Lilypie 2nd Birthday Ticker
<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2007年 10月 30日
病院(NHS)の評判
ロンドンでの出産を控える方から、「産婦人科のある病院(NHS)の評判を教えて欲しい」というご質問を頂きました。
もしかしたら他の方の参考にもなるかもしれないと思い、こちらに記事として立ち上げることにしました。ご了承くださいませ。

また、これから書く情報は、私個人の意見であり、二次情報(友人・知り合い等から聞いた話)も含まれていますので、ご参考程度にどうぞ。

私が直接かかわったり、噂を聞くことのあるロンドン市内の病院は次の3つです。

St. Mary's
パディントン(区はWestminster)にあるNHSです。私はこちらで出産しました。体験記はこちらに書かれていますので、どうぞご参照ください。

こちらの病院では両親学級のようなものにも参加しましたが、なかなか良かったです。出産自体も、問題がなかったと言えばなかったのですが、これは助産婦さんの当たりはずれがあるので、なんともいえません。

しかし出産後の病棟(?)の施設や看護婦さんの対応は、お世辞にも良いとは言えませんでした。NHSなので、その辺はしょうがないのかもしれませんが、、、。ちなみに私は8人部屋だったのですが、他の7人は全員Non-whiteで、中東系、東南アジア系の方ばかりでした。他のお部屋もそうなのかなぁ、、と思って覗いてみると、白人(イギリス人らしき人)たちは、2人部屋や4人部屋に集められていました。かな~~~り驚きましたが、お隣に住むお友達(イギリス人)がちょうど私が産んだ数ヵ月後にSt. Mary'sで出産をしたのでこの話をしたところ、「それはたまたまその日がそうだっただけよ~。私のお部屋には中東系の人が何人かいたもの~」と言っていました。

いや、、、、、でもあれは絶対におかしいです。確率的にあんなにはっきり分かれているなんて、ありえません。でもお食事や言葉の問題でわざとそうしているのかもしれないなぁ、と良いように解釈することにしました。

ただSt. Mary'sはロンドンでも有数の病院ですので(ダイアナ妃もこちらで両王子を出産しました。もちろんプライベートの病棟ですが)、なにか緊急の事態に陥っても、それなりの処置はしていただけるであろうと安心はしていました。

あと最近のベビーブームのせいか、こちらの病院では、陣痛が始まってもかなり子宮口が開かないとベッドを準備してもらえないと聞きました。いつもベッドがいっぱいだそうで、なかなか空かないようです。車椅子に乗って廊下で陣痛を耐え忍び、出産直前に分娩室に運ばれる、、という感じだったそうです。これは、つい最近St. Mary'sで出産した方2人から聞いた話です。

そう言えば、私が妊娠中の時にも、4~5ヶ月目くらいには病院を決めて予約を入れなければ、ベッドは保証できません、、、と言われました。病院をお決めになるならば、なるべく早く申し込んだ方が良いと思います。

Queen Charlotte's Hospital

こちらの病院も評判を良く聞きます。私の周りでも何人かこちらで産んだ人がいましたが、皆さん口をそろえて「とてもよかった。お薦め!」と言っています。

こちらの病院は、ヨーロッパでももっとも古い産婦人科専門の病院(Maternity Hospital)のひとつで、その他の総合病院とは違い分娩室も広く、出産方法も色々なオプションがあると聞いています。

自分が産んだわけではないので詳しい話は分からないのですが、産んだ人がもれなく良かったと言っているので、万が一(いや、百万が一)2人目を産むことになったら、こちらの病院でもいいなぁ、、と思っています。Borough(区)はHammersmith&Fulhamになります。

Royal Free Hospital

こちらはHampsteadにあるNHSです。区はCamdenになります。私はこちらの病院も選べると言われていたので、興味があって少し情報収集をしたのと、ちょうどそのとき知り合いが2人こちらの病院のお世話になっていたので、お見舞いやお手伝いを含めて何度か通っていたため雰囲気は分かります。

病院はSt. Mary'sよりも新しい感じでした。特に産婦人科部分はちょうど私が妊娠していた時期(もしくはその直前)に全面改装されたそうで、他の病院と比べて随分きれいだと聞いていますが、実際には中を見たことはありません。


以上、お役に立ったかどうか分かりませんが、今思いついたことだけをつらつらと書いてみました。また何か思い出したら書き足したいと思います。

もしもこちらのブログに遊びに来ていただいている方で、出産体験談をブログ上にアップされている方がいらっしゃったら、ひとことコメントを残していただければ、この記事上でリンクさせていただければと思います。もちろん上の3つの病院以外でも構いません。よろしくお願いいたします。
[PR]

by ukpregnancy | 2007-10-30 08:54 | 病院情報
2007年 10月 15日
トイレトレ 【実践編】
ロンドン、すっかり秋模様ですね。
いつも行く公園も絨毯のように落ち葉が一面に敷き詰められ、
歩くたびにカシャカシャ音を立てています。
この季節が一年で一番好きです。
今は公園に行ってもプレイグラウンドに寄らず、公園の中をぐるぐる歩いておしまいの日もあります。
ブランコや滑り台よりも、落ち葉や木の根元に落ちているどんぐりが、
tamaにとって一番のおもちゃのようです。




★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★



ふ~、トイレトレ、時間が空いたので、もうどんな感じだったか忘れてしまいました(爆)。
しかし、瀕死状態の記憶力を頼って、なんとか書き上げたいです。



トイレトレ実践編。長いのでご興味のある方だけどうぞ。
[PR]

by ukpregnancy | 2007-10-15 06:43 | 子育て
2007年 10月 04日
ぱったんのトイレトレーニング 【準備編】
2作目が出来上がりました♪

