Lilypie 2nd Birthday Ticker
<   2006年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2006年 09月 16日
田舎でベビーシッターを頼む
久しぶりの更新です。一旦ロンドンに戻りましたが、今週末にまたコッツウォルズに戻ってきました。忙しさは変わらないのですが気分転換もしなければ・・・ということで、15分の最速更新を目指します! ←実際はもっとかかってしまいました(涙)

コッツウォルズ滞在中にベビーシッターを頼む機会が2回ありました。最初の時は、近くに住むお友達からディナー・パーティーのお誘いがあったとき。そして2番目は↓にも書いたように私のお誕生日のときです。

最初の時はロンドンの時同様にSittersを利用しました。前の記事にも書いたとおり、イングランドであればSittersはほとんどのエリアをカバーしていますので、もちろんグロスターシャーもOKでした。夜tamaを他の人に預けて寝かし付けもお願いするのは初めてなので少し心配でしたが、今回は推定年齢50歳くらいのRuthさんというベテランママだったので、とりあえずお願いして出かけることに。夜の離乳食をあげている途中に出かけなければならなかったので、残りを食べさせてもらい、おまけにお風呂まで入れてもらうことになりました(結局濡れたタオルで体を拭くだけで終わったようです)。でも後々確認してみると、お風呂に入れるのはベビーシッターの仕事には含まれていないそうなので、本当は頼んではいけなかったようです。ちなみにご飯を上げて、寝かしつけるのは仕事の範疇だそうです。シッター代金はロンドンより少しお安めで5ポンドちょっと(細かい値段は忘れてしまいました)。

深夜12時までの約束だったのでそれまでに戻ってくると、tamaはぐっすり眠っていました。Ruthさんによると、私達がいなくなった後tamaはご機嫌が悪くなり、眠る時も少し泣いていたそうです。夜はコロリと眠りに付くtamaなので、これはやっぱりいつもとは違うと気付いたようです(当たり前か)。

Sitters最高、使えるわ~~~と安心しきった私達は、お誕生日のベビーシッターもこのエージェンシーにお願いすることにしました。ところが、お誕生日前日の4日に電話がかかってきて、、、「ごめんなさい、色々探したんだけど、どうしてもベビーシッターが見つかりませんでした」と飄々とおっしゃるではありませんか~!! Le Manoirに行くの、楽しみにしていたのに~~!! それに、ダメならダメでもうちょっと早めに連絡くださいよ~。しかし平日のお昼だとベビーシッターは見つからないことが多いようです。Sittersに登録している人のほとんどが、昼間はナニーやナースとして働いているためです。ちなみにLe Manoirもディナーの時間であれば、ホテル内に赤ちゃんを預けておくことができるそうです。

どうせお誕生日なんて歳をとるだけで実はおめでたくもなんともないし、当日ランチは止めて週末に変更しようかぁと言う話しにもなりましたが、とりあえず近くに住むお友達↑に電話をして聞いてみたところ、彼らが雇っているナニーの人がいるとか! しかし突然だし、もう少し自分達で何とかしてみようと、家に来てもらっているハウスキーパーの人に聞いてみました。彼女はこの辺りで幅を利かせている姐御のような人なのです(笑)。「携帯に電話はしないで・・・連絡はいつもテキストでね」となんだか秘密を抱えているような彼女にテキストを送ってみたところ、5分後には返事がきました。

「私の母親はどうかしら。昔Charles Althorpのナニーをしていたし」
C・C・C・・Charles Althorpって、、、故ダイアナ妃のお兄さんじゃないの~~~!!(本当の名前はCharles Spencer) 恐るべしコッツウォルズ。これは良いネタになるわ(笑)。

面白いことになってきた~と思っていたら、またまた10分後にテキストが来ました。「ベビーシッター見つかりました! 家の近くに住むジョス。3人の孫の面倒をいつも見ているから、赤ちゃんも大丈夫!」ですって・・・。ふ~~ん。 ま、ダイアナファンでもなんでもないので、別にどうでも良いんですけど・・・なんか残念(爆)。

しかしこのジョスさん、とっても良い人でした。いつもママに代わってお孫さんの面倒を見ているだけあって、赤ちゃんにもとっても慣れていいました。(「孫がいる」と言っても、良く良く聞いたらお歳は50歳!! 若いばあばだわ) お散歩にも連れ出してくれて、やっぱりエージェントが派遣する人とはどこか違います。知り合い同士だから下手なことはできないという安心感もありました。Sittersの限界を見た思いでしたね(といいつつ、また月曜日の夜にもお願いしてあったりしますが(爆))。ちなみに、シッター代は1時間6ポンドでした。

