人気ブログランキング |
Lilypie 2nd Birthday Ticker
2005年 09月 23日
イギリスのおむつ事情 《紙おむつ vs 布オムツ》
下のブログに書いたように、急ピッチで赤ちゃん用品をそろえているところです。

とりあえず買ったものが、、、①抱っこ紐、②哺乳瓶の4本セット、それに③おむつです。

d0027343_8391530.jpgおむつは、子供に合う合わないがあるため、まとめ買いをしないように、と雑誌に書いてあったので、とりあえず近くのスーパー、Sainsbury'sで売っている"Nature Boy&Girl"の28枚入りを購入しました。3.78ポンド(700円程度)! 高いのか安いのか、よく分かりません。

下のブログにも書いたように、たまたま買った雑誌"Mother&Baby"で「新生児用のオムツガイド」という特集をしていたので、それを参考にしました。比較対照に上っていたオムツ・ブランドは以下の通り。10ポイント満点です。

Pampers New Baby (8ポイント) 
   日本でもおなじみパンパース。吸収力抜群らしい。ソフトでフィット感も◎。エコ系にうるさく、布オムツや紙おむつでも特別なものを使っているママも、夜だけパンパースを使っているようです。

Huggies Newborn (7.5ポイント)
   ハギースも日本で売っているかな? ここのは意見が分かれていました。好きな人は大好きで、だめな人は全然だめ。フィット感は良いようです。

Tesco Ultra Soft (7ポイント)
   大手スーパー・Tescoの自社ブランド。腰周りのゴムの伸びが悪く、上手くフィットしないらしい。吸収性はまあまあ。

Asda George Baby (6ポイント)
   こちらも大手スーパー・Asdaの自社ブランドもの。ここのは皆さん、気に入らなかったようで評判が悪いです。買わないようにしようっと。

Nature Boy & Girl (8.5ポイント)
   今回一番高得点を獲得した"Best Buy"賞のおすすめオムツ。

Boots Newborn (7.5ポイント)
   ギンザに出店するも撤退したイギリス大手ドラッグ・ストアのチェーン、Bootsの自社もの。体にもよくフィットし、吸収性もとてもよいらしい。"Best Value"賞に輝いています。でも、なぜか7.5ポイント。

イギリスではどうも、大手スーパーや薬局が出している自社ブランドのオムツが一般的なようです。日本もそうなんでしょうか? パンパースとムーニーくらいしか見たことが無いんですが。

今回の調査で《Nature Boy/Girl》が高得点だったのは、どうも『環境に優しい』というのが理由のようです。使用したママの意見が紹介されているのですが、「吸収力・フィット感はイマイチだけど、環境に優しいからこれを使う」という意見がありました。知り合いのママ仲間にも、「環境に優しい"Moltex"というブランドのオムツを使ってね!」ときつく言われました(←このアドバイス、無視している私です、、、)。でも、Nature Boy/Girlもエコロジカルなので、彼女も許してくれると思うんですが、イギリス人はやっぱりこういうところでも環境問題には敏感なようで。ゴミは分別しないのに。

あと、LondonNKさんの布オムツに関するコメントを読んで、少し付け足し。イギリスには、布オムツを毎週回収して洗浄し、再びお家に届けてくれるという、とっても便利なサービスが普及しています。おまけに自治体が布オムツを推奨しているので、カウンシル(区)によっては、補助金(35ポンド~50ポンド)がもらえる場合もあります(ロンドンだと、Westminster, Camden, Hackney, Islington, Richmondなどが補助金を出しています)。

サービスを提供している会社で、私が知っているのは以下の3社。

● Cotton Bottoms (www.cottonbottoms.co.uk)

● Number One for Nappies (www.numberonefornappies.co.uk)

● Nappy Ever After (www.nappyeverafter.co.uk)

最初に約80ポンドくらい初期費用がかかり(その内補助金で50ポンド戻ってくる)、その後は週約8ポンド(1600円くらい)です。費用としては結局紙おむつと変わらないくらいになりますね~、きっと。

by ukpregnancy | 2005-09-23 08:41 | Baby用品


<< 34週の検診       イギリスのママ雑誌 >>