パターンは伊藤まさこさんの本のチュニックをアレンジしました。色々変えすぎて、原型はとどめていません(笑)。肩幅を縮め、丈も2cmほど長くし、裾にはフリルをつけてみました。胸元のスリットも短めにして、くるみボタンとループをつけてとめられるようにしました。(写真はボタンをつける前です)
d0027343_724530.jpg
横から見たところ

この前は100cm用のパターンで少しきつくらいでしたが、今回は90cmのものを使ってぴったり!でした。(ちなみにこのドレス、夏ごろに買って大活躍したCaramelのドレスに当ててみると全く同じサイズ!! 色々アレンジ可能で使えるパターンになりました~)

生地はリバティのジャージ素材です。伸び止めの接着芯を張ったりと色々面倒ではありましたが、やっぱり伸縮素材は脱がせるのも着せるのも楽で、子供にはぴったりです。タナローンよりも生地も厚めなので、少し肌寒い今日のような日でも一枚で大丈夫そう。冬は下にタートルネックを着せて、と長く活躍してくれそうです。

★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★


話は変わりますが、昨日からトイレトレーニングを始めました! (英語ではPotty Trainingと言います)
正確に言うと始めたのは2日前の夜からなんですが、あまりに短時間だったので厳密に言うと昨日が初日。(細かっ!)
でも一応記録として、細かいところまで書いておこうと思います。

今回トイレトレをするにあたって読んだのは

1. こっこクラブのトイレトレ特集 
(日本滞在中に買っておいたもの)

2. ジーナ・フォードの"Potty Training in One Week" 
(困ったときのジーナ頼み。相変わらずですが)

ジーナの本は途中読みです。今日でDay2なんですが、Day2のところまでしか読んでません(爆)。この先どうなるのかな。明日の分は今晩読もうっと。

今回も、日本流とイギリス流の良いところを取り入れようと思い、両国の代表的な方法が書かれた本を選んだつもりです。でも実はきちんと読んでいないので、比較検討できるほど情報が頭に入ってません~。

ただ覚えている限りでは、こっこクラブでは「トイレトレは夏に行うのがベスト!」と書かれていましたが、ジーナの本では、「いつしても一緒」とゆるい感じでした。でも確かに暖かい時期に始めた方が楽だろうなぁと思ったので、寒くなりすぎる前に始めることにしました。お天気が悪くて外に出るのも億劫、でもそれほど寒くない今が始め時かな、、、と。

  
★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★


用意したものは次の3つ。

①  おまる
②  補助便座
③  パンツ


Baby Bjornのポッティ(おまる)はお友達から頂いていたので、もうひとつ、日本でよく売られているようなハンドル付きの「補助便座」がイギリスにもないか探したのですが、見つかりませんでした。

一瞬、「んんん、、、日本から送ってもらうおかな、、、」なんて血迷いましたが、「あんなハンドルがなくったって、イギリスの子供たち(もしくは日本以外の世界中の子供たち)はトイレトレをしているはず!」と思い、いつも行くスーパーで見かけた3ポンドのシートをとりあえず買ってみることにしました。

日本のものは便利なものが多いけれど、不必要なものも多いんですよね。
どこまで利便性を追求するか、、、あまり振り回されないようにしないとキリがありませんものね。(特に子供用品)

しかし、自分の人生で「おまる」と関わる日が来るとは思いもしませんでした。
子供ができると、今までの常識とか生活では考えられなかったことが起きますね。
って、大げさだけど。

あと準備期間で役に立ったのが、今年日本に一時帰国したときに手に入れた「こどもちゃれんじ」のDVD。

トイレ特集のDVDを何度も見ているので、「おしっこ」と「うんち」はトイレでするもの、ということは理解している様子でした。DVDに登場する歌にあわせてトイレに行っておまるに座ることにも抵抗はなく、キャッキャと喜んでしていました。(我が家ではとりあえずお風呂に入る前におむつを取って、数分座らせていました)

DVDには、「う~~ん、うん、うんっ、うんっ、うんっ!」と登場する子供やしまじろうが「力む」ところもあって、tamaもおまるに座ると「う~~~~~ん!」と力むところまでは完璧にマスター(笑)。

こどもちゃれんじは賛否両論あるようですが、我が家では本当に役に立っています。
トイレトレも仕上げ磨きも、このDVDのおかげであまり苦労せず、上手に生活習慣が身についているような気がします。

しかしこんなに慣れ親しんでいるのに、tamaは「しまじろう」とは発音できないようで、彼のことは「は~い」と呼んでいます。一文字もかぶってないんですよね、これが。どうもDVDの一番最初のところでしまじろうが「は~い!」と元気にお返事をするところから来ているようです。いつになったら「しまじろう」と呼ぶようになるのか、見ものです。

滑り出しは好調!!という感じではありますが、初めておまるに座って力む真似を始めてから、かれこれ数週間が経ち、「おいおい、このまま真似だけで終わっちゃうかも、、、」と思い始めたのが、最近のことです。この辺で本腰を入れて始めようかなぁと思い、さっそくtamaの初パンツを買いに行ったのが2日前のことでした。

本のチェックポイントを見る限り、tamaはトイレトレの準備は出来ているようなので、思い切って始めてみることに! 次の更新では【実践編】を書こうと思います。

ちなみに、、、「ぱったん」とはtamaのこと。いつの頃からか、自分のことをそう呼び始めたのです(笑)。こういう言い間違いは今だけのことかと思うと、とても可愛いです。私も夫も、いまやtamaのことは「ぱったん」と呼んでいます。
[PR]

by ukpregnancy | 2007-10-04 07:33 | 子育て