しかしtamaはこのときもお昼寝の時間以外は終始ご機嫌が悪く、ジョスには"I don't think she likes me"と言われてしまいました・・・。tama~~。私が一緒の時には誰にでも愛想を振りまく八方美人のくせに~~。来週からチャイルドマインダーに一日数時間預けることになったのですが、果たして大丈夫なのでしょうか・・・。

そして驚きのコッツウォルズの事実・・・
[PR]

by ukpregnancy | 2006-09-16 21:13 | 子育て
2006年 09月 05日
Le Manoir aux Quat' Saisonsでお誕生日ランチ
本日5日のお誕生日にあわせて、念願のLe Manoirに行ってきました。
d0027343_8411413.jpg

今回のコッツウォルズ滞在、予定はほとんどなかったはずなのになぜか毎日盛りだくさんのイベントで、思い出深い滞在になりましたが、ここはホリデイ前から唯一行くと決めていた2つ星レストラン。過去2週間の面白いエピソードや勝手に楽しんでいる「スコーンを巡る旅」はおいおい書くつもりなのですが、今日は取り急ぎこのLe Manoirの写真を載せたいと思います。

d0027343_8442141.jpg
お料理の写真は、まずこれ。注文を終えたら出てきた5種類のアミューズです。スプーンに乗っているのはクラブ・ミート(蟹さん)。真ん中のタルトはラムでした。もう、これがどれも絶品・・・。食べた瞬間に、『このレストラン、何かが違う!』と思いました。この後のお食事への期待が、ぐぐ~~~んっと高まります。

文章を書いている時間がないので、今日は写真を載せて軽く解説。でもとにかくお食事は大満足で文句なし! アミューズの時に無限大に膨らんだ期待は裏切られることはありませんでした。特に魚料理がありえない美味しさでした。The Fat Duck以来の大当たりで、秋にくることになっている両親が渡英したら、ここに連れてくることに決定~~。絶対気に入るわ。日本料理にも影響を受けたと言うRaymond Blancだけに、おしょうゆが隠し味になっていたり、お大根のかつらむきのようなものが素材として使われていたり。

サービスも100点満点で、今回もお席は最高でした(ちなみに、「バースデイなのでよろしく」、とまたもや夫がリクエストを入れたそうです。しっかりしてきたわ、あの人(笑))。思い出に残るランチになりました。

デザートの後はこういうところに移動して、ゆっくりエスプレッソとお菓子をいただきました。
d0027343_8545946.jpg

こちらのレストランはマナーハウスを改造したホテルの中にあるのですが、お庭は↑ここだけではなく、2500坪の広大な土地いっぱいに、日本庭園やベジタブルガーデンが広がっています。この自家製のお野菜もこのレストランの売りの一つです。コーヒーの後は、この広いお庭をの~んびり散策しました。ロンドンのレストランでは絶対に味わえないゆったりとしたヒトトキでした。

d0027343_8592713.jpgd0027343_8594890.jpg


詳細はまた時間のあるときに書き込もうと思います。あ~、美味しいバースデイでした。pochi夫くん、ありがとう~~~~♪♪♪

ちなみに・・・ベビーシッターとお留守番のこの人は、こんなお顔でした・・・。
d0027343_920043.jpg

結構面白いエピソードがあったので、コッツウォルズでのベビーシッター話もいつか書きたいと思っているのですが、一体いつになるか・・・。
[PR]

by ukpregnancy | 2006-09-05 09:05 | ショップ・レストラン情報
2006年 09月 03日
The Marshmallow 【第2弾】 & Jillys (Moreton-in-Marsh)
これを書き上げなければ、なんだかすっきりしない・・・ということで、ベッドに行くまでの15分で一気に終わらせようと思っていますが、どうでしょう。現在夜中の12時半!

