだったおしゃぶりが大活躍するようになってしまいました。

おしゃぶりは赤ちゃんの鼻呼吸を促すので、ウィルスが口から直接入らないというアドバンテージがあるとか、cot deathの予防になるとか、一生懸命おしゃぶりの良いところにスポットを当てるリポートもあるようです。

あごの骨の発達を促すおしゃぶりもあるようですが、やっぱり歯並びが悪くなるとか、本来泣くのには理由があるのにそれを黙らせる手段としてのおしゃぶりは母親の怠慢だとか、色々悪いことが取り沙汰されるものでもあるので、うるさいからとポイッと口に入れてしまうのは、ちょっとした罪悪感もあります。そういえば、いつもはあまり細かいことを言わない義母や叔母にも「おしゃぶりはダメよぉ」と釘を刺されていました。

ウェブで関連の記事を読むと、1歳を過ぎた辺りからは使わないほうが良いと書いてあるものが多いような気がします。1歳を超えると言葉の発達を妨げるというのも聞いたことがありますし、何より常習性が高い! ということは、7ヶ月のtamaはOKということかな。うん、当分そういうことにしておこう。

しかし、しゃぶ中毒にならないように気をつけなきゃ。
[PR]

by ukpregnancy | 2006-06-07 23:35 | 子育て