Lilypie 2nd Birthday Ticker
<   2007年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2007年 09月 06日
Barnsley Houseのスパでお誕生日♪
d0027343_7323689.jpg
え~、昨日5日は、私の節目となるお誕生日でございました。
節目と言っても色々ですが、まぁ細かい説明は避けてと、、、。

思い返せば、去年のお誕生日もコッツウォルズ滞在中の目玉行事(笑)でした。
Le Manoirは大当たりのレストランだったのですが、
今回はレストランでお食事だけじゃ物足りない!!! (節目の歳ですものね、、、と言い訳^^;)  
ということで、家から車で30分ほどのところにあるスパ付きのマナーハウスホテルで、
マッサージ+ランチの1日を堪能してきました~。

今回予約をしたのは、Cirencesterの北東のBarnsley(バーンズリー)というビレッジにある
その名もBarnsley Houseというホテルです。

こちらは、ローズマリー・ヴェリーがデザインしたお庭で有名な
マナーハウスを改築したホテル。
グルメなお友達に薦められて、昨年こちらのホテルが経営する
ガストロパブ(ホテルから徒歩1分ほど)ではお食事をしていたのですが、
今年は半年前にオープンしたスパ狙いで行ってきました!

d0027343_7595569.jpg

ホテルの敷地内の一角にひっそりたたずむ
L字型にデザインされたSpaの建物。
今回はRENのスキンケアプロダクトを使った
1時間のフル・ボディ・マッサージのコースでした。

でも、その前に、、、。
d0027343_891368.jpg

まずはハイドロプールで  (あれ、こんな名前だったかな、、、^^;)  
体をほぐすことに。

5日の気温は確か22~24度前後だったはず。
水着だけで外を歩くと微妙に肌寒い程度でしたが、
ハイドロプールは、なんとも気持ちよい温度に設定されており、
ジャグジーの水圧で、極楽気分を味わいました。
あ~、露天風呂ってこんな感じだった? 

久しぶりの泡泡を満喫した後は、スチームルームへ。
入ってびっくり!
テレビが備え付けられていました。これって普通??
昔、会社帰りに行っていた某ジムのスチームルームとは雲泥の差です。
清潔そのもので、かすかに良い香りもして、上機嫌でスチームルームを後にすると、
ちょうどマッサージの方がお迎えに来てくださいました。

d0027343_8185345.jpg

階段を下りて、地下のマッサージルームへ向かいます。

今回のマッサージはインドネシア人の方が担当してくださったのですが、
これが本当にすばらしいマッサージでした。
フルボディマッサージという名にふさわしく、
本当に足のつま先から頭のてっぺんまで、満遍なく、くまなく、余すところなく、
しっかりマッサージしていただきました。
少し強めのそのマッサージ、指圧に慣れた日本人の私にはちょうど良いプレッシャーで、
時間よ、止まれ!!!   って、何度も思いました。
あ~、バリのマッサージってこんな感じ?   (と、南国に思いを馳せてみたりもして)  

いつもなら、マッサージのときにかかるニューエージ系の音楽を聞いていると、
「ぷぷぷ~、なんでやねん」と意味もなくつっこみたくなるんですが、
今回はなんとなく素直に宇宙を感じることが出来ました。(爆)

体の隅々の細胞を活性化してもらったような感じです。
もう名前はすっかり忘れてしまったけれど、ありがとう!ナヌーナさん(仮名) と心からお礼を言いたいです。

その後は、ジャスミンティを飲みながら、レラクゼーションルームでまったり。
d0027343_8413371.jpg

雑誌を読みながらのんびりしていると、レセプションの女性が
「2時のランチのお約束まであと15分ですので、そろそろお支度を、、、」と
呼びにきてくださいました。

今回は、行き届いたサービスで、とても気持ちのよい時間を過ごすことが出来ました。
素足でぺたぺたプールの周りを歩いていたときも、
「こちらのスリッパをどうぞ」と持ってきてくれたり。
機会があったら、もっとゆっくり訪れたい、、、そう思わせてくれるスパでした。

後ろ髪を引かれながらスパを出て、
マナーハウスのホテル内にあるレストランに向かいます。
ここで、午前中たっぷり遊んでバギーで眠りこけているはずのtama、
それにずっと面倒を見ていてくれたpochi夫と落ち合います。

ところが!
やっぱりそうは問屋が卸さないようで、、、。
いつもならこの時間にはぐっすり眠り込んでいるtamaが、
なぜか今日に限って全然寝ない!
しかたなく、ファーストコースが登場したところでぐずりだしたtamaを
pochi夫が短時間のドライブに連れ出してくれました。

ということで、なぜか2皿分のファーストコースを平らげることになった私(笑)。

d0027343_16124660.jpg

私のファーストコースはタリオリーニ+トマトとバジルのソース(写真左上)。
pochi夫はハムとアーティチョークのサラダ。
もちろん2皿ともペロリと完食させていただきましたっ!

そして、メインが登場したところで、
なんとかtamaを寝かしつけたpochi夫がやっと戻ってきました~。
私はmonkfish(アンコウ・写真右上)、pochi夫はチキン(同左下)をオーダー。
どちらもと~~~~っても美味しかったです~♡
ガストロパブに良く出てきそうな味付けで、
奇をてらわず、素直にモダンブリティッシュ、という感じのお味でした。

デザートもオーダーし、最後はダブルエスプレッソで〆。
う、うっぷ。さすがにお腹いっぱい、、、。  (←当たり前だよ) 
ちょうど一口目のエスプレッソを口に流し込もうとしたときに
tamaが不機嫌な顔で目を覚ましました、、、。
あ~、つかの間の休息だった~~。

今回はベビーカーでtamaが寝ていたこともあって、
レストラン内ではなく、外のテーブルでお食事をすることにしたんですが、
ランチが始まったとたん、少し曇り気味だった空が一気に晴れて、
なんとも気持ちの良いアル・フレスコ・ランチと相成りました♪

ちなみにレストランは↓こんな感じ。
d0027343_16131788.jpg

お料理ではLe Manoirにはかなわないけれど、
気持ちの良いスタッフの方々に恵まれて、
存分にランチを堪能することができました。

しかし、お庭で有名なところなのに、カメラをチェックしてみたら
お花の写真が一枚もなかった、、、。(爆)

ということで、画面が一気に緑と茶色になりますが
Barnsley Houseで撮った写真を何枚かご紹介します。
d0027343_7473619.jpg

d0027343_7484562.jpg

d0027343_7491124.jpg

d0027343_7493672.jpg

ね、見事に茶色と緑のみ(笑)。
でも近いうちにまた訪れたい場所のひとつになりました。
そのときこそは、お花の写真を撮ってこようと思います~。

この1年は、大きなプロジェクトをひとつ成し遂げて
それなりに充実はしていたものの、基本的にはtama漬けの日々。
来年のお誕生日には、tamaもナーサリーに通っているはずだし、
いったいどんな毎日を送っているのか想像がつかないけれど、
残り少ないtamaとべったりの時間を、何十年か後に振り返ったときに
「幸せな毎日だったなぁ」と思い出せるような日々にしていきたいです。

と言うことで、tamaちゃん、ちょっとはママの言うことも聞いてね。
 (あ、tamaの写真も一枚も撮ってない!) 

[PR]

by ukpregnancy | 2007-09-06 17:28 | ショップ・レストラン情報