もう記憶が薄れてきていて怖いのですが、Moreton-in-Marshの有名ティ・ハウス、The Marshmallowのスコーン話の続きです。

お金を払う時に、「こんなに高価なスコーンならきっととっても美味しいんでしょうね」と言ってしまったちょっと嫌味な私ですが、お兄さんがスコーンを包んでくれている間に(発泡スチロールの箱に入っていました)メニューをぱらぱら見ていると、"Cream Tea - Huge scone with Cornish clotted cream and strawberry jam"と書かれていたのを発見しました。記憶がおぼろげなので、細かい表現は間違っているかもしれませんが、とにかく”Huge"という言葉はしっかりチェックしました。そこまで言うからにはきっと巨大スコーンに違いない、と少し胸も高鳴ります。

ちなみに、紅茶のセレクションをチェックしていたときに、ディンブラやニルギリなどの名前を見つけて少し驚きました。ロンドンでもあまり取り扱っているカフェは見たことが無いので、このお店、本当は結構いけているのかも・・・と一瞬思わされましたが、実際にお店で食べた(飲んだ)わけではないので、確認は出来ませんでした。

さ、おまたせしましたが、賞にも輝くティハウスの巨大スコーンの写真はこちらです!
d0027343_8424891.jpg


ちなみに、反対側から寄った写真はこちら!
d0027343_914321.jpg

このお皿、Daylesfordのスコーンを撮影した時に使ったお皿と同じサイズのものです。比較していただくと分かりますが、やっぱりこのスコーン、超巨大! 平行四辺形はもちろんですが、お皿の上に溶岩がでれ~~~っと流れ出たような不気味さがあります。一瞬、「オウム!」と思ってしまった私・・・。あまり似ていないんですけどね。風の谷のナウシカを子供のときに見て以来、トラウマになっています。

さて、お味の方はと言いますと、とにかく癖がありました。粉が小麦粉じゃないんじゃないかと思うほど。粉っぽいと言うよりも、粉の個性がとっても強くて、クロティッド・クリームやジャムすら打ち負かすほどでした。サイズと言い、味と言い、値段と言い、なんだか個性の強いスコーンだわ。ひとりでむしゃむしゃ食べて終了~~~。わがままを言った夫には一口もあげませんでした(爆)。

しかし、この日は実はもう2軒ティ・ハウスを見つけたので、そのうちの一軒からさらに2つスコーンをお持ち帰りしていたのでした。それがThe Marshmallowの近くにあったJillysというティハウスです。
d0027343_8513174.jpg
店内の雰囲気はThe Marshmallowよりはモダンな感じ。お店を入ると正面にパンやスコーンが売られているベーカリーがあります。右手がティハウスで、ベーカリーの奥にはお紅茶やショートブレッドなどのお菓子がありました。しかし、私の目をひきつけたのはお店を入ってすぐのところにある蜂蜜のセレクション! コッツウォルズのローカル・ハニーがずらりと並べられています。はちみつ好きの私は、見ているだけで楽しめました

d0027343_854437.jpgd0027343_8552564.jpg













こちらで買ったスコーンは、可もなく不可もなく、といったところで、とにかく印象に残らないMoreton-in-Marshの街のようなお味でした。ま、横綱級のThe Marshmallowスコーンに寄り切られたという感もあります。ちなみにお値段は2つで1ポンド10ペンスでした。1つ55ペンス? スコーンって結構細かいプライシングなんですね。ご参考に写真も一応載せておきます。
d0027343_955828.jpg

こんがり焼けてレーズンも入ったバランスの良いスコーンでしたが、スコーンと言うよりもパン?といった感想でした。個性の無い優等生タイプのリズちゃんといったところでしょうか。

Moretonにはもう一軒Market House Tea Roomもありましたが、こちらは外からのぞいただけ。写真はまた後日載せようと思います。

この後、Longborough Farm Shop、Lords of the Manorなども訪れ、まだまだスコーンを巡る旅は続いています。記事に書き残せるのはいつになるか・・・。どんどん記憶が薄れて、面白い!と思ったことも忘れつつある3●歳。9月5日にもうひとつ歳をとります・・・。
[PR]

by ukpregnancy | 2006-09-03 09:10 | ショップ・レストラン情報
2006年 09月 01日
★ お知らせ ★
今朝急にお仕事が入って今後2~3ヶ月忙しい日々を送ることになりそうです。

出来る限り更新等も続ける予定ですが、コメントのお返事共に遅くなると思います。「スコーンを巡る旅」を完結させたいのに、変なところで止まってしまいました。そして書きたいこともたまっていますが、ちょっとの間お預けです。

懲りずにまた遊びに来てください♪
                                                 かしこ
                                                   pochi
[PR]

by ukpregnancy | 2006-09-01 20:12